アコム

即日融資可能!3秒できる診断も!

アコムのカードローンは即日融資可能!簡単な質問に答えるだけで借入可能かがわかる3秒診断もあります。

  • パート
    OK
  • アルバイト
    OK
  • 主婦
    OK
  • 学生
    OK
  • コンビニ
  • 最短
    即日融資
  • 銀行
  • スピード
    融資
実質年率 3.0%~18.0% 審査スピード 最短30分
融資まで 即日融資 来店 不要
収入証明書 原則不要※ 最高限度額 800万円

※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要

即日融資可能!3秒できる診断も!

アコムのカードローンは即日融資可能!簡単な質問に答えるだけで借入可能かがわかる3秒診断もあります。

お申し込みはこちら

カードローンの審査基準は各社で異なっており、さらには審査に落ちた理由を教えてくれることはありません。だからこそ、審査に通るためには申し込んだカードローン会社の審査の特徴をあらかじめ把握しておくことが大切です。

今回はアコムでカードローンを申し込む際の、審査に通過するポイントなどについて解説します。

アコムのメリット・デメリットを解説

まず、アコムに申し込むにあたり、アコムのメリットおよびデメリットについて確認しておきましょう。

メリット

・審査時間が早く、即日融資も可能 ・借入や返済が手軽に行える ・利用できるATMや店舗窓口が多い

デメリット

・銀行系のカードローンと比べ、金利が高い ・提携ATMの利用に手数料がかかる ・消費者金融系のカードローンであることから、総量規制の対象となる

FPから見たポイント

メリットおよびデメリットを見ても、これはアコム特有ではなく消費者金融系のカードローン全般に言える事です。手軽に借りれることや特に即日融資に対応している反面、金利の高さや借入の制限を受けるところは避けられません。

したがって、複数のそして種類の異なるカードローンを比較し、最終的に自分に向いているかどうか判断するようにしましょう。

アコムに向いている人・向いていない人

では、アコムはどんな人に向いており、逆に向いていない人とはどんな人なのでしょうか。

向いている人はこんな人

・楽天銀行の口座を持っている人 ・無利息期間サービスを利用したい人

向いていない人はこんな人

・安定した収入がない人 ・ローンカードを持ちたくない人

FPから見たポイント

アコムでは楽天銀行に口座を持っている方に対して、24時間受付最短1分で借入が行えるサービスを行っています。もし楽天銀行の口座を持っておられるのであれば、是非利用したいサービスですね。

また、30日間無利息期間サービスも用意されているので、アコムに申し込んで最初にカードローンを利用する際は是非活用するといいでしょう。

アコムの申し込みに必要な書類

アコムの審査の際に必要となる書類は以下のとおりです。

1.本人確認資料:「運転免許証」、「パスポート」、「個人番号カード」など。 2.収入証明書類:「源泉徴収票」、「給与明細」、「所得証明書」など。

本人確認資料としては、顔写真付きのものが良いとされています。

本人確認書類について
公式サイトより抜粋

注意点

収入証明書類については、原則として「アコムからの借入額が50万円を超える場合」、または「他社からの借入と合わせて100万円以上の借入を希望する場合」に必要となりますので、自分の希望借入額と照らし合わせて、必要であれば用意するようにしましょう。他社からの借り入れがあるのであれば、その残高もきちんと確認しておくようにすることが大切です。

FPから見たポイント

本人確認書類については、インターネットで申し込む際と店舗窓口で申し込む際で必要とされるものが異なります。基本的にインターネットで申し込む際に必要とされる本人確認書類は2種類となっています。

もし1種類しか用意出来ない場合は

1.住民票の写し(発行日から6ヵ月以内のもの) 2.公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK等)

を合わせて準備しておくようにしましょう。

アコムに申し込む方法

アコムには様々な申し込み方法が用意されています。最も早い申し込み方法は「インターネット」です。

カードローンのお申し込み方法
公式サイトより抜粋

注意点

即日融資を受けるためには「申し込み」から「審査」を経て、「契約完了」までの手続きをきちんとその日に終了させる必要があります。中でも重要なのは、審査終了のタイミングです。申し込み受付時間と審査時間は異なります。アコムのインターネット申し込みは24時間受付可能となっていますが、審査時間は9時~21時となっています。

したがって、審査終了時から逆算し、かつ余裕をもって20時までには申し込みを済ませておくようにしましょう。

FPから見たポイント

アコムの審査は21時までです。したがって、その1時間前の20時までに申し込みをしておけば、当日中にローンカードの発行が可能です。自動契約機にて申し込み手続きを行う方法もありますが、審査完了まで、自動契約機の中で待つ必要があります。

そういった時間をできるだけ省略するためにも、まずはインターネット(公式サイト)から申し込みを行い、審査の間に無人契約機に移動するといった、有効な時間の使い方をするとよいでしょう。

アコム審査時間

アコムを始め、大手消費者金融系のカードローン会社の審査時間は「最短30分」となっています。 参考までに代表的なカードローン会社の審査時間について、表にしてみました。

カードローン会社 審査時間
アコム 最短30分
プロミス 最短30分
SMBCモビット 最短30分(公式サイトによる10秒簡易審査あり)
アイフル 最短30分
J.Score 最短30分
楽天 最短翌日


※各社公式サイトデータ抜粋のうえ筆者作成。

銀行系のカードローンでは保証会社を通すことから、どうしても審査に時間が掛かってしまいますが、消費者金融系のカードローン会社であれば、そこまでの差はありません。

審査に通りやすくする方法

1.利用限度額を高く設定しない。 利用限度額を低めに設定することで、「借りすぎという印象を与えない」ことや「計画的に借入れしている」ことを印象付けることになります。

2.他社へ借り入れをしない。 審査の際、他社への申し込み情報も信用情報機関への照会によって明らかになります。もし、1か月以内に他社への借り入れ申し込みを行っていたとすれば、「他社にも申し込みしないとお金を借りることができないのではないか」と思われますし、もし、他社での申し込みで審査に通らなかった場合は、アコムでも借り入れることは不可能です。

したがって、同時期に複数社へ申し込むことはしないように、できれば半年から1年間は空けるようにすることが大切です。

3.申込みの際の情報は正確に、提出書類についても不備の無いように準備しておく。 申し込み時の情報に記載ミスや入力漏れがあったり、提出書類に不備があったりすると、審査時間が長くなるばかりでなく、「虚偽の申告」とみなされてしまう可能性もあります。そういった誤解を招くことのないように、申し込み情報や必要書類は正確なものを提出するようにしましょう。

FPから見たポイント

公式サイトで公表している審査時間はあくまで最短です。本人の属性評価や信用情報機関への照会結果によってはそれ以上の時間がかかることもあると思ってください。

アコムの金利

では、アコムの金利はどのくらいなのでしょうか?大手消費者金融系のカードローン会社3社で比較してみました

カードローン会社 下限金利 上限金利
アコム 年3.0% 年18.0%
プロミス 年4.5% 年17.8%
SMBCモビット 年3.0% 年18.0%


※各社公式サイトデータ抜粋のうえ筆者作成。

アコムの金利は、3.0%~18.0%となっており、大手消費者金融の中では一般的な水準で設定されています。この表を見るとプロミスが若干金利に差をつけているようです。

注意点

適用される金利は借入限度額や利用実績によって変わりますが、100万円未満の限度額ではほぼ上限金利の18.0%になると思ってください。

FPから見たポイント

銀行系のカードローンと比べると消費者金融系のカードローンは金利が高く設定されているため、もし、希望する借入額が大きく、長期で返済していく予定であれば、銀行系のカードローンを選択することをおすすめします。

逆に、10万円以下の借り入れや、1年以内に完済できる見通しがある人は、あまり金利を気にする必要はないでしょう。

アコムの借入方法

アコムの借入方法として、インターネットや電話で申し込んで口座に振り込んでもらう方法と、店舗窓口や提携ATMなどで借入する方法があります。

アコムのカードローンのメリット
公式サイトより抜粋

注意点

振込での借入を希望する際は、各金融機関によって受付時間が異なることに注意が必要です。金融機関毎の受付時間および振込実施の目安については以下のとおりですので、参考にしてください。

金融機関ごとの受付時間および振込実施の目安
アコム公式サイトより抜粋

FPから見たポイント

楽天銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の口座があれば、平日夜間まで、会員サイトから手続きを行うことで即日融資を受けられます。

もし、口座に振り込んでもらう方法で融資を受けたいと思っている方は、できれば上記の金融機関に口座を作っておくとよいでしょう。

また、表内の振込実施時間拡大(モアタイム)に対応している金融機関については、こちらを参照ください。 アコム公式サイト

アコムの返済日

アコムでは返済日について「35日ごと」「毎月払い」のどちらかを選択できます。

1.35日ごと

35日ごと


2.毎月払い

毎月払い
公式サイトより抜粋

注意点

35日ごとの返済を選択した場合、毎月払いとは異なり、次回の返済日を自分できちんと把握しておく必要があります。うっかり忘れて延滞などにならないよう気をつけるようにしましょう。

FPから見たポイント

上述のような35日ごとの返済を選択した方のために、アコムでは「メール通知」サービスを行っています。返済日の3日前と、返済日当日にメールで通知が届くことにより、返済日を忘れにくいようにしているのです。

もし、35日ごとの返済を選択する場合は、このメール通知サービスも忘れずに登録するようにしてください。

アコムの返済額

アコムの場合、その最低返済額を「定率リボルビング方式」によって決めています。ちなみに50万円まで借りた場合の最小返済額については、以下の表のとおりとなっています。

借入残高 最低返済額
10万円以下 3,000円
10万円超 20万円以下 6,000円
20万円超 30万円以下 9,000円
30万円超 40万円以下 12,000円
40万円超 50万円以下 15,000円


※公式サイトの情報を基に筆者作成。

注意点

借入金額による最低返済額は決まっていますので、できるのであれば、途中で繰り上げ返済を行うなど、支払い回数を減らす努力をしましょう。そうすることで、最終的な返済合計額の減額効果を生み出すことができます。

アコムって即日融資可能なの?

カードローン会社 即日融資の可否
アコム
SMBCモビット
アイフル
楽天銀行スーパーローン 不可


アコムのカードローンでは即日融資を希望している人や、とにかく急いで審査して欲しい方に対応したサービスを提供しています。基本的に消費者金融系のカードローン会社であれば、即日融資は可能です。

ただし、楽天銀行などの銀行系のカードローン会社は審査に時間がかかることから、即日融資には対応していません。

注意点

即日融資を受けるためには、次の点に注意してください。

1.申し込み時の申告内容には必ず正確な情報を入力する。 2.必要書類については、事前に調べて用意しておく。 3.在籍確認をスムーズに行えるようにしておく。

まず、申し込みの際に虚偽の申告をしないことが大前提です。もし、審査の途中で申し込み内容との矛盾が見つかった場合、最悪審査に通らない可能性もあります。虚偽の申告は詐欺行為に当たりますので、絶対に行わないようにしてください。

次に、審査に必要な書類については、申込みを行う時点で、手元に用意しておくようにしましょう。また、在籍確認をスムーズに行えるようにしておくことも、審査時間の短縮つまり即日融資可能に繋がります。

どうしてもその日に融資を受けたいと思っているのであれば、上述の注意点を参考にし、審査がスムーズに行えるようにしておくことが大切です。

FPから見たポイント

申込みは土日でも対応していますが、融資となると一定の条件を満たす必要があります。

まず、銀行振込にて融資を受ける場合は、土日・祝日が休みであることから融資を受けることは出来ません。ちなみに、平日に銀行振込で即日融資を受けたい場合は14時10分までに借入の申込を行うようにしてください。

アコムを利用する前の注意点

アコムに申し込む前に以下の内容をクリアしているかどうか、チェックしてみましょう。

1.利用条件を満たしているか 2.現在他社からの借入をしていないか 3.同時に複数社に審査を申し込んでいないか 4.過去に悪質と判断されるような延滞事故を起こしていないか 5.審査の申込み内容に虚偽がないか 6.在籍確認はできるか

FPから見たポイント

上述のチェックポイント中で注意したいのが、審査の申し込み内容に虚偽がないかどうかです。審査に通りたい一心で年収を多めに申告したりしても、必要書類を提出することでその内容が判明することがあります。そのようなことが発覚した場合、審査に通らないばかりか、悪質な詐欺行為とみなされることもありますので、絶対に行わないようにしましょう。

Q&A

土日での在籍確認はどうなるの?

A: 土日で申し込みを行った場合、在籍確認も土日に行われます。ただ、気になるのは、「土日は会社が休みだけど、その場合の在籍確認はどうやって行うの?」ということだと思います。

アコムの場合、他の消費者金融系のカードローン会社で一部提供されている、「一定の条件を満たせば電話での在籍確認は不要」といったサービスは行っていません。したがって、必ず電話にて在籍確認が行われるということを認識しておいてください。

ただし、あらかじめ在籍確認が取れないことが分かっており、どうしても即日で融資を受けたいという場合、アコムに直接相談すれば仮審査後少額融資をしてもらえる場合があります。アコムでは休日の急な借入に対応できるよう、先に融資を行い、在籍確認を後回しにすることを条件に10万円以下の少額融資を行ってくれます。

もちろん、その場合は本人が会社に在籍していることを証明する書類(社会保険の健康保険証など)の提出が必要となります。場合によっては収入証明書類も必要になる可能性がありますので、必ずコールセンターなどで確認し、事前に準備しておくようにしましょう。

申し込んだ際に、自宅への郵送物等が発生しますか?

A: 自動契約機(むじんくん)、店頭窓口で契約する場合の送付物はありません。インターネットで契約する場合は、契約者の希望により送付されることとなっています。また、郵便で申し込みを行った際については必ず郵便物が自宅に届きます。

自営業者(個人事業主)でも申し込みは可能ですか?

A:アコムの申し込み条件が「20歳以上の安定した収入と返済能力を有すること」となっていることから、その条件に当てはまるのであれば申し込むことは可能です。

FPから見たポイント

アコムからの即日融資を受けたいのであれば、借入限度額をできるだけ低い額で申請することがポイントです。ご自身の収入に応じた借入額かどうかを審査しますので、あまりに高額であれば、その分審査に時間がかかることは否めません。できれば、50万円以下で設定するようにしましょう。

まとめ

アコムの審査時間は9時~21時です。インターネットでの申し込みが24時間対応可能だからといって、審査も24時間対応してくれると思いがちですが、決してそうではないということをしっかり認識しておきましょう。

そして最短30分といわれている審査時間ですが、余裕をもって1時間~1時間半程度は見ておきたいものです。そうすると、おのずと申し込み手続きをいつまでに済ませる必要があるかが分かってくると思います。しかも、融資を振り込みで行いたい場合は、銀行の対応時間も考慮する必要があります。

そういったことを総合しても、申し込み手続きは午前中には終わらせる、そして振込融資の申し込みについては14時までには終わらせるといった心掛けが大切です。

基本情報

社名・会社名
アコム株式会社
最大限度額
800万円
実質年率
3.0%~18.0%
特徴
アコムのカードローンは即日融資可能!簡単な質問に答えるだけで借入可能かがわかる3秒診断もあります。インターネット・電話による振り込みでの借入であれば24時間365日借入可能!
申込み資格
20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
担保・保証人
不要
来店
不要
返済方法
定率リボルビング方式
遅延損害金
年率20.0%
会社情報
東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル

お申し込みはこちら

融資条件

契約時年齢
満20歳~満69歳
申込資格
20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
資金使途
自由
必要書類
本人確認書類(運転免許証、保険証等)
下記のいずれかに該当する場合は、収入証明書が必要です。
・アコムのご利用限度額が50万円を超える場合
・他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合
担保
不要
保証人
不要
保証料
不要
対象地域
全国
備考

お申し込みはこちら

申し込み

申込方法
インターネット、店頭窓口・自動契約機、電話、郵送
申し込みから借入
(融資)までの流れ
  • STEP1申し込み・書類の提出

    アイコン
    4つのお申し込み方法から選べます。
    ※インターネット、電話からのお申込みは24時間受付。
  • STEP2審査完了・ご契約

    アイコン
    審査結果内容に同意すると契約完了。
  • STEP3借入

    アイコン
    契約完了後、借入が可能。
    カード到着前でもお客さまの金融機関口座へお振り込みするサービスもございます。
土日審査
対応
来店
不要
WEB完結
融資まで
申し込みから借入(融資)までの最短時間
即日融資
審査時間の目安
最短30分 ※審査状況により異なる場合があります。

お申し込みはこちら

借入

実質年率
3.0%~18.0%
借入限度額別の年率
借入限度額
1万円~99万円
100万円~300万円
301万円~500万円
501万円~800万円
金利(実質年率)
7.7~18.0%
7.7~15.0%
4.7~7.7%
3.0~4.7%
※掲載情報は2020年10月6日の情報です。
金利体系
金利優遇とその条件
借入限度額
1万円~800万円
契約期間
お金の借り方
口座振込、ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、店舗窓口、ネットキャッシング、コンビニエンスストアに設置のATM等
借入無利息期間
「ご契約日の翌日」から30日間
借入無利息期間の条件
アコムでのご契約がはじめてのお客様に適用いたします。

お申し込みはこちら

返済

返済方式
定率リボルビング方式
返済金額
利息の計算方法
借入残高×借入利率÷365日(うるう年は366日)×ご利用日数
お金の返し方
ATM(自社)、ATM(提携金融機関)、口座振込、店舗窓口、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM等
返済日
繰上返済
無料

お申し込みはこちら

手数料・その他付帯サービス

手数料・年会費等
無料
クレジットカード機能
その他機能・サービス
会員特典等
WEB明細書
対応

お申し込みはこちら

店舗

店舗所在地
全国
無人契約機設置場所
全国

お申し込みはこちら

提携金融機関・利用ATM

提携金融機関
三菱UFJ銀行
セブン銀行
借入ができるATMやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア
三菱UFJ銀行
セブン銀行
返済ができるATMやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア
三菱UFJ銀行
セブン銀行

お申し込みはこちら

遅延損害金・注意事項

遅延損害金
年率20.0%
その他注意事項
銀行口座振込可能時間について
・金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます。
・原則24時間取り扱い可能ですが、メンテナンスなどによる一時停止時間帯があります。くわしくはアコムの公式サイトをご確認ください。

お申し込みはこちら

関連記事一覧

記事はありません