更新日: 2024.02.07 地方銀行カードローン

横浜銀行カードローン在籍確認の流れとは? 確認内容やポイントも解説

[PR]
横浜銀行カードローン在籍確認の流れとは? 確認内容やポイントも解説 [PR]
「横浜銀行カードローン」はこれまでも多くの方に利用されてきました。契約方法に関してもインターネット上から完了させられるので、時間や場所を選ばずに申し込めます。横浜銀行カードローンでは在籍確認が必要になるため、具体的にどのような流れで在籍確認がされるかについては理解しておきましょう。
 
本記事では、横浜銀行カードローン在籍確認の流れに加えて確認手続きのポイントについて解説するので、これからカードローンを契約したいと考えている方は参考にしてみてください。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

公式サイトで申し込み

【PR】SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

横浜銀行カードローンの基本情報

横浜銀行カードローンは横浜銀行の口座を持っていなくても申し込み可能であり、口座開設についても同時に進められます。審査結果についても申し込みタイミングによっては最短即日で出るだけでなく、ローンの借り入れも契約と同時におこなうことが可能です。他にも一人ひとりが横浜銀行カードローンを使いやすいようにアプリ「はまぎん365」も用意されており、アプリから借り入れ・返済・利用状況についても把握できます。
 
横浜銀行カードローンの基本情報を表1にまとめたので、これからカードローン契約をしたいと考えている方は確認してみてください。
 
表1

貸付限度額 10万円~1000万円
金利(実質年率) 1.5%~14.6%
担保・連帯保証人 原則不要
貸付対象者 ・年齢満20歳以上69歳以下
・原則安定した収入の方およびその配偶者
・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
・横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方
対象地域 以下の地域で居住または勤務している
・神奈川県内全域
・東京都内全域
・群馬県内の以下の市
前橋市・高崎市・桐生市

※株式会社横浜銀行「横浜銀行カードローン」を基に筆者作成
 
横浜銀行カードローンは安定した収入がある方で対象地域に住んでいると、誰でもインターネット上から申し込みできます。また、資金使途に関しても事業性資金以外なら自由に利用できるため、生活資金が少し足りない際や少しぜいたくしたい際などに使っても問題ないでしょう。
 
横浜銀行カードローンはさまざまシーンで利用できるため、万が一に備えて契約している方も多いようです。
 

横浜銀行カードローンの在籍確認の流れ

横浜銀行カードローンの在籍確認の流れはインターネット上などから申し込んだ後に、申し込み内容などに問題がなければ記入した勤務先に在籍確認が行われます。
 
在籍確認の目的としては本当に勤務しているか確認して、申し込み内容などに虚偽申告がないかを判断することです。金融機関側としても貸し付けた後に返済されないと赤字になるため、本当に働いていて十分な返済能力があるかは判断しなければいけません。
 
基本的には、電話での在籍確認になりますが、横浜銀行カードローンは書類での在籍確認にも対応しています。必要になる書類については、以下のとおりです。
 

<給与所得者>

●健康保険証
 
●源泉徴収票
 
●給与明細書
 
●確定申告書
 
●社員証

 

<個人事業主>

●確定申告書
 
●事業実態の分かる書類(納品書・発注書・請求書など)

 
それぞれの書類についてはあまりにも古い書類の場合は在籍確認に利用できないため、できる限り最新のものを用意しなければなりません。また、在籍確認は転職時にも必要になるので、状況に合わせて必要になる書類はそろえておきましょう。
 

横浜銀行カードローンの在籍確認でおさえておくべきポイント

横浜銀行カードローンの在籍確認は電話確認と書類提出の方法が挙げられ、それぞれの状況に合わせながら選択してください。在籍確認のポイントを抑えておけば、スムーズに対応できます。具体的なポイントとしては、以下を参考にしてみてください。
 

●在籍確認は本人が対応する必要はない
 
●派遣社員の方は派遣元を記載する
 
●在籍確認が嫌なら消費者金融なども視野に入れる

 
これらのポイントは横浜銀行カードローンに限らず、多くのカードローンに共通しているので理解しておくのがおすすめです。それぞれのポイントについて解説するので、確認してみてください。
 

在籍確認は本人が対応する必要はない

在籍確認は必ず本人が対応する必要はなく、あくまでもカードローン申込時に記載した会社で本当に働いているかの確認が取れれば問題ないようです。
 
例えば、営業社員が外回りで仕事をしている間に在籍確認の電話がかかってきて、事務社員が対応した場合でも在籍していると判断できれば在籍確認は終わります。電話を受け取った方や取り次いだ方が「ただいま、外出中です」「本日は休んでいます」などの回答をしても、在籍して働いていると在籍確認では判断されることが多いです。
 
注意点としては、在籍確認時には自分自身が所属している部署や店舗などについても伝えておけば、スムーズな在籍確認につながります。
 

派遣社員の方は派遣元を記載する

カードローンは安定した収入があるなら、正社員以外の派遣社員・契約社員・アルバイト・パートの方でも問題ありません。
 
派遣社員の方は「派遣先」と「派遣元」のどちらをカードローン申込時に記載すればいいか迷いますが、基本的には派遣元の連絡先を記載します。ただし、派遣元によっては個人情報の問い合わせに応じない方針を採っている可能性もあるため、電話での在籍確認が難しいなら書類での在籍確認を選択してください。
 
派遣社員の方は派遣元の会社とは違った派遣先の会社で勤務しているため、在籍確認がされたかどうかの判断が難しいといえます。そのため、在籍確認ができていない状態が長く続けば、カードローンの申請自体が取り下げられるかもしれません。具体的な対応方法について気になる場合、派遣元の会社に確認するなどの対応が求められます。
 

在籍確認が嫌なら消費者金融なども視野に入れる

横浜銀行カードローンでは在籍確認が必須になるため、どうしても在籍確認をされたくないと考えているなら消費者金融なども視野に入れるといいでしょう。消費者金融では在籍確認の電話連絡なしで契約できるものもあり、審査に関しても最短即日で対応しているケースも珍しくありません。今すぐでもまとまった資金が必要だけれど在籍確認をされたくないという場合、消費者金融についても調べてみることをおすすめします。
 
注意点としては、消費者金融でも貸付限度額が50万円を超える際には収入証明書などが求められることがあるため、結果的に自分自身が勤めている会社などがばれてしまう可能性もあります。ただし、借り入れをしても問題なく返済していると職場などに電話がかかってくることはないので、カードローンを利用しているのを会社にばれたくないと考えている方でも安心していいでしょう。
 

横浜銀行カードローンの在籍確認まとめ

横浜銀行カードローンでは在籍確認は原則として必要になりますが、電話確認以外にも書類提出による方法も用意されています。在籍確認は本当に申込者が働いているかの判断に重要なため、銀行や信用金庫などの金融機関では在籍確認は避けられません。
 
横浜銀行カードローンは事業性資金以外なら資金使途も自由なため、生活資金が足りなくなった際や教育資金などまとまった資金が必要になった際の備えとして契約しておくのもおすすめです。
 

出典

株式会社横浜銀行 横浜銀行カードローン
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

公式サイトで申し込み

【PR】SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要