更新日: 2023.06.15 その他年金

65歳以上で1人暮らしの女性は「約2割」! 単身世帯は「年金だけ」で生活できる?

65歳以上で1人暮らしの女性は「約2割」! 単身世帯は「年金だけ」で生活できる?
65歳以上になると、仕事を辞めて老後生活を送る人も多いです。また、近年は1人暮らしをする高齢者が増えています。では、単身世帯は老後に年金だけで生活を送ることができるのでしょうか。本記事では、65歳以上単身世帯の生活費や年金受給額を解説します。65歳以上単身世帯の割合の推移も紹介するので、参考にしてみましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

65歳以上1人暮らしの割合の推移

近年、65歳以上単身世帯の割合は増えています。この割合の1980年からの推移は図表1のとおりです。
 
図表1
 

 
内閣府 令和4年版高齢社会白書
 
1980年に65歳以上の女性で1人暮らしをする人の割合は11.2%でしたが、2020年には22.1%へ増加しています。増加率は約2倍です。さらに、2040年には24.5%までその割合が増える見込みとなっています。男性も女性より割合は全体的に少ないものの、1人暮らしをする人は増加傾向です。1人暮らしをする高齢者が増加した背景には、核家族化の浸透などが考えられるでしょう。
 

65歳以上単身世帯の生活費

単身世帯は、生活費を自分でやりくりすることが必要です。では、老後の生活費の相場はどのくらいなのでしょうか。総務省統計局の調査によると、65歳以上単身世帯の平均生活費は図表2のとおりです。
 
図表2
 

 
総務省統計局 家計調査年報(家計収支編)2021年(令和3年)
 
税金や社会保険料の支払いを合わせた平均支出は、月に14万4747円となっています。支出全体のうち、食費の占める割合が最も多いです。もちろん、支出は生活スタイル(持ち家か賃貸か・車を保有しているかなど)によって大きく異なりますが、老後の家計を考える上での1つの指標にしてみることをおすすめします。
 

平均年金受給額

65歳以上単身世帯の平均生活費を確認しましたが、年金はどの程度もらえるのでしょうか。厚生労働省年金局の調査によると、厚生年金受給者が受け取る年金の平均は月14万3965円、基礎年金の平均は月5万6368円です。
 
65歳以上単身世帯の平均生活費は月14万4747円のため、会社員や公務員経験のある厚生年金受給者は、年金だけで生活費をやりくりできる人もいるでしょう。一方で、自営業者やフリーランスなどの基礎年金しかもらえない第1号被保険者が年金だけで生活するのは一般的に難しいです。
 
ただし、厚生年金は会社員や公務員時代の平均年収や勤務期間によって受給額が大きく異なります。そのため、厚生年金受給者の中でも年金だけで生活できる人と生活できない人がいます。将来の年金受給額を知りたい人は、「ねんきんネット」や「公的年金シミュレーター」などを使って、年金額のシミュレーションをしてみましょう。
 

まとめ

65歳以上で1人暮らしをする人の割合や平均生活費・年金受給額を確認しました。それぞれの平均額を確認しましたが、人によって年金受給額や生活費は異なります。特に、年金受給額が少なくて生活費が高い人は老後対策が必須です。
 
貯金や資産運用による老後資金の準備・家計の見直しなどが必要となります。まずは、自分が今のままだと、どのような老後を迎えるのか、シミュレーションをしてみましょう。
 

出典

内閣府 令和4年版高齢社会白書

総務省統計局 家計調査年報(家計収支編)2021年(令和3年)

厚生労働省年金局 令和3年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集