更新日: 2022.11.29 その他年金

年金に上乗せされる「年金生活者支援給付金」をもらえるのはどんな人?

執筆者 : 勝川みゆき

年金に上乗せされる「年金生活者支援給付金」をもらえるのはどんな人?
「年金生活者支援給付金」という制度を聞いたことがありますか? 収入が少ない年金生活者を支援するための制度で、要件を満たす可能性のある人は覚えておくとよい制度ですので、自身の年金受給額と照らし合わせながら参考にしてみてください。

【PR】SBIスマイルのリースバック

おすすめポイント

・自宅の売却後もそのまま住み続けられます
・まとまった資金を短期間で手に入れられます
・家の維持にかかるコスト・リスクが無くなります
・借り入れせずに資金を調達できます

勝川みゆき

執筆者:勝川みゆき(かつかわ みゆき)

ファイナンシャルプランナー2級・AFP

「年金生活者支援給付金」とは?

「年金生活者支援給付金」とは、公的年金等の収入金額やその他の所得が一定基準以下の年金生活者の生活を支援するための制度です。要件を満たす場合には、生活の助けとなる制度です。「年金生活者支援給付金」には、次の3つがあります。
 

「老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金」

「老齢年金生活者支援給付金」は、65歳以上の老齢基礎年金を受給している人が対象となる制度です。同一世帯の全員の市町村民税が非課税であり、前年の公的年金等の収入金額(非課税収入は含まない)とその他の所得との合計額が88万1200円以下である人に支給されます。
 
前年の収入金額とその他の所得金額の合計額が、78万1200円~88万1200円の場合には、「補足的老齢年金生活者支援給付金」が支給されます。
 
「補足的老齢年金生活者支援給付金」とは、「老齢年金生活者支援給付金」の所得基準額(78万1200円)を少しだけ超えてしまったために給付を受けられない人の所得総額が、「老齢年金生活者支援給付金」を受給した人の支給額を含めた所得総額よりも少なくなるという逆転現象を防ぐための制度です。
 

「障害年金生活者支援給付金」

障害基礎年金を受給している人が対象となる制度です。障害年金等の非課税収入を除いた前年の所得が、472万1000円以下の人に支給されます。この基準となる所得額は、扶養親族等の数に応じて増額されます。
 

「遺族年金生活者支援給付金」

遺族基礎年金を受給している人が対象となる制度です。遺族年金等の非課税収入を除いた前年の所得が、472万1000円以下の人に支給されます。この、基準となる所得額は、扶養親族等の数に応じて増額されます。
 

【PR】SBIスマイルのリースバック

おすすめポイント

・自宅の売却後もそのまま住み続けられます
・売却金のお使いみちに制限がないので自由に使えます
・家の維持にかかるコスト・リスクが無くなります
・ご年齢や収入に制限がないので、どなたでもお申し込みいただけます

いくら上乗せされるの?

受給している年金の種類により、支給金額の計算方法は異なります。どれも、ご自身の年金に上乗せされ、毎月受け取ることができます。
 

「老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金」の支給額

月額5020円(2022年度)を基準に、保険料納付済期間等に応じて支給されます。5020円×(保険料納付済期間/被保険者月数480ヶ月)で計算され、年金保険料の未納期間がある人は、支給額が減額されることになります。
 
また、年金保険料の免除期間がある人は、これに加え保険料の免除期間に基づく金額が支給されます。
 
保険料免除期間に基づく額(月額) は、1万802円(保険料全額免除、3/4免除、半額免除期間について。保険料1/4免除期間については5401円) × (保険料免除期間 / 被保険者月数480月)で計算されます。(保険料納付済期間に基づく額、保険料免除期間に基づく額ともに、昭和16年4月1日以前に生まれた人は、被保険者月数が生年月日により異なります)
 
「補足的老齢年金生活者支援給付金」が支給される人は、上記の5020円×(保険料納付済期間/被保険者月数480ヶ月)保険料納付済期間に基づき計算された支給額に、一定割合(調整支給率)を乗じた額が支給されます。「補足的老齢年金生活者支援給付金」の給付額は、所得の増加に応じて減る仕組みです。
 

「障害年金生活者支援給付金」の支給額

障害等級が2級の人は月額5020円、障害等級が1級の人は月額6275円が支給されます。(いずれも2022年度)
 

「遺族年金生活者支援給付金」の支給額

給付額は、月額5020円(2022年度)です。ただし、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5020円を子の数で割った金額がそれぞれに支給されます。
 

「年金生活者支援給付金」の状況

厚生労働省の調査によると、2021年3月の「年金生活者支援給付金」の件数は772万4044件であり、「老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金」が564万3396件、「障害年金生活者支援給付金」が200万1100件、「遺族年金生活者支援給付金」が7万9548件でした。
 
また、「年金生活者支援給付金」の平均給付金額(2021年3月における月額)は、「老齢年金生活者支援給付金」が3964円、「補足的老齢年金生活者支援給付金」が2108円、「障害年金生活者支援給付金」が5467円、「遺族年金生活者支援給付金」が4942円となっています。
 
「年金生活者支援給付金」は年金収入のみでは生活が苦しい人を救済するための上乗せ制度です。自分の年金支給額やその他要件を確認して、対象となる可能性がある場合は、ぜひ覚えておいてください。
 

出典

厚生労働省 厚生年金保険・国民年金事業の概況(令和2年度)

厚生労働省 年金生活者支援給付金制度について

公益社団法人生命保険文化センター 老齢年金生活者支援給付金について知りたい

 
執筆者:勝川みゆき
ファイナンシャルプランナー2級・AFP