更新日: 2023.12.12 住宅ローン

冬のボーナスで住宅ローンを100万円ほど繰り上げ返済しようと考えています。注意点はありますか?

冬のボーナスで住宅ローンを100万円ほど繰り上げ返済しようと考えています。注意点はありますか?
住宅ローンを組んでいて、「冬のボーナスで繰り上げ返済をしたい」と考える人もいるでしょう。繰り上げ返済をすることでさまざまなメリットがあるため、冬のボーナスが入ってお金に余裕がある場合は、返済にあててもよいでしょう。
 
本記事では、冬のボーナスで住宅ローンの繰り上げ返済をする際の方法と注意点について解説します。繰り上げ返済を考えている人は、参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

住宅ローンの繰り上げ返済

住宅ローンで繰り上げ返済すると、予定よりも前倒しで元金を返済することで、返済総額を減らせたり返済期間を短くしたりできます。住宅ローンの負担が減るため、家計の負担をおさえられるでしょう。本項では、繰り上げ返済の2つの方法の特徴と、繰り上げ返済を利用するメリットについて解説します。
 

住宅ローンの繰り上げ返済の方法

住宅ローンの繰り上げ返済には、2つの方法があります。

●期間短縮型:月々の返済額は今までどおりで、借入期間を短縮する
●返済額軽減型:借入期間は今までどおりで、月々の返済額を少なくする

それぞれの家庭の経済状況によって、適切な繰り上げ返済方法を選べます。
 

住宅ローン繰り上げ返済のメリット

期間短縮型によって繰り上げ返済をすれば、返済期間が短くなり、早めに老後資金を蓄え始められるといったメリットがあります。一方、返済額軽減型を利用して月の返済額を減らせば、毎月の収入に不安がある人の負担を減らすことができます。
 
また、繰り上げ返済をすることで、利息(総返済額)と、月の返済額・返済期間のいずれかを減らせます。利息が減ることで、返済総額をおさえられる点がメリットです。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

住宅ローンを繰り上げ返済するときの注意点

住宅ローンの繰り上げ返済にはメリットがあるものの、無理をすると日々の生活に影響を与えてしまったり、受けられるはずの控除が少なくなったりするかもしれません。また、返済方法によっては新たな負担が増してしまう恐れもあるため、冬のボーナスを利用して繰り上げ返済をする際は、事前に注意点を確認しておきましょう。
 

住宅ローン控除が少なくなる

住宅ローン控除は、償還期間10年以上が対象です。繰り上げ返済をして償還期間が10年未満になってしまうと、住宅ローン控除が受けられなくなる恐れがあります。また、繰り上げ返済によって住宅ローン残高が減ってしまうと、住宅ローン控除額も少なくなるかもしれません。
 
冬のボーナスを利用して繰り上げ返済をする場合は、返済開始から10年経過してからにしましょう。
 

もしもに備えてお金を残しておく

冬のボーナスをすべて住宅ローンの返済にあてず、もしもに備えてお金を残しておくとよいでしょう。住宅ローンの利息は、他のローンに比べて金利が低い傾向にあります。早く住宅ローンを返済したいからと無理をしたため手元にお金がなくなり、住宅ローンよりも高い金利のローンを組むことは避けなくてはなりません。
 
子どもの教育費、突然の病気やけが、車の購入などの新たにローンを組まなくてもよいように、余裕をもって住宅ローンの返済をしましょう。
 

窓口での手続きは手数料がかかる

住宅ローンの繰り上げ返済には、手数料がかかる場合があります。インターネットでの手続きは無料のことが多いものの、窓口では数千円から数万円の手数料がかかることもあります。「インターネットではなく窓口で手続きしたい」という場合は、手数料を払ってでも繰り上げ返済をしたほうがお得か、シミュレーションしてみましょう。
 

住宅ローンの繰り上げ返済は慎重に検討しよう

住宅ローンの繰り上げ返済には多くのメリットがあります。返済総額や返済期間を減らせるため、老後資金を早めに準備できたり月々の生活に余裕が生まれたりするでしょう。
 
しかしデメリットもあるため、注意が必要です。もしものときのために、自由に使えるお金を手元に残しておかなくてはなりません。冬のボーナスで100万円を繰り上げ返済に利用しても問題はないか、慎重に検討してから繰り上げ返済にあてましょう。
 

出典

国税庁 No.1225 住宅借入金等特別控除の対象となる住宅ローン等
国税庁 繰上返済等をした場合の償還期間
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

住宅ローン 金利別ランキング【PR】

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

ライターさん募集
住宅ローンランキング表はこちら