fbpx 

更新日: 2021.03.11 資産運用

企業の株価に連動してポイント運用! 楽しみながら株式投資の体験ができるサービスとは?

企業の株価に連動してポイント運用! 楽しみながら株式投資の体験ができるサービスとは?
消費税増税時のポイント還元事業で注目されたキャッシュレス決済ですが、新型コロナウイルス対策もあるためか、最近ではかなり身近なものになっています。いつのまにかポイントもたくさん貯まっているという方も多いのではないでしょうか。
 
ポイントは貯めるだけでなく「殖やす」目的で運用できるサービスも増えています。今回は、スマホアプリで個別株やETF等に連動したポイント運用ができる「StockPoint」について、STOCK POINT株式会社代表取締役社長の土屋清美氏にお話を伺いました。
 
福島佳奈美

執筆者:

執筆者:福島佳奈美(ふくしま かなみ)

【保有資格】CFP(R)・1級ファイナンシャルプランニング技能士・DC(確定拠出年金)アドバイザー

大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務。子育て中の2006年にCFP資格を取得、FPとして独立。「ライフプランニング」をツールに教育費や保険、住宅ローンなど家計に関する悩みを解決することが得意です。

福島佳奈美

執筆者:

執筆者:福島佳奈美(ふくしま かなみ)

【保有資格】CFP(R)・1級ファイナンシャルプランニング技能士・DC(確定拠出年金)アドバイザー

大学卒業後、情報システム会社で金融系SE(システムエンジニア)として勤務。子育て中の2006年にCFP資格を取得、FPとして独立。「ライフプランニング」をツールに教育費や保険、住宅ローンなど家計に関する悩みを解決することが得意です。

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

世界初の個別株連動運用のStockPointとは?

ポイントを運用できるサービスはいくつかあります。大きくは、ポイントをそのまま運用する疑似体験するタイプと、ポイントを現金化して実際に証券口座で運用するタイプに分かれます。
 
StockPointのメインサービスは疑似体験型です。他社の疑似体験型サービスが、国別や産業別に投資先を選んだりリスク配分を選択した形の投資信託での運用であるのに対し、個別株投資が疑似体験できるというのは世界初のサービスだということです。
 
疑似体験型ですので、証券口座を開設する必要もありません。スマホアプリをダウンロードして会員登録すればすぐに無料で利用できるサービスです。アプリには、オリジナルアプリの「StockPoint」と大和証券グループの株式会社CONNECTと提携したアプリ「StockPoint for CONNECT」があります。
 
運用している銘柄のポイント数が、その銘柄株価の1株相当以上になれば実際の株式と交換することもできます。その際は提携先の証券会社に株式口座を開設することになります。
 
運用できるポイントは、「StockPoint」では永久不滅ポイント、ドットマネーbyAmeba、MI(エムアイ)POINT。「StockPoint for CONNECT」では永久不滅ポイント、Pontaポイント、ドットマネーbyAmebaですが、今後も増えていく予定だということです。
 

人気の運用銘柄は?

自分が応援したい企業や利用している企業に株式投資すると、よりその企業を身近に感じることができます。もらったポイントでの投資体験なら実取引よりハードルが低く、投資初心者も気軽に利用できそうです。
 
StockPointの人気銘柄ベスト10(2020年7月~10月)は以下のとおりだということです。
 

1.日本株ダブルインバース上場投信
2.任天堂
3.メルカリ
4.米国株指数30種
5.純金上場信託
6.三菱UFJフィナンシャル・グループ
7.楽天
8.原油インデックス
9.JAL
10.ソフトバンクグループ
(STOCK POINT株式会社広報よりデータ提供/2021年2月時点)

 

SBI証券

SBI証券

おすすめポイント

・業界屈指の格安手数料
・ネット証券 口座開設数No.1

企業を応援しながら経済を学べる

STOCK POINT株式会社代表取締役社長の土屋清美氏にお話を伺ったところ、利用者の3分の1強が、初めて投資を行う方だということです。また、利用者の約7割が20~40代と若い世代が多いというのも特徴で、5割の方がほぼ毎日アクセスしているということです。手軽に利用できるスマホアプリでの投資体験ということもありますが、2020年7月から始まった「StockPoint for CONNECT」では、ゲーム企画などもあり、楽しみながら投資できる仕組みがあるためではないでしょうか。
 
また、土屋氏は「口座開設も不要、無料で株式投資が体験できるこのサービスをまずは楽しんでもらいたい。そしていずれは卒業してしっかり自分で投資を行ってもらえればうれしい。ぜひ、自分の将来のお金を考えるきっかけにしてほしい」と話しています。
 
今回の取材を通じ、大人だけではなく子どもの金銭教育の一環として株式投資体験というのも良いのではないかと筆者は感じました。アプリはメールアドレスの登録で利用できるということですので、もちろん親の管理は必要かと思いますが、親子で投資成績を比較したり、なぜこの企業を選んだのかということを話し合ったりということも良い勉強になりそうです。
 
さまざまなポイント運用サービスがありますが、StockPointのサービスは、スマホで気軽に個別株でポイント運用ができるということが特徴です。現在投資できる銘柄は生活に密着した銘柄を中心に「StockPoint」では約180銘柄、「StockPoint for CONNECT」では約100銘柄ですが、今後も増えていく予定だとのことです。
 
執筆者:福島佳奈美
【保有資格】CFP(R)・1級ファイナンシャルプランニング技能士・DC(確定拠出年金)アドバイザー
 

関連記事

10年前に100万円で購入したまま放置した株。値下がりが続けているが持ち続けたほうがいい?
【相談】専業主婦が株でもうけても、103万円の壁までは大丈夫ですか!?
【投資初心者に読んでほしい】投資信託と個別株、どっちが良いの?

auじぶん銀行