更新日: 2022.12.20 その他税金

質屋で高級ブランドのバッグが高値で売れた! もしかして税金がかかる?

質屋で高級ブランドのバッグが高値で売れた! もしかして税金がかかる?
フリマアプリなどが一般化したこともあり、今ではいつでも不用品を売却できるようになりました。フリマアプリやリサイクルショップ、質屋などで不用品が売れれば、その代金を利益として得られます。
 
ただ、ここで1つの疑問が生じます。そうして得られた利益には、税金がかからないのでしょうか?
 
今回は、高級ブランドのバッグが30万円で売れた場合を例に、質屋などで得られた利益と税金の関係について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

日常に使う物を売っても税金はかからない? 譲渡所得と生活用動産とは

所得税の項目に、「譲渡所得」という分類があります。譲渡所得とは、所有資産を譲渡・売買することによって得られた所得のことです。
 
そのため、質屋で高級ブランドバッグを30万円で売却した場合、所有資産を譲渡・売買することによって利益を得ているので、この場合は30万円の譲渡所得が発生したことになります。
 
つまり、自分の所有物を売買することによって利益を得た場合、譲渡所得として所得税の課税対象になるということです。
 
ただし、譲渡所得には注意書きがあり、所得税の課税対象にはならない譲渡所得もあります。それが、「生活用動産の譲渡による所得」です。
 
生活用動産とは、通常の生活に必要な動産のことをいいます。例えば、家具や自動車、衣服などが生活用動産に該当します。生活用動産であれば、たとえ譲渡によって利益を得たとしても、所得税の課税対象にはなりません。
 
高級ブランドのバッグも、それを日常的に用いていたのであれば、生活用動産の一種と見なされるでしょう。したがって、質屋でバッグが30万円で売れたとしても、その利益に関しては税金の心配をする必要はないということです。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

ブランドバッグの売買が課税対象とされるケースもある?

高級ブランドバッグを売却した利益には、基本的には税金はかかりません。しかし、同じように質屋で売ったとしても、場合によっては課税対象とされるケースもあるので注意が必要です。
 
例えば、定期的、継続的にブランドバッグを質屋に売っていた場合、それは譲渡所得ではなく、事業によって得られた事業所得と見なされることがあります。
 
生活用動産が課税対象から外れるのは、あくまで個人が日常の範囲内で使用していたからです。事業としての譲渡に関しては、家具や衣類などの生活用動産であっても、所得税の課税対象となるので気を付けましょう。
 
また、生活用動産であっても、価額が30万円を超えた場合は、譲渡所得として所得税の課税対象となるものもあります。
 
例えば、貴金属や宝石、骨とう品や書画などは、バッグや衣類などと同じ生活用動産ではありますが、30万円を超えて売った利益に関しては課税されます。
 
給与所得者の場合、給与所得以外に20万円を超える利益があった場合は、確定申告しなければなりません。貴金属や宝石を売買して利益を得た際は、申告漏れしないようにくれぐれも注意しましょう。
 

上限50万円の特別控除も!ブランドバッグの売買でそこまで税金を気にする必要はない?

日常的に使っていた高級ブランドのバッグを質屋で売ったら、その売却代金には基本的に税金はかかりません。
 
また、貴金属や宝石類など税金がかかるケースでも、土地建物や株式以外の資産を売ったときの譲渡所得の計算では、最終的な譲渡益から最高50万円の特別控除が適用されます。
 
高級ブランドバッグが万が一、課税対象とされる生活用動産だったとしても、30万円の利益なら特別控除が適用されて結果的に非課税になります。ですから、税金の心配をする必要もないといえるでしょう。
 

出典

国税庁 タックスアンサー(よくある税の質問)より No.3105 譲渡所得の対象となる資産と課税方法

国税庁 確定申告が必要な方

国税庁 タックスアンサー(よくある税の質問)より No.3152 譲渡所得の計算のしかた(総合課税)

 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部