公開日: 2020.06.15 借入

smbcモビットの返済方法は?返済日はいつ?返済に関する疑問を解決!

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

「smbcモビットで借入をしたいけれど、返済にはどんな方法があるの?」
 
「返済期日や返済金額の仕組みを知りたい!」そう考えている方もいることでしょう。
 
この記事では、smbcモビットでの返済方法や返済期日、返済金額の仕組みについてご紹介します。
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

smbcモビットの返済方法は主に3種類 

1.口座振替での返済  

smbcモビットでは3種類の返済方法があり、1つは口座振替での返済です。
 
この返済方法の場合、期日のうっかりとした返済を忘れてしまうことを防げるため、忙しくてなかなか振込に行けない方や、自分は忘れっぽいと感じる方におすすめです。ただしこの方法を利用できるのは、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座に限ります。
  

2.銀行振込での返済

上記でご紹介した口座を持っていない場合に、利用できる方法として銀行振込があります。
 
この方法で必要な振込手数料は、自己負担となることを覚えておきましょう。銀行振込の場合は、振り込んでから確認されるまでに時間がかかる可能性があるため、あらかじめ余裕をもって返済しておきましょう。
 

3.提携コンビニATMでの返済

全国に設置してあるコンビニや銀行のATMで返済が可能です。セブン銀行、ローソン銀行、Famiポート(ファミリーマート)、イオン銀行、ゆうちょ銀行、その他地方銀行や信用金庫のATMでもモビットカードが利用できます。
 
ATMによって、利用明細や領収書が発行されるかが異なる点には注意しましょう。なお、三井住友銀行のATMが利用できる場合は手数料が無料になります。
 

返済日は1ヶ月に1度選択可能

 
smbcモビットでは、返済日を5日、15日、25日、末日のいずれかから選べます。1番最初の借入では、借入日と返済日にどの日にちを選択するかによって、返済月が同月か翌月か翌々月か異なってきます。
 
ちなみに借入日から返済期日が一番長いのは、15日に借入して末日に返済日を設定したときです。この場合、返済期日が翌月の末日になるため、最初の借入から返済日まで約1ヶ月半ほど猶予ができます。smbcモビットで最初に借入をした際に、返済まで時間の余裕がほしい場合、この借入日と返済日に設定してみるとよいでしょう。
  

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

返済金額は利用額に応じて変わる

    

借入後残高スライド元利定額返済方式

smbcモビットでは、毎月の返済金額を「借入後残高スライド元利定額返済方式」という仕組みで決定しています。
 
これは様々なカードローン会社で取り入れられている一般的な返済額の設定方法で、簡単に説明すると借入残高に応じて返済額が変動するシステムです。この返済方式では、最後に利用したときの借入金額によって返済額が決定します。
 
例えば、初めに100万円を借入した場合は返済額が26,000円に設定されますが、その後50万円を返済し、借入残高が50万円になったとしても、返済額は減少せず26,000円で固定されます。
 
ただしその後20万円を追加で借入した場合は、借入残高は70万円になるため返済額は18,000円に変更されます。追加で借入した場合は、毎月の返済額が変更されることを覚えておきましょう。
 

借入残高と返済額一覧

smbcモビットにおける借入後残高スライド元利定額返済方式は以下のように金額が決められています。

借入残高返済金額
10万円以下4,000円
10万超過~20万円8,000円
20万超過~40万円11,000円
40万超過~50万円13,000円
50万超過~60万円16,000円
60万超過~70万円18,000円
70万超過~80万円21,000円
80万超過~90万円24,000円
90万超過~100万円26,000円

 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

smbcモビットでの返済におけるQ&A

早く返済するとメリットはある?

返済を早めることで、利息を抑えることが可能です。smbcモビットの利息は「借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの利用日数」で決まります。
 
つまり利用日数の1日ごとに利息がかかってしまうため、返済を早めて利用日数を減らす方が利息も少なく済みます。smbcモビットでは一括返済も可能なため、ボーナスや手当がもらえたときやお金の余裕ができた時には、是非利用して利息を抑えましょう。
 

返済にかかる手数料を節約するには?

銀行振込やATMでの返済方法を選んだ場合、どうしても利用手数料がかかってしまいます。返済にかかる手数料はできるだけ節約したいところですが、手数料無料で利用できるのは三井住友銀行のATMのみとなります。口座振替なら通常手数料がかからず、返済期日も忘れることがないため、返済方法に選ぶならこちらがおすすめです。
 
ただし、口座残高が足りなくならないように注意しておきましょう。
 

まとめ

smbcモビットの返済期日や金額についての仕組み、返済方法などを紹介しました。返済方法は3種類あり、一括返済も可能なので、ご自身のペースに合わせ借入しやすい状況が作られているのは嬉しいポイントです。
 
月々の返済金額については決まった方式が採用されており、他のカードローンも基本的に同じ方式なので、一度理解しておくといいでしょう。返済にかかる手数料についてもできるだけ抑える方法を知っておけば、より負担が少なく返済していけます。
 
正しい知識を身に付け、返済に困ることなくsmbcモビットのカードローンを利用しましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

SMBCモビットはコンビニで返済可能?注意点について
SMBCモビットの返済方法はいくつ?いくらから返済方法を決められるの?
SMBCモビットの金利はどのくらい?申し込み~返済までを解説
SMBCモビットでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法
SMBCモビットの返済を忘れてしまった・・こんな時どうする
 

カードローン基礎知識



▲PAGETOP