更新日: 2022.03.28 老後

シルバー人材センターで仕事をした場合、月にいくら稼げる? 年収は?

シルバー人材センターで仕事をした場合、月にいくら稼げる? 年収は?
定年後は年金だけで生活していくのが苦しい、生活に余裕を持たせたいなど、老後資金に関する悩みはつきないものです。ただ働きたい気持ちはあっても、通常の仕事探しでは年齢を理由に断られてしまうかもしれません。効率良く仕事を見つけるには、シルバー人材センターを利用するというのも一つの方法です。
 
この記事ではシルバー人材センターの仕組みや月収、年収について解説していきます。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

シルバー人材センターの仕組み

シルバー人材センターは、原則60歳以上で健康、働く意欲がある人が登録できます。入会するには、まず近くのシルバー人材センターへ行って手続きをするのですが、その際は年間600~3000円程度の会費を納めなければいけません。
 
そして会員になると、センターを介して一般家庭や企業、官公庁から発注された業務が紹介され、働いた内容によって賃金が支払われる仕組みになっています。
 
請け負う仕事の内容は講師や翻訳、通訳、事務、店番、建物管理、育児支援、学童通学見守り、植木の剪定、花の手入れ、家具修理、内装工事、屋内外清掃など多岐にわたります。センターごとに内容は異なりますが、基本的には「シルバー世代の能力を活用できるもの」に限定された仕事に就くことになります。
 

シルバー人材センターではどれぐらい稼げるのか

せっかく働くなら、現役の頃のようにバリバリと働いてしっかり稼ぎたいと思うかもしれません。ただシルバー人材センター事業は、「臨時的かつ短期的又はその他の軽易な業務」を就業希望の高年齢者に提供すると定義づけられており、1人の会員が就業できるのは月10日または週20時間未満と決まっています。
 
仕事内容によっては、長時間または長期間に及ぶものもありますが、その際は複数の会員がローテーションする形で、公平な就業機会が提供されます。この「月10日または週20時間未満」というルールは厚生労働省が設けているのですが、これは高齢者が現役並みに働くことで、現役世代の仕事を奪ってしまうリスクを避けるためです。
 
同じセンターに所属する会員の中でも、制限ギリギリまで働く人もいれば、週1ぐらいのペースで働く事を希望する人もいるので、一概にどれぐらい稼げるかという明確な金額は断言できません。ただ全国平均で換算すると、月8~10日就業すると3~5万円の収入が得られます。
 
つまり毎月5万円の稼ぎがあると、年収が60万円程度になるという訳です。ちなみにシルバー人材センターを介して収入を得た場合も年金を得ることは可能ですが、雑所得として確定申告する必要があります。
 
年収60万円という額が多いのか少ないかは、人によって受け取り方が違います。それなりに貯蓄があり、趣味程度に働きたいと思っていた人なら、良いお小遣い稼ぎになりますが、金銭的にあまり余裕がない人は、もう少し稼ぎたいと思うかもしれません。
 
ただ年金のみしか収入がない状況であれば、月に1万でも2万でも確実に家計の足しになります。仮に他のルートで仕事を探した場合、長い拘束時間で健康を害したり、受け取る給与の額によっては年金が支給停止となるケースもあり、何のために働き始めたのかわからないといった状況に陥る可能性も出てきます。
 
その点シルバー人材センターはゆとりを持った働き方ができるので、無理をする必要はありません。また仕事内容によっては、自分の経験を生かしつつ、値域や社会に貢献することも可能です。当初はお金稼ぎが目的であっても、「話せる友達ができた」や「体力がついてきた」、「生きがいになっている」など、収入以外のメリットを感じている人も多いです。
 

シルバー人材センターを活用してみよう

仕事に追われる日々を送ってきた人は、老後ぐらいゆっくり過ごしたいと思うかもしれません。ただある程度休むと暇を持て余し、何かしたいと感じる人も出てきます。仕事探しにはシルバー人材センターが便利で、登録しておけば自分がやりたい仕事を見つけられる可能性もあります。収入が得られるはもちろん、仕事を通じて生きる喜びも見つけられるかもしれません。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行