CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.12.28 銀行カードローン

バンクイックで増額するには? 申し込み方法や審査の期間などを解説

バンクイックで増額するには? 申し込み方法や審査の期間などを解説
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額をお考えで、申し込みや審査の流れについて詳しく知りたい人は多いのではないでしょうか。
 
バンクイックでは、Webや電話で増額の申し込みが可能です。利用限度額が増えて金利が低くなれば、カードローンの使い勝手が良くなります。しかし増額には審査が伴うため、必ずしも希望がかなうとは限りません。
 
ここでは、バンクイックの増額の申し込みや審査の流れ、審査に落ちやすい人の特徴や審査に落ちた場合の対策などについて解説します。バンクイックの利用や増額を検討している人は、参考にしてみてください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

バンクイックで増額するメリット

バンクイックで増額するメリットは、「金利が低くなる可能性」と「急な出費にも対応できる」の2点です。
 
借り入れ可能な金額が増えれば、適用される金利が下がる可能性があるほか、借入枠の余裕が増えあらゆる出費に対応できるようになるため、検討する余地があると言えます。
 
ここでは、バンクイックで増額するメリットについて見ていきましょう。

 

 

金利が低くなる

バンクイックの限度額増額を申し込んで審査に通れば、金利が低くなる可能性があります。増額することで金利が低くなる理由は、審査に応じて決定される利用限度額に応じて適用される金利が変動するためです。
 
金利は、借入利率とも呼ばれています。図表1は、バンクイックの利用限度額に応じた借入利率です。
 
【図表1】

ご利用限度額 借入利率
500万円以下 400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下 300万円超 年6.1% ~年7.6%
300万円以下 200万円超 年7.6% ~年10.6%
200万円以下 100万円超 年10.6% ~年13.6%
100万円以下 10万円以上 年13.6% ~年14.6%

(出典:カードローン「バンクイック」 金利とご利用限度額
 
例えば利用限度額が50万円の場合を見てみましょう。「100万円以下 10万円以上」に該当するので、適用される借入利率は13.6~14.6%です。
 
一方増額の申し込みをした結果、利用限度額が150万円に引き上げられたとしましょう。150万円は「200万円以下 100万円超」に該当し、借入利率は10.6~13.6%に下がります。つまり増額によって3.0%も低くなる場合もあります。
 
ただし利用限度額の増額幅が小さい場合には、利用限度額の区分が増額前と同じままとなり、適用される金利に変化がない場合もあるので注意してください。

 

急な出費にも対応できる

増額により利用限度額が増えれば、より多くのお金を借り入れできます。増額されたバンクイックカードが1枚あれば、物入りな状況から入学金などまとまった資金の工面まで可能になるので安心です。
 
「急きょ友人と旅行に行くことになった」「冠婚葬祭が続き、一時的にやりくりが大変」「資格取得の勉強にお金がかかる」など、さまざまなシーンで利用しやすくなります。

 

バンクイックの増額審査を申し込む方法

バンクイックでは利用限度額の増額は、24時間いつでもWeb上の会員ページから申し込めます。そのほか受付時間内であれば、電話で増額を申し込むことも可能です。
 
Webは好きなときに申し込め、電話は直接質問や相談をしながら申し込めるなど、それぞれの方法のメリットは異なります。自分に合った方法で増額の申し込みをしましょう。
 
ここでは、バンクイックの2種類の増額方法について見ていきましょう。

 

Webの会員ページから増額を申し込む

パソコンやスマホからバンクイックの会員ページのログインページへアクセスしましょう。ログインページのドメイン名は「loan-alliance.com 」のため不安に感じるかもしれません。
 
三菱UFJ銀行では、アコム株式会社にバンクイックの会員ページの運営管理を委託しています。 そのため三菱UFJ銀行の公式サイトに掲載されたバンクイックのページから「会員ページへログイン」をクリックすると、会員ページ専用URL「loan-alliance.com 」に遷移することを知っておきましょう。
 
会員ページの「サービスメニュー」にある「利用限度額増額申し込み」から簡単に増額の申し込みを済ませられます。

 

電話で増額を申し込む

バンクイックでは、会員ページから申し込みできない場合や質問・相談をしながら申し込みをしたい場合には、電話で増額の手続きができます。
 
受付時間や電話番号は、次のとおりです。
 

・受付時間:(平日)9:00~21:00、(土・日・祝日)9:00~17:00(12/31~1/3を除く)
・電話番号:「三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店専用ダイヤル(0120-76-5919)」

 
電話をして、オペレーターに増額希望の旨を伝えてください。増額申し込みの手続き方法を案内してもらえるので、オペレーターの指示に従って手続きを進めます。

 

増額を促す電話が来ることもある

バンクイックの利用をしていると増額を勧める電話案内が来る場合もあります。増額の電話案内の対象は、信用力の高い人です。「過去の利用実績が良好」で「増額しても期日どおりに返済できる可能性が高い」とみなされた人が厳選されています。
 
そのためバンクイック側から突然電話がかかってきて増額の提案をされたら、審査に通る確率はかなり高いと言えるでしょう。
 
ただし実際に増額を申し込んだ際に、100%審査に通るとは限らないので注意してください。例えば転職したことによって、初回契約時よりも年収が下がっているケースや勤続年数が短いケースでは、安定した収入があるとみなされない場合があります。

 

 

バンクイックの増額審査の流れ

新規入会時と比べると、増額を申し込む際には入力事項が少ないため、Web上なら5分程度で手続きを終えることも可能です。電話の場合は、受付時間内にコールセンターへ連絡をして申し込みをします。
 
いずれの方法を選ぶにせよ、増額の申し込みによって利用限度額が50万円超を希望する場合には収入証明書の提出が必要です。
 
ここでは、バンクイックの増額審査の流れについて見ていきましょう。

 

増額の申し込みをする

Webで増額の申し込みをする場合は、バンクイックの会員ページにログインしましょう。会員ページ内での手続きの流れは次のとおりです
 

  • 1.サービスメニューの「利用限度額増額申し込み」を選択
  • 2.住所と勤務先情報が表示されますので内容を確認
  • 3.現在の年収と他社借入金額を入力
  • 4.入力内容を確認して間違いがなければ「申し込み」をクリック

 
増額の申し込みでは、増額後に希望する利用限度額を伝える欄は設けられていません。実際に増額がどの程度認められるのかは、審査に委ねることになります。

 

限度額を50万円超にする場合は収入証明書を提出

増額後に希望する利用限度額が50万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要です。収入証明書類は「確認書類アップロード」を利用して提出できます。
 
収入証明書類の提出は、借り手の返済能力を把握し貸し過ぎを防止するために導入されました。
 
以下のいずれか1点を収入証明書として提出します。
 

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
・確定申告書第1表・第2表

 
増額の申し込み時点で利用限度額が30万円だったとしましょう。増額後の利用限度額は審査次第となりますが、120万円に増額したいのであれば、あらかじめ収入証明書類を提出しておくと審査がスムーズです。
 
バンクイックの収入証明書提出の条件は「利用限度額が50万円を超える場合」とされ、多くの消費者金融系のカードローンとは異なり「他社と合算して借入金額が100万円を超える場合」という条件はありません。
 
しかし増額の申し込みの際に、他社借入金額を入力する欄が設けられているので、審査の現場ではチェックされている可能性が考えられます。

 

増額審査の期間は2営業日

必要情報の入力や書類提出が終われば、三菱UFJ銀行と保証会社であるアコムによる増額審査が実施されます。Webで申し込んだ場合の増額審査結果の回答は、最短翌営業日に得られるケースもありますが、おおむね「2営業日以内」です。
 
バンクイックの増額申し込みの完了画面では「申し込みから2日間経過してもメールが届かない場合はお問い合わせください」と記載されていることから、2営業日あれば審査結果の回答が得られると思ってよいでしょう。
 
バンクイックは、銀行系カードローンの中では審査結果の回答が早いことで知られています。審査状況によっては、2営業日よりも時間がかかる場合もあるので注意してください。

 

審査結果はWebまたは電話で通知

Webで申し込んだ場合の増額審査結果の回答は、「電話」または「メール」で通知されます。
 
審査結果の回答時間は次のとおりです。
 
・申込日の最短翌営業日以降の9:00~21:00(土・日・祝日は9:00~17:00)
 
バンクイックの審査を電話で申し込んだ場合には、審査結果の回答は電話で通知されるケースが多いようです。

 

追加の借り入れを行う

利用限度額が増額されたら、「ATM」あるいは「振り込み」のいずれかの方法で必要に応じて追加借り入れを行います。事業性資金を除くさまざまな用途で借り入れできるので、バンクイックは毎日の生活で役立つでしょう。

 

 

バンクイックの増額審査に落ちやすい人の特徴

バンクイックの増額審査基準は公開されていないため、正確に把握できません。しかし審査落ちしている人には、以下のとおり共通の特徴があります。
 

・新規申し込みからまだ半年以内
・当初の審査から年収が下がっている
・利用実績が全くない

 
ここでは、バンクイックの増額審査に落ちやすい人の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

 

新規申し込みからまだ半年以内

バンクイックに入会してから利用期間が短い場合も、増額審査に落ちる理由の1つです。例えば新規申し込みをしてから半年以内では、審査に落ちる可能性が高くなります。
 
新規申し込みから半年以内では、審査基準となる利用実績を積み重ねていないため、三菱UFJ銀行と保証会社であるアコム側で信用できる会員なのか判断できません。
 
「毎回決められた金額を決められた日までに返済できる人」として審査で認められるには、1年程の利用実績を積んでから増額の申し込みをしましょう。

 

当初の審査から年収が下がっている

申込者の年収が、新規申込時よりも下がっているケースも増額審査に落ちる理由の1つです。増額審査でも新規申込時の審査と同じように、「返済能力」があるかどうかは重点的に確認されています。
 
年収が下がれば、返済能力も下がったとみなされるでしょう。なお年収が下がっていなくても、他社からの借入額が増加している場合も、返済能力が下がっていると判断される可能性があります。

 

利用実績が全くない

入会してから利用実績が全くないケースも、「毎回決められた金額を決められた日までに返済できる人」かどうか判断材料が乏しいと言えるでしょう。そのため利用実績がゼロの状態では、増額申請に落ちる可能性が高いというわけです。
 
過去にバンクイックで借り入れと返済を滞りなく繰り返した実績をもつ人が、増額審査において優遇されます。滞りなく返済を続けてきた利用実績期間がなるべく長いことが、審査においては重視されることをおさえておきましょう。

 

 

バンクイックの増額の審査に落ちた後の対策

バンクイックに増額の申し込みをした結果、審査に落ちてしまった人はどのような対策をすべきでしょうか? 増額の審査に通るために、できる対策は以下のとおりです。
 

・バンクイックで半年以上の返済実績を積む
・他社含めて、返済の遅延を避ける

 
バンクイックが求めているのは「毎回決められた金額を決められた日までに返済できる人」という観点から対策をしましょう。

 

バンクイックで半年以上の返済実績を積む

バンクイックの増額審査では、過去の取引記録をチェックします。そのためバンクイックからの借り入れを返済した実績を繰り返し積んでいることが大切です。
 
バンクイックでは返済期日を「35日ごとの返済」あるいは「毎月の指定日に返済」のいずれかから選べます。毎回の最小返済額は、返済期日の借入残高に応じて決まり、最小返済額以上であれば返済金額はいくらでも良いというシステムです。
 
返済方法は「口座引落しによる自動支払い」「ATM」」「振込」から選べるため、自由度が高いのが特徴です。
 
返済の自由度が高いために、「Eメールサービス」を利用するなどして自分で返済を管理する能力が求められます。そのためバンクイックの審査担当者が増額の申込者に求めているのは、実績に裏付けされた「返済の管理能力」です。
 
バンクイックの増額審査に通りたいなら「返済の管理能力」があることを繰り返し記録に残す目的で、少なくとも半年以上の返済実績を積むようにしましょう。

 

他社含めて、返済の遅延を避ける

増額審査では、返済実績が重要視されます。返済実績があれば、申込者は「返済の管理能力」があるという「信用」の裏付けになるからです。
 
そのため取引履歴で返済の「延滞」が確認された場合は、増額審査に落ちやすくなります。延滞の記録はバンクイックの取引履歴だけではなく、他社との取引履歴も個人信用情報機関を通じて確認される点に注意が必要です。
 
延滞の情報は、信用情報機関においてカードローンやクレジットカードの「契約期間中および契約終了後5年以内」保有されます。
 
「1回でも延滞したら5年以上増額審査を通過できないのか」気になる人も多いでしょう。実際の審査基準はカードローン会社によって異なるため、一概にはいえません。
 
先々に増額の申し込みを考えている人は、返済の延滞にはくれぐれも注意してください。

 

 

バンクイックの増額に関するQ&A

バンクイックの増額について、よくある質問を以下のとおりまとめました。
 

・限度額が減額されることがある?
・増額の審査はより厳しいのは本当?
・増額を勧める電話が来たらどうする?

 
増額の申し込みはメリットばかりではなく、「減額」の可能性というデメリットもあります。ここでは、それぞれの質問について回答を見ていきましょう。

 

限度額が減額されることがある?

バンクイックに増額を申し込むと、返済能力の審査が再度行われます。ここで注意しておきたい点は、増額を申し込んだはずなのに審査の結果、利用限度額を減額される可能性もあることです。
 
新規申込時よりも年収が下がったり、転職で勤続年数が短くなったりしている場合には、返済能力が十分でないと判断されることがあります。増額の申し込みでは、減額される要因が自分にあるかないか事前にチェックするようにしましょう。

 

増額の審査はより厳しいのは本当?

「すでに入会時の審査に通過しているから、増額の審査も問題ないはず」と思う人も多いかもしれません。
 
しかし増額審査は、一般的に入会時の審査より厳しくなりがちだといわれています。増額の申し込みは、審査担当者側からすると現状の利用限度額では足りず「何らかの理由により、お金に困っている状況」とみなされるかもしれません。
 
入会時の審査で決定された利用限度額を引き上げるとなると、審査担当者側が納得できる理由が必要になります。増額の申し込みをすれば、希望どおり増額できるわけではないことを知っておきましょう。

 

増額を勧める電話が来たらどうする?

バンクイック側から増額を勧める電話がかかってきたら、どのように対応すれば良いのでしょうか?
 
勧誘の電話への対応は「申し込む」か「無視する」かの二択です。バンクイックにとって優良顧客なので増額を勧める電話がかかってきているだけですので、無視しても問題はありません。

 

バンクイックで増額してよりお得に利用しよう

「年収が入会時より増えている」「バンクイックの利用実績は1年程」「返済を延滞したことがない」などに該当する人は、バンクイックの増額を検討してみてはいかがでしょう。
 
利用限度額が増えて金利が低くなれば、支払う利息が減るのでお得にバンクイックを利用できるようになります。
 
入会時より年収が減ってしまった人や転職したての人は、増額を申し込んだことでバンクイックの利用限度額が減額される可能性があるので注意してください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部