更新日: 2023.05.30 その他税金

「タンス預金300万」を銀行に預けようと思いますが、「税金」はかかりますか?

「タンス預金300万」を銀行に預けようと思いますが、「税金」はかかりますか?
手元にまとまったお金を置いておきたいとタンス預金をしている人もいるのではないでしょうか。タンス預金はいざというときにすぐに使用できますし、万が一金融機関が破綻しても影響を受けません。これらのメリットがある一方、利息がつかないデメリットもあります。
 
もし、タンス預金していた現金を銀行に預ける場合、税金の支払いは発生するのでしょうか。本記事では、タンス預金を銀行に預けた場合の税金について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

高橋庸夫

監修:高橋庸夫(たかはし つねお)

ファイナンシャル・プランナー

住宅ローンアドバイザー ,宅地建物取引士, マンション管理士, 防災士
サラリーマン生活24年、その間10回以上の転勤を経験し、全国各所に居住。早期退職後は、新たな知識習得に貪欲に努めるとともに、自らが経験した「サラリーマンの退職、住宅ローン、子育て教育、資産運用」などの実体験をベースとして、個別相談、セミナー講師など精力的に活動。また、マンション管理士として管理組合運営や役員やマンション居住者への支援を実施。妻と長女と犬1匹。

給与収入によるタンス預金であれば税金の支払いは発生しない

タンス預金している現金が、給料として得たものであればすでに源泉徴収されています。そのため、新たに所得税や住民税がかかることはありません。また、宝くじも購入額がすでに税金を含めた金額になっているため、当選金には税金がかからないので安心です。
 

・タンス預金がギャンブルの払戻金(海外サイトも含む)であれば課税される可能性がある

ギャンブルで得たお金(払戻金)は通常一時所得で、50万円分は特別控除されます。そのため、ギャンブルで得たお金が年間50万円以下であれば課税されません。確定申告も不要です。国税局が公表している、払戻⾦に係る⼀時所得の⾦額の計算式は「(年間で得た払戻金-年間で賭けた金額-50万円)×2分の1」です。
 
例えば、東京都江東区在住、タンス預金300万円(すべて払戻金)、賭けたお金は100万円だとします。その場合の計算式は「(300万円-100万円-50万円)×2分の1=75万円」です。一時所得の課税所得額が50万円超なので、確定申告が必要であることが分かります。
 
所得税は「総所得金額75万円-基礎控除のみの場合48万円=課税所得27万円」「27万円×所得税率5%」で計算され、この場合の所得税は1万3500円です。所得税率は課税所得金額によって異なります。
 
東京都江東区の住民税は「所得割10%(都民税4%、特別区民税6%)+均等割5000円」で計算されるため、都民税が「27万円×0.04=1万800円」、特別区民税が「27万円×0.06=1万6200円」となり、所得割の合計金額は2万7000円です。「所得割2万7000円+均等割5000円」で、住民税は3万2000円(調整控除は考慮しない場合)かかります。
 
給与所得がある人は、年間50万円超の払戻金があれば税金がかかります。確定申告自体は年間90万円以上の一時所得がなければしなくてもよいですが、代わりに住民税の申告が必要です。
 

タンス預金を銀行に預ける際には複数回に分けるのがおすすめ

タンス預金は、そのまま保管していたら盗難に遭う可能性がないとはいえません。安全に管理するためにも、銀行に預金しておくのはよい方法のひとつといえるでしょう。
 

・銀行の預金には源泉分離課税がかかっている

銀行に預金する場合にも「源泉分離課税」という税金の支払いが必要です。源泉分離課税は預金の利息から徴収されます。そのため、実際に入金されている利息の金額は源泉分離課税がすでに徴収されたものであり、あらためて税金を支払う必要がありません。
 

給与所得以外のタンス預金は課税対象の可能性がある

タンス預金が給料であればすでに源泉徴収されているので、あらためて課税対象になることはありません。宝くじの当選金の場合も課税対象外です。ギャンブルの払戻金の場合は、金額によって所得税や住民税の対象になるので、きちんと申告しましょう。
 

出典

国税局 払戻金の支払を受けた方へ

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー
 
監修:高橋庸夫
ファイナンシャル・プランナー

ライターさん募集