CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 返済

アコムの返済はコンビニで可能?手数料を無料にする方法も紹介!

執筆者 : 鴨志田 大輔

アコムの返済はコンビニで可能?手数料を無料にする方法も紹介!
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

「アコムの返済方法にはどのようなものがあるの?」「コンビニでの返済には手数料がかかる?」
 
この記事ではそんな疑問をお持ちの方に、アコムでコンビニ返済する際の方法や手順、手数料を無料にできる返済方法など、アコムで返済するにあたってのポイントをご紹介します。

アコムの返済はコンビニで可能?

アコムATM・連携ATMで返済できる!

カードローンの返済で、毎回窓口に出向くのは面倒です。アコムではコンビニの連携ATMを利用してカードローンの返済が可能です。アコムでは、自社ATM・連携ATM合わせて、全国に5万台以上設置しており、どこにいても返済しやすいのがメリットのひとつ(※)。
 
またコンビニのATMなら、24時間利用可能なものも多いため、仕事の都合でなかなか店頭に出向く時間がなくても問題なく返済できます。いつでも・どこでも返済できるのがコンビニATMで返済をするメリットと言えるでしょう。
 
※2021年8月3日時点
※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。

返済する際のATM利用手順は?

アコムの返済で利用できるのは、自社ATMとコンビニなどで設置されている連携ATMの2種類です。それぞれのATMの操作手順をご紹介します。
 
<アコムATMの場合>

  • ①ATMにカードを入れる
  • ②最初に登録した4桁の暗証番号を入力する
  • ③「<ご返済>」のボタンを押す
  • ④現金を入金し「読取」ボタンを押す
  • ⑤表示された金額が正しいことを確認し、「確認」ボタンを押す
  • ⑥明細書とカードを受け取る

 
<連携ATMの場合>

  • ①ATMにカードを入れる
  • ②「ご入金(返済)」ボタンを押す
  • ③最初に登録した4桁の暗証番号を入力する
  • ④「カードローン」ボタンを押す
  • ⑤現金を入れる
  • ⑥金額が正しければ「確認」ボタンを押す
  • ⑦明細書とカードを受け取る

 
どちらも操作手順は簡単で、数分で返済作業を終えられます。

ATMで返済すると手数料はどれくらいかかる?

いつでも・どこでも利用でき、手軽に返済できて便利なコンビニATM。そんなコンビニATM唯一のデメリットといえば、利用手数料がかかってしまうところでしょう。コンビニに設置してある連携ATMの利用手数料は以下の通りです。
 
<ATMの利用手数料(取引金額:手数料)>
・10,000円以下:110円
・10,001円以上:220円
 
一見少額に見える手数料ですが、毎月負担していると結構な金額になっていきます。取引金額によって異なりますが、1年で1,320円~2,640円の手数料を支払っていることに。ただでさえ金利もかかり、返済額が膨らんでいく中、ATM利用手数料は少しでも抑えたい部分でもあります。
 

手数料を無料にできる!アコムの返済方法とは?

手数料を無料にしたいならインターネット返済が便利でお得!

カードローンの返済にかかる手数料は、できる限り抑えたいもの。コンビニに設置されてある連携ATMは、時間を問わずいつでも利用できて便利な反面、利用手数料がかかってしまいます。
 
しかしアコムでは手数料をかけずに返済できる方法がいくつかあります。ひとつはアコムの自社ATMで返済する方法。アコムのATMはアコムの店舗に設置されているため、連携ATMより数が少なく、家や職場から遠いと不便なのがデメリット。
 
では、アコムATMが利用できない場合は手数料を無料にする方法がないのかというと、実はそうではありません。コンビニなどの連携ATMと同じく24時間いつでも利用でき、どこにいても返済できて、さらに手数料を無料にできる方法があります。
 
それはインターネット返済という方法です。Pay-easy(ペイジー)というサービスを利用して、スマホやパソコンから24時間いつでも返済できます。この方法なら、なんと手数料がかかりません。「スマホやパソコンの扱いがよく分からない」という方以外は、このインターネット返済を利用するのがおすすめです。

いろいろと用意されているアコムでの返済方法

上記でご紹介した以外にも、アコムの返済方法はいくつかあります。こちらでは返済方法を一覧でご紹介します。
 

<アコム返済方法一覧>

・店頭窓口での返済
利用時間:平日9:30~18:00
利用手数料:無料
 
・振込
利用可能場所:金融機関窓口、ATM、インターネットバンキング
利用手数料:各機関により異なる
 
・口座振替
引き落とし日:毎月6日(金融機関休業日の場合は翌営業日)
利用手数料:無料
 
・アコムATM
利用可能場所:アコム店舗
利用可能時間:年中無休24時間
利用手数料:無料
 
・連携ATM
利用可能場所:提携金融機関、コンビニエンスストア、ショッピングセンターなど
利用可能時間:年中無休24時間(毎週月曜日1:00~5:00は利用不可)
利用手数料:無料
 
・インターネット返済
利用可能時間:年中無休24時間
利用手数料:無料
 

アコムの返済ができるATMがあるコンビニ一覧

アコムの返済ができるATMを設置している主なコンビニは以下の通りです。
 

・セブン銀行ATM(セブンイレブン)
・ローソン銀行ATM(ローソン・ナチュラルローソン)
・E-net(ファミリーマート・デイリーヤマザキ・ポプラ・ニューデイズなど)
・イオン銀行(ミニストップ)

 
コンビニATMは、コンビニATMを設置しているエリアの銀行などの提携の関係によって異なります。また、同じコンビニであっても、設置しているATMが違うこともあります。
 
コンビニのATMでアコムの返済をしようと思った場合には、利用しようと思っているコンビニのATMやその周辺に「アコムのロゴ」のステッカーが貼られているかどうか確認をするのがおすすめです。
 
また、コンビニのATMによっては、返済ができる金額、紙幣の枚数等が違います。ATM自体設置されていないコンビニもありますので、注意が必要です。
 

アコムの返済額の決定方法とは?

アコムは、毎月の返済金額を「定率リボルビング方式」と呼ばれる方式で計算しています。
 
まず、借入残高に、決められた一定の割合を掛けて「最小返済額」を決定します。この最小返済額より多い金額を返済していく返済方法です。割合は、契約時の契約極度額によって以下の通り異なります。
 

30万円以下 借入残高の4.2%以上
30万円超~100万円以下 借入残高の3.0%以上
100万円超 借入残高の3.0%、2.5%、2.0%、1.5%以上

 
例えば、借り入れが10万円の場合、10万円×4.2%=4,200円
 
1,000円未満は1,000円単位に切り上げて計算しますので、最小返済額は5,000円となります。
 
定率リボルビング方式には、次の2種類があります。
 
・元利定率リボルビング方式
・元金定率リボルビング方式

 
元金と利息を合計して計算をするか、元金のみで計算をするかによって、返済額が異なります。また、クレジットカードのリボ払いとは違い、返済の途中で追加借り入れ等を行うと、返済金額が変わりますので注意が必要です。
 

返済が滞った場合

返済を行っている間に、返済日を忘れて過ぎてしまったり、銀行口座の残高が不足したりして、気が付いたら引き落としができなかった、という場合もあるかもしれません。もし、返済が遅れたり、滞ったりした場合にはどうなるのでしょうか。また、延滞をすると、どのくらいのペナルティが発生するのでしょうか。詳しくご説明いたします。
 

遅延損害金が発生する

アコムのカードローンでは、返済が遅れた場合「遅延損害金」の追加支払いが発生します。返済ができなかった日から支払いが終わった日まで、元金と本来の利息に加えて、遅延利息を支払うことになります。
アコムでは、遅延損害金の算出方法を以下の通り定めています。
 
・遅延損害金=残高×遅延損害金年率÷365日(うるう年は366日)×期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数
 
アコムのカードローンの場合は遅延損害金年率20.00%です。
 
例えば、10万円の残高があり、7日間延滞してしまった場合は、10万円×0.200÷365×7=383円となります。
 
延滞に気が付かないでいると、どんどん遅延損害金が加算されてしまいます。返済日を過ぎてしまったらすぐに返済をする、もしくは、事前に返済が遅れそう、延滞しそうな場合は、あらかじめ、アコムの相談窓口に連絡を入れることをおすすめします。
 

電話連絡で催促される

決められた返済日に返済が行われなかった場合には、アコムカードローンの担当者より、記載した連絡先へ電話連絡が来ることがあります。アコムでは、個人名で電話連絡を行うようになっています。そのため、自宅や職場などで他の人が連絡を受けても、アコムからの督促だと分かることはありません。
 
しかし、滞納をした状態で返済をせずそのままにしておくと、何度も何度も連絡が来ることになりますので、内緒にしている場合、周囲に知られる可能性が高くなってしまいます。また、上記のように、延滞をすると、延滞した日数分の遅延損害金の利息が上乗せされます。返済日は忘れないように注意をしましょう。
 

返済忘れを防ぐサポートがある

毎月返済をきちんとしていても、うっかり日付を忘れた、その日に持ち合わせがなくて返済ができなかった、ということは珍しくありません。アコムカードローンでは、返済期日をeメールでお知らせしてもらえる独自のサポートサービスがあります。
 
・返済期日の3日前(土・日・祝日を除く)
・返済期日当日
・返済期日経過後

の3段階でメールを受け取ることができますので、うっかり返済を忘れてしまうことを防げます。
 
eメールを受け取るには、あらかじめアコムの会員サイトにログインします。そして、会員メニュー内の「eメールサービスのご登録」から、通知を受け取りたいメールアドレスを入力することで完了します。
 
携帯などで、メール指定受信の設定等を行っている方は、メールが受け取れないこともありますので、アコムからのメールを受信できるようにしておきましょう。アコムの便利な通知サービスを利用することで、遅れることなく返済することができます。
 

まとめ

アコムATMでの返済方法や返済における手順を詳細にお伝えしました。返済方法も豊富で時間や場所を問わず利用できる方法もあるため、利用者にとっては便利で使い勝手が良いと言えます。
 
特にインターネット返済は、インターネット環境さえあれば、家や職場などから出かけずに返済できるという便利さに加え、手数料も無料なので積極的に利用したい方法です。
 
スマホやインターネットがよく分からないという方も、アコムのカードローンを利用する場合は、最低限の使い方を知りインターネット返済を利用できる環境を整えることをおすすめします。
 
※2021/1/29 内容を一部修正させていただきました
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

【PR】Pick UP カードローン アコム
【PR】Pick UP カードローン アコム