更新日: 2024.03.01 住宅ローン

【定年後のローン返済】もうすぐ定年ですが、家の「建て替え」をしたいと思っています。「ローン」を組むのは難しいでしょうか?

【定年後のローン返済】もうすぐ定年ですが、家の「建て替え」をしたいと思っています。「ローン」を組むのは難しいでしょうか?
家の購入や建て替えをする場合に、ほとんどの方は住宅ローンを検討するでしょう。60歳以降に自宅のリフォームが必要になった場合は、ローンを借りられるのかと、不安になる方もいらっしゃるかもしれません。
 
定年退職を迎える60代で大きな出費が発生することは、老後の生活資金に不安が残ります。そこで今回は、シニア世代が住宅の建て替えやリフォームをする場合に、ローンが組めるのかについて解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

60歳以上でもローンは組めるの?

60歳以上になって、住宅の建て替えやリフォームを検討されている方もいらっしゃるでしょう。
 
住宅金融支援機構と提携している金融機関が取り扱う「リ・バース60」は、60歳以上の方でも利用できる住宅ローンです。住宅の建築や購入、リフォーム資金などに使えます。なお、生活資金や投資用物件の取得資金には利用できないため、注意が必要です。
 
住宅金融支援機構が提示する「リ・バース60」の利用条件は、以下の通りです。

●借入申込日現在で満60歳以上(満50歳以上60歳未満も利用できますが、融資限度額が異なる)
●年間返済額および年間支払額の合計額の割合が、以下の基準を満たしている(全ての借り入れを含む)
 年収400万円未満:30%以下
 年収400万円以上:35%以下
●借り入れの申し込みにあたり、取扱金融機関のカウンセリングを受けた

上記の条件を満たせば、60歳以上でもローンを組むことができます。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
・手続きもシンプルで来店不要
・書類提出も契約手続もネットで完了

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.155 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

ローンの返済方法

60歳以上でローンを組む際に不安なことは、毎月の返済額です。
 
「リ・バース60」では、毎月の支払いは利息分だけになるため、通常の住宅ローンと比べて毎月の返済額が少なくて済みます。元金は、契約者が亡くなったときに、相続人が一括で支払う仕組みです。建物を売却することで、残った債務を返済する必要がなくなるというプランもあります。
 
状況に応じて、適切な返済方法は異なります。事前にご家族と、返済方法について話し合っておくと安心です。
 

ローン返済のパターン例

60歳以上でも住宅ローンを借りられることが分かりましたが、実際には毎月どれほどの額を返済するのかが、イメージが湧かないという方もいらっしゃるでしょう。今回は自宅のリフォームを例に、返済額を見てみましょう。
 
リフォーム工事費が500万円、担保評価額(住宅・土地)が1000万円、変動金利が年3.0%で、担保評価額の50%を融資上限とした場合を想定すると、融資額は500万円となり、毎月のローン返済は1万2500円です。一般的な住宅ローンを利用すると、融資額500万円で返済期間が20年、変動金利年1.0%、元利均等返済という条件の場合、月の返済額はおよそ2万3000円になるようです。
 
一般的なローンよりも、経済的負担を軽減できるといえるでしょう。もちろん、リフォーム代が上記の例よりも高くなれば、返済額は多くなりますので注意が必要です。
 

60歳以上でも住宅ローンは借りやすい

60歳以上でも、住宅ローンを借りて、自宅の建て替えやリフォームは可能であることが分かりました。毎月の返済額は、一般の住宅ローンと比較して安く抑えられるといわれていますが、借りる金額によっては、負担が大きくなる可能性もあります。
 
自分たちが毎月いくら返済できるのかを、事前に金融機関へ相談してもよいかもしれません。
 

出典

住宅金融支援機構
 リ・バース60

 ご利用条件
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

住宅ローン 金利別ランキング【PR】

※弊社の提携会社のランキング

【auじぶん銀行の注意事項】

※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。

ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。

金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行

おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動

0.169 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ

当初10年固定

%

※当初期間引下げプラン

当初20年固定

%

※当初期間引下げプラン

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年5月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

 

ライターさん募集
住宅ローンランキング表はこちら