更新日: 2021.05.28 資産運用

過去、日経平均株価指数で「三尊」が現れた後、相場はどうなったか?

執筆者 : 重定賢治

過去、日経平均株価指数で「三尊」が現れた後、相場はどうなったか?
前回は、「酒田五法」における「三山」の1つである「三尊」が現れた後、どのようにトレンドが転換するかについて見てきました。今回は、日経平均株価指数において、実際に三尊がどこで現れ、その後どうなったかを確認していきたいと思います。
 
重定賢治

執筆者:

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

重定賢治

執筆者:

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

リロケーションの一括相談サイト【イエカレ】

おすすめポイント

・あなたの大切な家を一番高く貸せる企業をご紹介
・イエカレであなたの家の賃料を徹底比較!
・あなたに最適な不動産会社が見つかる!

日経平均株価指数で見る三尊

次のチャートは、1991年1月4日から2021年5月18日までの日経平均株価指数の推移です。オレンジ色の丸印が、おおよそ三尊に近い形になっているように見受けられます。
 
実際のチャートでは、きれいに3つの山が現れ、また同水準で2つの谷が位置するのはまれであるため、似たような形状として、この部分を三尊とします。
 
○日経平均株価指数(日足)※1991年1月4日~2021年5月18日


※筆者作成
 
三尊は、ヘッドアンドショルダーズであるため、2つ目の山が、1つ目の山と3つ目の山よりも高くなるのが特徴です。また、1つ目の山の後の谷と2つ目の山の後の谷が比較的近い水準に位置するため、漢字でいうと、文字通り「山」の形を表します。
 
黄緑色の帯は、日経平均株価指数が上昇局面から下降局面に転じた期間を表していますが、三尊はこのサイクル中に出現しました。
 
もう少し詳しくいうと、2003年につけた底値から2007年につけた天井までが、このサイクルでは上昇局面となっていますが、このときの三尊は上昇局面の終盤で現れています。
 
重要なのはこれで、前回お伝えしたように三尊が上昇局面の終盤で現れると、その後のトレンドは下降局面に転換していく可能性が高いといわれるゆえんがここにあります。
 
このときの下降局面は、いわゆるサブプライムローンショックやリーマンショックと呼ばれましたが、結果的に日経平均株価指数はバブル崩壊後の最安値を記録しました。 もう少し視点を大きく持つと、次のようなときも三尊が出現しているということができます。
 
○日経平均株価指数(日足)※1991年1月4日~2021年5月18日

※筆者作成
 
同じチャートではありますが、1992年の安値から三尊が始まり、2001年の安値を下回ったことで三尊が完成していることが分かります。この期間の波は、バブルでつけた天井から続く下降局面の中にありますが、三尊が現れた期間中、長い間、日経平均株価指数は踊り場にあり、相場がもみ合っている状況が続いていました。
 
三尊は通常、上昇局面の中で現れるものですが、このように視点を大きく持つと、下降局面の中においても出現することもあるため、いずれにせよ、相場がどのような局面にあり、どの局面で三尊が現れているかを確認した上で分析を行う必要があります。
 

不動産管理会社への一括相談サイト【イエカレ】

おすすめポイント

・複数の管理会社への一括相談で管理プランを徹底比較
・オーナー様におすすめの管理会社を簡単ご登録で紹介
・相談無料で複数の管理プランを一括比較

不動産売却の一括相談サイト【イエカレ】

おすすめポイント

・あなたの不動産を最高価格で売るならイエカレ
・会社によっては売却値が大幅に変わる可能性もございます。
・あなたの不動産を査定出来る企業を簡単登録でご紹介

まとめ

三尊の持つ本来の意味は、相場が大きく煮詰まり、エネルギーがたまった後、爆発することを示唆します。このため、三尊が現れるとトレンド転換が起こる可能性が高いといわれますが、爆発の方向が上に行くか、下に行くかは、三尊がどの局面のどこに現れるかで異なります。
 
このようなことから、三尊が現れたからトレンドが転換すると短絡的に考えず、他のテクニカルツールや手法を活用したり、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)分析を行ったり、複合的にチャートを分析していく必要があることには留意するようにしましょう。
 
次回からは、酒田五法の2つ目、「三川(さんせん)」や「逆三尊(ぎゃくさんぞん)」について見ていきたいと思います。
 
執筆者:重定賢治
ファイナンシャル・プランナー(CFP)