更新日: 2020.08.24 キャリア

転職面接の自己紹介例!良くするポイントやNG例も紹介

転職面接の自己紹介例!良くするポイントやNG例も紹介
転職面接の最初に行うのが自己紹介です。自己紹介は面接担当者から見たあなたの第一印象を決める重要な場面です。自己紹介がうまくいくと、その後の面接がスムーズに進みます。
 
そこでこの記事では、転職面接の自己紹介例や良くするポイント、NG例を紹介します。
 
米山伸郎

監修:

監修:米山伸郎(よねやま のぶお)

中小企業診断士。国家資格キャリアコンサルタント。通訳案内士(英語)。

1958年生まれ。1981年東京工業大学卒業。同年三井物産入社。航空・防衛部門を経て2008年同社ワシントン事務所長就任。
 
2013年日賑グローバル株式会社設立、代表取締役就任。中堅・中小企業の海外展開を支援中。その一環で外国人材を日本企業に紹介の上、定着と戦力化を図るカウンセリングと研修を提供。
 
詳細は外国人材アクセス.com (http://www.gaikokujinzai-access.com/) 参照。

米山伸郎

執筆者:

監修:米山伸郎(よねやま のぶお)

中小企業診断士。国家資格キャリアコンサルタント。通訳案内士(英語)。

1958年生まれ。1981年東京工業大学卒業。同年三井物産入社。航空・防衛部門を経て2008年同社ワシントン事務所長就任。
 
2013年日賑グローバル株式会社設立、代表取締役就任。中堅・中小企業の海外展開を支援中。その一環で外国人材を日本企業に紹介の上、定着と戦力化を図るカウンセリングと研修を提供。
 
詳細は外国人材アクセス.com (http://www.gaikokujinzai-access.com/) 参照。

自己紹介では何を見られているか

自己紹介では面接担当者は主に3つの点を見ています。それは人柄、経歴、限られた時間の中で説明する能力です。
 
まず人柄ですが、人柄は話し方やしぐさ、顔の表情、話のまとめ方に表れます。話し方のトーンが柔らかいと、温和な人に映ります。一方、話し方が早口だと、落ち着きのない人に思われてしまうでしょう。
 
面接担当者は自己紹介の中の経歴にも注意しています。応募者の大まかな経歴を知ることで、企業側のニーズに合っているか、どんな経験が企業に生かせそうか注目しています。
 
限られた時間の中で説明する能力も面接担当者に見られています。自己紹介は時間にすれば1分ほどです。その中で無駄を省きながら自分をアピールできているか確認されています。   
 

自己紹介例

自己紹介の例を紹介しましょう。以下のように述べることができます。
 
「〇〇と申します。本日は貴重な面接の時間をありがとうございます。私は〇〇大学情報科学学科を卒業後、インターネットを使った仕事で社会貢献したいと、〇〇株式会社に入社しました。現在は顧客サービスの部門で、個人向けに〇〇というサービスを提供しています。本日はよろしくお願いいたします。」
 

自己紹介を良くするポイント

表情や姿勢、話し方を意識

自己紹介を良くするポイントの1つは、表情や姿勢、話し方を意識することです。自己紹介は、面接担当者があなたと初めて会う機会です。そのため、見た目の印象が強く残ります。
 
表情についてはずっと笑顔でいる必要はありませんが、頰に力を入れて唇の口角をもち上げるようにしましょう。笑みを浮かべているように見え、明るい印象を与えることができるでしょう。
 
姿勢は椅子にまっすぐに座り、背筋を伸ばしてください。軽く胸を開き、あごを少し引きます。
 
そして、はっきりと大きな声で話しましょう。そうすることで、元気な印象ややる気を示すことができます。
 

応募企業について触れる

応募企業について触れることも自己紹介を良くするポイントです。転職面接の自己紹介の目的の1つは、面接担当者に興味を持ってもらうことです。面接担当者も自分の企業にマッチした人材か見定めたいと思っているので、応募企業に触れるのは良いことです。
 
応募企業に触れる方法としては、自己紹介で経歴や現在の職務について話すときに応募企業の職務に関連したものを選びましょう。そうすることで、面接担当者に興味を持ってもらいやすくなるでしょう。 
 

応募企業で働きたいという意欲を示す

応募企業に興味を持ってもらえるかどうかは、応募者のやる気も関わります。履歴書や職務経歴書での評価はそれほどではなくても自己紹介でやる気をうまく伝えられれば挽回は可能です。
 
結びの言葉では、「今日はよろしくお願いいたします。」などと述べるでしょう。その際は、はっきりと大きな声で言うのはもちろん、顔を上げて面接担当者の目を見て言いましょう。
 

自己紹介のNG例

基本的な要素が抜けてしまう

自己紹介のNG例としては、基本的な要素が抜けてしまうことです。自己紹介の基本的な要素は、「挨拶」「名前」「経歴」「現在の職務」「結びの言葉」です。
 
これらの要素が抜けてしまうと、自分を知ってもらうことができなかったり、落ち着きがない印象を与えてしまったりします。基本的な要素が抜けないように、事前に自己紹介の練習を声に出して行いましょう。     
 

関係ない点を含めてしまう

自己紹介は1分ほどが良いとされています。関係ない点を含めると長くなり、要点がぼやけてダラダラとした印象を与えてしまいます。自己紹介は的を絞って、簡潔に述べるように心がけましょう。
 

まとめ

この記事では、転職面接の自己紹介例や、自己紹介を良くするポイント、自己紹介のNG例を説明しました。
 
転職面接の自己紹介は、面接担当者にとってのあなたの第一印象を決める重要な場面です。表情や姿勢、話し方に気をつけて行いましょう。さらに、自己紹介は簡潔に応募企業の職務に関係した点に絞ってできるとなお良いでしょう。
 
また、やる気を伝えることは非常に大切です。はっきりと大きな声で「よろしくお願いいたします」と述べましょう。
 
監修:米山伸郎
中小企業診断士。国家資格キャリアコンサルタント。通訳案内士(英語)。


 

auじぶん銀行