更新日: 2022.09.22 年金

「男性の平均寿命」からみる、年金をお得に受け取れる年齢って?

「男性の平均寿命」からみる、年金をお得に受け取れる年齢って?
受け取れる年金の総額はさまざまな要因によって変化します。そのなかでも特に影響が大きいのは寿命の長さです。また、できるだけ得をしたいなら、受給を開始する時期も十分に検討しなければなりません。
 
必ずしも65歳からスタートする必要はないので注意しましょう。この記事では、男性の平均寿命をベースにして、年金をお得に受け取れる年齢について説明します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年金受給は繰り上げや繰り下げが可能

年金の受給が始まる年齢について、正しく把握しておく必要があります。65歳と認識されがちですが、それはあくまでも原則にすぎません。実際には、繰上げ受給と繰下げ受給の制度があるので、60~75歳の間で調整が可能となっています。
 
そう聞くと、60歳で早めに受け取ったほうが有利と思う人も多いでしょう。しかし、これらの制度には減額率と増額率が定められており、その影響で1ヶ月あたりの年金額が変化します。
 
具体的には、繰上げ受給の場合は0.4%もしくは0.5%ダウンし、繰下げ受給の場合は0.7%アップするのです。つまり、月額だけを見た場合、遅く受給をスタートするほど有利になります。
 

寿命を考慮して検討することが大事

年金の月額が増えるからといって、安易に繰下げ受給を選ぶのも良くありません。早く亡くなってしまった場合、受け取れる年金総額が少なくなってしまうからです。とはいえ、自分がどれだけ生きるのか正しく判断するのは難しいでしょう。
 
そこで役に立つのが、厚生労働省が提供している簡易生命表です。その令和3年版によると、男性の平均寿命は81.47歳となっています。もちろん、この数値は統計上のデータにすぎず、90歳を超えている人や70歳未満で亡くなる人もいるでしょう。
 
そのため、あくまでも参考に留める必要はありますが、81歳まで生きることを想定して計算してみると、自分が受け取れる総額を推定しやすくなります。
 

何歳で受給をスタートするべきか

令和4年度に年金を受給すると、満額の場合は年間約77万7800円になります。その基準のまま、寿命が81歳と仮定して考えてみましょう。まず、65歳から81歳まで16年間受け取った場合、総額はこの年額に16を乗じた約1244万4800円です。
 
一方、70歳まで受給を繰下げると42%の増額が発生します。1ヶ月あたりの増額率は0.7%にすぎませんが、65歳からの5年分、すなわち60ヶ月分だと、60倍してその比率になるのです。
 
増額なしの77万7800円を70歳から81歳まで11年間で受け取った場合、総額は約855万5800円しかありません。しかし、この増額率を計算に加えると、総額は約1214万900円になります。同様に75歳まで繰り下げると増額率は84%になりますが、81歳まで6年間しか受け取れないので総額は約858万6900円という結果です。
 
1ヶ月あたりの減額率が0.4%の場合、60歳まで繰り上げた人の減額率は、65歳までの5年分にあたる24%です。減額なしで81歳まで21年間受け取ると、総額は約1633万3800円になりますが、実際には約1241万3700円にダウンします。
 
以上の検証によると、81歳で亡くなる場合は、原則通り65歳に受給をスタートするのが得策です。なお、82歳まで生きる設定で同じように計算した場合、70歳で受給を始めるケースのほうが総額は高くなります。よって、平均寿命が81.47歳であることを踏まえるなら、65~70歳の間が最も得をしやすい開始のタイミングといえます。
 

自分ならではの最適なタイミングも検証してみよう!

年金に関して得をしたい場合、自分の寿命と受給開始の時期がポイントになります。前者に関しては平均値を参考にできますし、後者については繰り上げと繰り下げが可能です。
 
特に重要なのは年金の減額率と増額率であり、それらを考慮して計算すると、男性の場合は65~70歳の間に始めるのが無難だと分かります。現時点の健康状態などから、今後の寿命について考え、より具体的なシミュレーションをしてみると良いでしょう。
 

出典

日本年金機構 年金の繰上げ受給
日本年金機構 年金の繰下げ受給
日本年金機構 令和4年4月分からの年金額等について
厚生労働省 1 主な年齢の平均余命
厚生労働省 令和3年簡易生命表の概況
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード