更新日: 2023.01.13 年金

国民年金の一ヶ月当たりの保険料はどれくらい?安くする方法はある?

国民年金の一ヶ月当たりの保険料はどれくらい?安くする方法はある?
多くの人が加入している国民年金の年金保険料は、年度ごとにその額が決定されています。令和4年度の年金保険料は、平成元年度と比べて倍以上になりました。
 
国民年金保険料は前年より安くなる年もありますが、ほぼ右肩上がりで増額されています。ここでは、必ず負担しなければならない年金保険料を少しでも安くする方法について紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

国民年金保険料は総じて右肩上がり

国民年金は20歳になってから60歳になるまで、日本に居住する人全員が加入義務を負っています。少子高齢化が進んでおり、年金の受取額は年々少なくなる一方で、国民年金保険料は増額傾向です。
 
平成元年度には1ヶ月8000円だった保険料は、令和4年度には1万6590円と倍以上になってしまいました。経済的に納付が困難な人や学生のために、保険料の納付免除や猶予などの制度もありますが、これらの制度を使うと保険料を追納しない限り、年金の受取額が減ってしまうというデメリットがあります。
 
将来に備えるためには可能な限り納付をした方がいいのですが、年金保険料の負担は小さいものではありません。
 

年金保険料を安くするには「前納」すること

著しく経済的に困難な場合を除いて、必ず納めなければならない年金保険料ですが、実は「前納」することで年金保険料が割引されるのです。前納とは、納付期限より早く保険料を納付することです。令和4年度の保険料を現金払いで前納した場合、6ヶ月分で810円、1年分で3530円、令和4年度から令和6年度分の2年分前納した場合は1万4540円が割引されます。
 
同様に、令和4年度の保険料を口座振替で納付した場合、6ヶ月分で1130円、1年分で4170円、令和4年度から令和6年度までの2年分を前納した場合は1万5790円の割引となり、口座振替の方が現金払いよりも割引額が大きくなります。
 
また、口座振替の場合は毎月の納付を1ヶ月前倒しする「早割」を利用するだけも、1ヶ月の保険料から50円、12ヶ月分で600円割引されます。口座振替にすることで払い忘れがなくなり、現金払いよりも多く割引を受けられるのです。
 

クレジットカード払いでポイ活と割引の二刀流という方法も

クレジットカードの中には、国民年金保険料の納付でポイントがたまるものがあります。さまざまなサービスを利用してポイントをためる「ポイ活」をしている人は、国民年金保険料をクレジットカードで払ってポイ活を兼ねるのもよいでしょう。
 
また、クレジットカード払いでも保険料の前納は可能です。クレジットカード払いで前納したときの割引額は現金払いと同じなので、口座振替ほどの割引は受けられません。しかし、ポイント付与と保険料割引を同時に受けられるメリットがあります。ポイント付与率によっては、保険料の割引額の差は大きな問題にならないでしょう。
 
ただし、クレジットカードの利用限度額や有効期限などで年金保険料の納付が滞ることがないように注意することが必要です。また、クレジットカードによっては国民年金保険料の納付ではポイントがたまらないものもあります。クレジットカードの詳細をよく確認して、保険料の納付でポイントが付与されるものを利用しましょう。
 

お得に便利に年金保険料を納めるなら、口座振替かクレジットカード払いで前納しよう

年金保険料を現金で毎月納めている人は、割引を受けられないばかりでなく、納付する手間がかかり、つい忘れてしまうということもあるでしょう。
 
どうせ納めるのなら、口座振替やクレジットカード払いにすることで手間や納め忘れがなくなるうえ、前納すれば現金払いよりも多くの割引を受けられます。少しでも家計の負担を減らしたいと考えている人は、年金保険料の納付方法を変えることも考えてみてはいかがでしょうか。
 

出典

日本年金機構 国民年金前納割引制度(現金払い 前納)
日本年金機構 国民年金前納割引制度(口座振替 早割)
日本年金機構 国民年金前納割引制度(口座振替 前納)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

auじぶん銀行
PayPay銀行バナー
アメックスグリーンカード