更新日: 2022.02.09 年金

加給年金が加算される人が繰下げ受給をするとどうなる?

執筆者 : 井内義典

加給年金が加算される人が繰下げ受給をするとどうなる?
老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)の繰下げ受給をして長生きした場合には、65歳開始(繰り下げなし)と比べ、生涯の受給累計額が多くなるとされています。
 
しかし、老齢厚生年金に加給年金が加算される場合に繰り下げると、繰り下げと65歳開始の受給累計額の逆転時期が変わります。例を挙げて解説します。
 
井内義典

執筆者:井内義典(いのうち よしのり)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者、特定社会保険労務士、1級DCプランナー

1982年生まれ。株式会社よこはまライフプランニング代表取締役。

資格学校勤務時代には教材編集等の制作業務や学習相談業務に従事し、個人開業の社会保険労務士・FPとしては公的年金に関する研修講師を務め、また、公的年金の相談業務も経験してきている。

これらの経験を活かして、専門誌で年金に関する執筆を行っている。2018年に、年金やライフプランに関する相談・提案、教育研修、制作、調査研究の各事業を行うための株式会社よこはまライフプランニングを設立、横浜を中心に首都圏で活動中。日本年金学会会員、日本FP学会準会員。

繰下げ受給と受給累計額の逆転時期

65歳からの老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)について繰下げ受給をすると、1ヶ月0.7%増額させることができます。現行制度上、70歳まで42%(0.7%×60ヶ月)増額でき、また、2022年4月の改正によって75歳まで繰り下げできるようになると、最大84%(0.7%×120ヶ月)の増額が可能となります(【図表1】)。
 
老齢基礎年金も老齢厚生年金も終身で受給できます。繰下げ受給をすると、受給の開始が遅くなる一方、増額がされるため、受給累計額で見ると、いずれ65歳開始の額に追いついて逆転する時が来ます。
 
【図表1】のとおり、例えば、70歳繰り下げの累計額が65歳開始の累計額に追いつき、逆転するのは81歳11ヶ月です。これより長く生きると、繰下げ受給のほうが多いことになります。繰り下げを開始する時期によって逆転時期も異なりますが、長く年金を受給すればするほど、言い換えると長生きをすればするほど、65歳開始の累計額との差がつくことになるでしょう。
 

  

65歳から加給年金が加算される場合の繰り下げ

厚生年金被保険者期間が20年以上あって老齢厚生年金を受給する人に、65歳未満の配偶者、18歳到達の年度末まで(一定の障害がある場合は20歳未満)の子がいる場合、加給年金が加算されることがあります。
 
配偶者加給年金は39万500円(特別加算額込み)、子の加給年金は子1人あたり22万4700円(3人目以降の子については1人あたり7万4900円)加算されます(いずれも2021年度の額)。
 
しかし、加給年金は、本来老齢厚生年金の受給が始まる65歳から加算されるところ、老齢厚生年金を繰下げ受給すると、繰下げ受給開始時期から加算されることになります。繰り下げにより加算の開始は遅くなる一方、配偶者が65歳、子が18歳年度末(障害がある場合は20歳)になるまでの加算であるのは変わりません。しかも、繰下げ受給によって加給年金に対しては増額がありません(【図表2】)。
 

 
そして、加給年金がある場合に繰り下げると、累計額の逆転時期が【図表1】の時期よりも遅くなります。
 

加給年金が加算される場合の逆転年齢

例えば、65歳開始の受給額について老齢厚生年金が年間約150万円、老齢基礎年金が年間約78万円となり、配偶者加給年金は年間約39万円が6年(72ヶ月)加算される場合、70歳0ヶ月で繰り下げると逆転年齢は何歳になるでしょう。
 
70歳受給開始での1年あたりの年金額については、老齢厚生年金は約213万円(150万円+150万円×42%)、老齢基礎年金は約111万円(78万円+78万円×42%)となり、配偶者加給年金は約39万円のままです。
 
65歳開始であれば、加給年金は本人の65歳から配偶者の65歳まで6年間加算されるところ、5年間繰り下げて70歳開始で受給すると、65歳から70歳までの5年分(約195万円)の加給年金が加算されず、加算は本人の70歳(繰り下げ開始)から71歳(配偶者が65歳)までの1年間のみとなります。
 
そして、肝心の、この場合の累計額の逆転時期ですが、84歳0ヶ月です。【図表1】の81歳11ヶ月より2年1ヶ月も遅くなる結果となります。
 

老齢厚生年金の額によって影響

もし、老齢厚生年金が150万円ではなく、もっと少なく、例えば100万円だった場合はどうでしょうか。この場合、70歳繰下げ受給の老齢厚生年金は142万円(100万円+100万円×42%)ですが、累計額の逆転時期は84歳7ヶ月となります。65歳開始の老齢厚生年金の額が少なくなると、当然繰り下げ増額分も少なくなり、その結果、逆転時期はいっそう遅くなります。
 
老齢厚生年金については、「加給年金がどれくらい加算されるか」「老齢厚生年金の受給額はいくらか」「繰り下げによって加給年金が加算されなくてもよいか」などを考えながら繰下げ受給の検討をする必要があるでしょう。
 
執筆者:井内義典
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者、特定社会保険労務士、1級DCプランナー

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード