更新日: 2021.08.10 その他資産運用

酒田五法の「三兵」を日経平均株価指数で確認!

酒田五法の「三兵」を日経平均株価指数で確認!
前回は、日本を代表するテクニカルチャート手法である「酒田五法」のうち、「三兵(さんぺい)」の意味について見てきました。今回は、「三兵」が実際のチャートでどのように現れているかについて確認していきたいと思います。
重定賢治

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai

「三兵」のおさらい

三兵の形状は次のようなイメージです。
 

※筆者作成
 
上の図の左側が「赤三兵」、右側が「黒三兵」と呼ばれる組み合わせパターンですが、使い方としては、赤三兵が底値をつけた後で現れると、その後は上昇基調になる可能性があるのに対して、黒三兵が高値をつけた後に現れると、その後は下落基調になる可能性があるという見方をしていきます。
 
端的にいうと、赤三兵は陽線が3連続で出現しているため、上昇の勢いが強いことを表しています。一方、黒三兵では陰線が3連続で出現しているため、下落の勢いが強いという意味です。
 

日経平均株価指数で「赤三兵」・「黒三兵」を確認する

それでは、実際のチャートで、赤三兵と黒三兵がどのように出現しているかを確認していきましょう。下のチャートは、2021年2月1日から2021年7月15日までの日経平均株価指数の推移です。
 
〇日経平均株価指数(日足) ※2021年2月1日から2021年7月15日まで
 

※筆者作成
 
少し見にくいかもしれませんが、左側の赤丸のローソク足は陽線です。また、右側の赤丸に位置するローソク足は陰線です。
 
前者が赤三兵、後者が黒三兵ですが、赤三兵が底値をつけた後に現れ、黒三兵が高値をつけた後に現れていることが確認できます。そして、赤三兵が出現した後、上昇基調となり、また黒三兵が出現した後、下落基調となっていることも分かります。
 
このように、赤三兵・黒三兵は、チャートを見ればその理屈が比較的分かりやすいかもしれません。単純に、底値から勢いよく買いが入ったのが赤三兵、高値から恐怖心に火がついて売りが入ったというのが黒三兵です。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

まとめ

三兵はトレンド転換のシグナルにはなりにくいですが、どちらかというと、上昇や下落の勢いを観察し、その後の相場の方向性が固まるかどうかを予測するために活用していくと参考になるかもしれません。
 
ただ、他のテクニカル分析も併用しながら、また、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)も併せ、分析するようにした方が良いでしょう。
 
次回は、酒田五法のうち「三法」について見ていきたいと思います。
 
執筆者:重定賢治
ファイナンシャル・プランナー(CFP)

PR
townlife-banner
ライターさん募集