更新日: 2021.02.26 年金

国民年金保険料の支払い方法、損していませんか?

執筆者 : 柘植輝

国民年金保険料の支払い方法、損していませんか?
国民年金保険料は支払い方によって差が出るということ、ご存じですか? 国民年金の保険料を同じ期間払っても支払総額が同額となるわけではないのです。今回は国民年金保険料の支払い方法について解説します。
 
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

国民年金の保険料はどれくらい?

令和3年度の国民年金の保険料は月額1万6610円です。これを年間に換算すると19万9320円です。そして令和4年度の国民年金の保険料は月額1万6590円、年間に換算すると19万9080円となります。
 

国民年金は前納でお得になる

先に確認したとおり、国民年金の保険料は年間で20万円近くにもなるため高額であり、多くの方が少しでも抑えたいと考えることでしょう。そこで活用したいのが年金保険料の前払い制度です。あまり知られていませんが国民年金は前納制度を利用すると、前払いした期間に応じて支払う保険料が割り引かれ、お得になります。
 

現金・クレジットカードでの前払い

現金やクレジットカードによる前払いでは、前払い分の期間に応じて割引率が高くなります。
 
例えば令和3年度の場合、6ヶ月分の前払いで810円の割引に、1年分前払いをすれば3540円、令和4年度を含めた2年分ならなんと1万4590円もの割引となります。現金での前払いは1年分と6ヶ月分であれば毎年4月上旬に送られてくる納付書で行うことが可能です。
 
クレジットカードでの前払い納付では、別途「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を用いた申し込みが必要になります。2年分の納付については、現金・クレジットカード共に所定の申込書での申し込みが必要になります。詳細については最寄りの年金事務所にお問い合わせください。
 
特にクレジットカードでの前払いは割引だけでなくクレジットカード独自のポイントが付く上、払い忘れもなくなる大変便利でお得な方法です。
 

口座振替

口座振替により国民年金保険料を前払いすると、6ヶ月分で1130円の割引、1年分で4180円、2年分ならなんと1万5850円の割引となります。月単位の支払いであっても、当月末の支払いであれば割引が受けられます(割引額は最寄りの年金事務所へお問い合わせください)。
 
口座振替による前払いを行うには、「国民年金保険料 口座振替納付(変更)申出書 兼 国民年金保険料口座振替依頼書」を口座振替を行いたい口座の金融機関、または年金事務所へ提出することが必要になります。
 
口座振替を選択すると払い忘れがなくなるだけでなく、クレジットカードや現金払いに比べて高い割引額の適用を受けられることがメリットになります。

前納は申し込みと納付期間に注意

割引が適用される国民年金保険料の前払いは申し出をすればいつでも好きなように行えるわけではなく、期限までに所定の申し出といった手続きが必要になります。
 
例えば、令和3年度分の保険料を現金納付で2年分、1年分、6ヶ月分の前払いを希望するのであれば令和3年4月30日までの間に支払わなければなりませんし、口座振替で2年分、1年分、6ヶ月分(4月~9月分)を前払いするには令和3年2月26日までに申し込みが必要といった具合です。
 
特に郵送で申し込む場合は期日までに住所地を管轄する年金事務所への到達が必須となっているので早めの手続きが必要です。期限を過ぎると前払い制度が利用できなくなるため、注意してください。
 

国民年金保険料は前納でお得にお支払いを

国民年金の保険料は前払いするだけで、所得に関係なく最大で1万5850円(令和3年度、口座振替による2年分前納)が割り引かれる仕組みがあります。税金や社会保険料においてこのような大きい割引を受けられるものはそう多くはありません。同じように国民年金保険料を支払うのであれば、お得な前払いについて利用を検討してみてはいかがでしょうか。
 
参考
日本年金機構 国民年金関係届書・申請書一覧
日本年金機構 国民年金前納割引制度(口座振替 前納)
日本年金機構 国民年金前納割引制度(現金払い 前納)
 
執筆者:柘植輝
行政書士
 

auじぶん銀行