公開日:2019.08.30 資産運用

友達に「債券はリスクが低いから初心者の投資には安心だよ」これって本当?

債券は、保有中に利息を受け取ることができ、発行体の国や会社が倒産しない限り満期時に元本が償還される、比較的リスクが低い金融商品です。(外貨建ての場合には為替リスクがあります。)
 
しかし、債券発行に参考とされる各国の長期金利(10年)は、米国1.446%、日本-0.271%と非常に金利が低くなっていることから、債券の利回りも低くなっています。※8月26日時点
 
その中でも、仕組債は金利が高く5%を超えるものもあり、非常に魅力的に映りますが、「債券は安全」というイメージで買ってしまうと後悔する可能性があるので、リスクを理解の上、購入を検討しましょう。
 
大堀貴子

執筆者:

執筆者:大堀貴子(おおほり たかこ)

CFP(R)認定者 第Ⅰ種証券外務員

2008年南山大学法学部法律学科卒業後、大手証券会社で、営業として勤務。主人のタイ赴任がきまり、退社。3年間の在タイ中、2人をタイで出産、子育てする。本帰国後、日本で3人目を出産。現在、3人の子育てと長女の国立小学校受験に奮闘中。子供への早期教育の多額の出費、住宅ローン、子供の学資資金、また老後資金準備のため、いろいろな制度を使って、資産運用をしています。実際の経験を踏まえた、お金に関する、役立つ情報を発信していきたいと思います。

詳細はこちら
大堀貴子

執筆者:

執筆者:大堀貴子(おおほり たかこ)

CFP(R)認定者 第Ⅰ種証券外務員

2008年南山大学法学部法律学科卒業後、大手証券会社で、営業として勤務。主人のタイ赴任がきまり、退社。3年間の在タイ中、2人をタイで出産、子育てする。本帰国後、日本で3人目を出産。現在、3人の子育てと長女の国立小学校受験に奮闘中。子供への早期教育の多額の出費、住宅ローン、子供の学資資金、また老後資金準備のため、いろいろな制度を使って、資産運用をしています。実際の経験を踏まえた、お金に関する、役立つ情報を発信していきたいと思います。

詳細はこちら

仕組債とは?

仕組債は、スワップやオプション等のデリバティブ取引などを内包したリスクの高い債券です。
 
仕組債には、条件によって利息が変動したり、満期時の元本が大きく欠損したりするリスクがあります。一方、発行体は、比較的投資格付の高い会社が多く、発行体が倒産するリスクは極めて低いです。
 
主な仕組債として、EB債・リンク債・デュアルカレンシー債が挙げられます。
 
・EB債
特定の株式を対象として、特定の株式の株価の推移により金利や満期時の元本が変わります。満期時までに一度でもノックイン価格を下回り、かつ満期時に発行時の価格を下回っていると、「元本÷発行時の株価」で算出した株数での対象株式が返還されます。
 

 
A社の株価が発行時1000円(行使価格)だとすると、早期償還価格1050円(105%設定時)、ノックイン価格700円(70%設定時)となります。A社が一度でも700円を下回り、満期時に1000円を下回ると、発行時の株価1000円で購入したときの株数が返還されます。
 
100万円でこの仕組債を購入して、満期時のA社株価が900円だとすると、A社の株を1000株受け取ることとなるため、10万円評価損となります。
 
・リンク債
EB債と同様、ノックイン価格を下回り、かつ満期時に発行時の価格を下回っていると元本が割れます。EB債と異なるのは、対象とする価格が日経平均などになるため、満期時現金で返ってきます。
 
EB債のように株式で返ってくるとその株式がまた値上がりして元本まで戻る可能性がありますが、現金で返ってきてしまうリンク債は満期時に損が確定します。
 
・デュアルカレンシー債
米ドルや豪ドルなどの為替レートにより満期時の元本が預入時と変わる可能性のある仕組債です。上記EB債やリンク債と比較して、分かりやすく、満期時は元本割れしても外貨で保有することができるため、為替が戻れば損を取り戻すことができます。
 

 
満期為替レートが、償還通貨判定為替レートを下回っていると、元本を当初為替レートで割った分の外貨を受け取ります。
 

仕組債のリスクが高い理由とは?

1.株価水準や為替水準を理解している必要がある
仕組債は、株価や為替が大きく上がったり下がったりしないときにうまみのある金融商品です。
 
なぜなら、大きく値上がりするのであればその対象株式や外貨を保有していた方が儲かるからです。また、仕組債は、利息のみ受け取れ元本は値上がりしません。さらに、値上がりした場合は期限前償還して満期までの利息を受け取れない可能性もあります。
 
一方、値下がりした場合は、株式や為替同様に大きく元本欠損する恐れがあります。リンク債は、満期時に元本欠損しても株式のように値上がりを待つこともできません。したがって、仕組債を持つよりも同じリスクとなる株式や外貨をそのまま購入した方がおすすめです。
 
株価水準や為替水準をよく理解しており、しばらく値上がりも値下がりもしないだろうと予測できる場合に仕組債は有効です。
 
2.途中売却できない
債券や株式は途中売却することが可能ですが、仕組債は途中売却が原則できません。もし、満期前に売却すると大きく元本を欠損してしまうので、満期まで持てる資金で行いましょう。
 
3.仕組を理解できない場合は株式や外債にしよう
仕組債は期限前償還や元本割れの条件が細かく決まっています。理解するのが難しいと感じる場合は購入をやめましょう。仕組債は、債券といえどもリスクの高い商品です。株式や外債に投資する方がシンプルで、元本が割れても保有し続けて値上がりを待つことができます。
 

仕組債はリスクを理解した上で購入しよう

仕組債はよく分からないと思ったら、株式や外貨建債券で運用しましょう。また、株式が値下がりすると思っているなら、仕組債ではなく国内株式との相関性の低い傾向にある、日本国債や金、日経ベアETFなどがおすすめです。
 
執筆者:大堀貴子
CFP(R)認定者 第Ⅰ種証券外務員

関連記事

国債などの債権投資はリスクが低いと言われるが本当なの?
【債券投資の基礎知識】株式投資との違いって?メリット・デメリットは?
額面金額ではなく、発行体以外の株式で戻ってくることもある不思議な債券
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP