更新日: 2023.12.14 住宅ローン

子ども3人で「4000万円」の家を欲しがる妻。叶えてあげたいけど「年収600万円」では赤字になる? 児童手当なども含め必要額を検証

子ども3人で「4000万円」の家を欲しがる妻。叶えてあげたいけど「年収600万円」では赤字になる? 児童手当なども含め必要額を検証
「マイホーム」に大きな夢を抱いている人は多いことでしょう。多子世帯であれば、なおさら「広い家で子どもを伸び伸びと育てたい」と思うかもしれません。ただ、周知のように子どもには大きなお金がかかります。
 
本記事では、子どもが3人いる年収600万円世帯が4000万円の住宅ローンを返済していけるのか計算してみたいと思います。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

年収600万円の手取り額

まずは、年収600万円の手取り収入を見ていきましょう。手取り額はだいだい年収の75~85%ほどになるので、年収600万円の場合には450万円から510万円となります。
 
本記事では、子どもが3人いるので所得控除なども多いと考えられるので、手取り額は510万円として計算を進めていきましょう。月々にすると約43万円です。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

子ども3人世帯の支出額

次に、4000万円の住宅ローンをはじめとして、生活費や教育費などがいくらかかるのか計算していきましょう。
 

住宅ローンの返済額

住宅ローンはフラット35を利用するものとし、借入額は4000万円、金利は年1.910%(2023年12月時点)、返済期間は35年、ボーナス払いはなしとします。住宅金融支援機構が提供しているローンシミュレーションによると、毎月の返済額は約13万円という結果になりました。
 

生活費にかかるお金

総務省統計局の家計調査によると、2人以上の世帯における消費支出の平均額は約29万円(2022年)となっています。このうち約2万円は住居費なので、次項で住宅ローンをプラスする関係でここでは差し引きましょう。よって生活費は約27万円です。
 

子ども3人の教育費

本記事では「教育費=大学への進学費用」とします。株式会社日本政策金融公庫の調査によると、大学でかかる平均費用は以下のとおりです。
 

●入学費用:81万円
●在学費用:596万円(4年間分)
●自宅外通学者への仕送り:380万円(4年間分)

自宅から通える場合には677万円、1人暮らしをする場合には1057万円となります。これを18歳までに準備するとなると、自宅通学の場合で月3万円、1人暮らしの場合で月5万円積み立てなければなりません。本記事では、子ども3人とも自宅通学になると仮定して月9万円を積み立てるとしましょう。
 

「4000万円のマイホーム」年収600万円でやっていけるのか

それでは収支を計算してみましょう。
 

【収入】

43万円
 

【支出】

・住宅ローン13万円
・生活費27万円
・教育費9万円

合計49万円
 

【収支】

43万円-49万円=-6万円(赤字)
 
毎月6万円の赤字が出る計算になりました。本記事では年収を12ヶ月で除しているので、月の収入はボーナスまで含めた金額となっています。つまり、ボーナスで赤字を補填することはできないということですね。子どもの教育費9万円を除くとギリギリやっていける収支になります。
 
ただ、年収600万円であれば児童手当が支給されているでしょう。3歳まで月1万5000円、3歳から中学卒業までは月1万円(第3子以降は3歳から小学校修了前まで1万5000円)です。ただ、それでも月2~3万円の赤字となりますね。なお、2024年12月支給分からは児童手当が拡充され、高校卒業まで月1万円(第3子以降は0歳から18歳まで月3万円)が受け取れます。
 

まとめ

本記事の計算においては、子どもの教育資金を準備しつつ4000万円のマイホームを年収600万円で維持するのは、児童手当を考慮しても厳しい結果となりました。マイホームを購入する前に、「配偶者が働いて世帯収入を増やす」「中古住宅にする」「2025年度からスタート予定の多子世帯の大学無償化について調べておく」「ある程度の奨学金利用を覚悟する」などの検討をおすすめします。
 

出典

総務省統計局 家計調査報告(二人以上の世帯)-2022年(令和4年)12月分、10~12月期平均及び2022年平均-

株式会社日本政策金融公庫 教育費負担の実態調査結果

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

住宅ローン 金利別ランキング【PR】

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

ライターさん募集
住宅ローンランキング表はこちら