更新日: 2022.06.14 税金

税金の便利な払い方は? 知っておきたいさまざまな納税方法とメリットを解説

税金の便利な払い方は? 知っておきたいさまざまな納税方法とメリットを解説
私たちが生活する上で納めなくてはならない税金。税金と一言でいっても、所得税や住民税などさまざまな種類がありますが、税金の払い方にもいくつかの種類があるのをご存じでしょうか?
 
納税方法によってはお得になるケースもあるので、知っておいて損はありません。今回は、意外と知られていない納税方法とメリットを合わせて紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

税金の種類によって払い方が異なる!

納税方法は、税金の種類によって異なります。例えば「所得税」は、一般的な公務員やサラリーマンは給料から天引きされる形で納めていますが、個人事業主は自分で確定申告をして納めることになります。
 
所得税のほか、「相続税」や「贈与税」、事業者が納める「消費税」なども、納付書に記載して納めるスタイルをとっています。
 
一方、「住民税(普通徴収の場合)」や「事業税」などは、納めるべき税金額が書かれた納付書が役所から送られてきます。その納付書に書かれた納税方法に従って、期限までに納める必要があります。
 

振替納税とメリット

納税方法として代表的なのが「振替納税」です。振替納税とは、指定した金融機関の預貯金口座から税金が引き落とされる納付方法で、所得税や住民税などの納め方として知られています。
 
振替納税をするためには、事前に口座振替の依頼書を提出する必要がありますが、一度提出すれば、引っ越しなどをしない限りは継続して利用でき、その後の手続きが不要なのが魅力です。
 
振替日が定められているので、その日までに指定の金融機関に納税額を入れておけば、安心して納税することができます。
 

振替納税以外の納付方法とメリット

振替納税以外の納付方法としては、一般的に以下の4種類があります。
 

電子納付する方法

いわゆる「e-Tax」を用いて納める方法で、インターネットを経由して納税します。金融機関などに出向く必要がなく、時間も気にしなくてよいので、便利な選択肢の1つといえます。口座からの振替やインターネットバンキングが利用できます。
 

クレジットカードで納付する方法

「国税クレジットカードお支払サイト」を利用して納める方法です。クレジットカード納付の最大の特徴は、何といってもポイントが還元される点でしょう。税金を納めながら、お得にクレジットカードのポイントも貯めることができるので、おすすめの納税方法といえます。
 
納税額に応じた手数料がかかる点がデメリットですが、手元に現金がない場合でも、すぐに納められるのも魅力です。
 

コンビニエンスストア(コンビニ)で納付する方法

国税庁のホームページから印刷したQRコードや納税書のバーコードを利用して、コンビニで納税する方法です。支払額が30万円以下という上限はありますが、コンビニは店舗数も多く、手元に現金がある場合には便利な納税方法といえるでしょう。
 

金融機関や税務署で納付する方法

現金に納付書を添えて、金融機関や所轄の税務署で納める方法です。確定申告のついでに税務署で納める、口座からお金を引き出してそのまま納める、などの場合に便利です。
 

【PR】節税しながら年金作るなら

SBI証券のイデコ(iDeCo)

sbi iDeco

おすすめポイント

・SBI証券に支払う手数料「0円」
・低コスト、多様性にこだわった運用商品ラインナップ!
・長期投資に影響を与える信託報酬が低いファンドが充実

自分に合った納付方法で納税しよう!

税金の支払い方法には、振替納税やコンビニ納付など種類があります。振替納税なら一度申請すれば手続きは不要ですし、コンビニ納付なら気軽に納めることができます。
 
特におすすめなのはクレジットカードでの納税方法で、手数料こそかかるものの、カードのポイントが付与されるので、お得に税金を支払うことができます。それぞれに便利な点が異なるので、自身に合った納税方法を選択するのがベストといえるでしょう。
 

出典

国税庁 【税金の納付】
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード