更新日: 2023.01.19 ローン

やっぱり持ち家が欲しい! 世帯年収700万円の夫婦が家を買う場合のローン計画をシミュレーション

やっぱり持ち家が欲しい! 世帯年収700万円の夫婦が家を買う場合のローン計画をシミュレーション
賃貸と持ち家をどっちにするべきか悩んで、持ち家がほしい、と思う方もいるでしょう。
 
世帯年収700万円の稼ぎがあれば、住宅ローンの借り入れはできると分かっても、毎月の支払いシミュレーションが想像できず迷っている方もいるかもしれません。
 
この記事では、世帯年収700万円の夫婦が家を買う場合のシミュレーションを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.289 %

※au金利優遇割適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

持ち家のメリット・デメリット

まずはマイホームを購入する際のメリット・デメリットをおさらいしておきましょう。
 
マイホームを購入するメリットは、住居費の負担が少ない点です。
 
固定資産税などの税金の支払いは必要あるものの、住宅ローンの返済が終われば、家賃は必要ありません。老後生活が長くなるほど、経済的なメリットは大きいといえるでしょう。
 
また、持ち家であればリフォームを自由にできます。家主の許可が必要ないため、廊下の幅の拡張や浴槽や引き戸の交換などを許可なく行えます。ライフスタイルの変化に応じて、住環境を整えられるのは大きなメリットです。
 
とはいえ、持ち家だと震災などで被害に遭ったときの修理費や、外壁の塗り直し、経年劣化などで生じる定期的なメンテナンス費用がかかるなど、賃貸にはないデメリットがあります。場合によっては保険金でまかなえない可能性もあるため、注意しましょう。
 

世帯年収700万円の夫婦が家を買う場合のシミュレーション

世帯年収700万円の夫婦が家を買う場合のシミュレーションを行います。
 
まず、世帯年収700万円の夫婦が購入する家は、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査 令和元年」によると、3000万~4000万円の価格帯であることが分かります。
 
借入金額が3500万円、金利は0.4%の条件で毎月いくらずつ住宅ローンを返済するのか確認しましょう。
 
【図表1】
 

借入期間 月々の返済額 総返済額
20年 15万1768円 3643万円
25年 12万2616円 3679万円
30年 10万3188円 3715万円

 
夫婦ともに年収350万円の場合、手取り年収は280万円×2で560万円です。毎月約46万円です。
 
上記のシミュレーションであれば月々の返済額が月収の3分の1~4分の1であるため、無理のない返済計画だといえるでしょう。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

PayPayの住宅ローンバナー

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.349 %

※全期間引下型

当初10年固定

1.190 %

※当初期間引下型

変動金利

0.349 %

※全期間引下型

当初10年固定

1.190 %

※当初期間引下型

 

まとめ

世帯年収700万円の夫婦がマイホームを購入する際のシミュレーションを行いました。
 
返済計画を立てなければ、せっかく購入した家を手放してしまう可能性もあります。住宅ローンの各種シミュレーションを行い、無理ない範囲の支払いであるか確認しておきましょう。
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

住宅ローン 金利別ランキング ~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

住宅ローン 金利別ランキング

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.289 %

※au金利優遇割適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

 

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

 

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

 

※審査の結果、保証会社をご利用いただく場合がございますが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しません。

 

【PR】おすすめの住宅ローン

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行の住宅ローンバナー

おすすめポイント

・3つのプランから選べる魅力的な金利
・事前審査からご契約まで来店不要
・一部繰上返済手数料も無料!

変動

%

※住宅ローン

当初10年固定

%

※住宅ローン

変動

%

※住宅ローン

当初10年固定

%

※住宅ローン

 

auじぶん銀行
PayPay銀行バナー
アメックスグリーンカード

住宅ローンランキング表はこちら