最終更新日: 2020.09.18 公開日: 2020.02.29
クレカ

ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードの特徴について徹底解説

アメックスの航空提携カードにも、ゴールドカードが存在します。

マイルを効率的に貯められ、かつゴールドのサービスも受けられるANAアメックスゴールドの機能を見ていきましょう。
 
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードとは?

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAアメックスカードよりもボーナスマイルが多く、そしてアメックスゴールドに準じるサービスが受けられるクレジットカードです。
 

ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードならではの特徴

ANAアメリカン・エクスプレス・ゴールドカードの特徴としては、下記の3つがあります。
 

特徴
  • 入会で2000マイルプレゼント。また、毎年のカード継続毎に2000マイルがもらえる
  • ANA航空券や旅行商品など購入でカードご利用時のポイントは2倍
  • ポイントの有効期限はなし。1000ポイント単位でANAマイルへの移行が可能

 

ポイントプログラムの紹介

ANAアメックスゴールドの利用で貯めたポイントは、基本的にすべてANAのマイルに移行する方が多いいのかなと思います。
 
ANAアメックスゴールドの、マイル移行のためのポイントプログラムは以下の通りです。
 

ポイントプログラム
  • クレジットカード利用100円につき、1ポイント貯まる
  • ANAグループ利用でポイント2倍
  • 貯めたポイントを、1,000ポイントにつき1,000マイルでANAに移行
  • ANAカードマイルプラス加盟店でのカード利用で、100円につき1マイル自動加算
  • ポイント無期限

 
移行したマイルを最終的にいくらの価値で使うかにより、このカードのポイント還元率が決まります。
 

ANAアメックスカードの機能は網羅

ゴールドカードであるANAアメックスゴールドは、下位カードのANAアメックスの機能は当然に備えています。
 
一例として、次のものです。
 

機能一部抜粋
  • 空港カードラウンジの利用(国内およびホノルル)
  • 帰国時の手荷物無料宅配サービス無料(スーツケース1個)
  • 空港内店舗の「ANA FESTA」で1,000円以上買うと、5%割引
  • 機内販売10%割引
  • ANAオンラインショップで5%割引

 

海外旅行傷害保険が充実している

海外旅行の際に、カードの海外旅行傷害保険だけで行けるなら、毎回保険に加入する手間と費用も不要です。
 
クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険で注意したいのは、次のことです。
 
・ケガ、病気での治療費上限が、少なくとも200万~300万程度はあること
・家族カードを持てない、18歳未満の子供にも適用される保険があること(家族特約)

 
ANAアメックスゴールドの保険なら、以上を満たします。重要な補償額については次の通りです。
 
・カード会員・家族カード会員の治療費・・・300万円
・家族特約治療費・・・200万円
・賠償責任保険金・・・4,000万円
・救援者費用保険金(本人・家族カード会員)・・・400万円
・救援者費用保険金(家族特約)・・・300万円

 
アメックスの共通項ですが、保険を完全に適用されるためには、事前にツアー代金や航空料金などを、ANAアメックスゴールドで支払っておくことが求められます(利用付帯)。出発空港までの交通費を決済するだけでは適用になりません。
 

ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードのデメリット

ANAマイルを貯めるのに便利な、ANAアメックスゴールドのデメリットも見ておきましょう。
 

年会費が高い

34,100円 (税込)するANAアメックスゴールドの年会費は、安いとはいえません。特に、スタンダードのANAアメックスの年会費7,700円(税込)と比べると、差が大きく感じます。
 
ただ、ANAアメックスゴールドの年会費には、スタンダードでは年間6,600円(税込)別途必要になる、ポイント移行コースの代金が含まれていることは覚えておきましょう。
 

ANAアメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードの審査と入会条件

航空提携のゴールドカード、ANAアメックスゴールドの審査、入会条件を確認しましょう。アメックスゴールド等、他のカードとほぼ同一です。
 

年会費について

年会費は、本人34,100円(税込)
家族カード1枚17,050円(税込)

 

入会条件について

ANAアメックスゴールドの入会条件は、他のアメックスカードと同一です。20歳以上で、定職を持っていることです。パート、アルバイトについては定職とはみなしてもらえません。
 

審査について

ANAアメックスゴールドは、ゴールドカードの、しかも年会費の高いカードであることを考えると心配になる人も多いでしょう。ですが、それほど厳しいものではありません。
 
また、アメックスの場合、カードのグレードによっては審査難易度が大きく異ならないという特徴もあります。
 

まとめ

航空会社提携型ゴールドカードとして実力のあるANAアメックスゴールドについて見てきました。
 
実力派であるものの、残念なことにやや年会費設定が高めです。
 
年会費と比較してのパフォーマンスを求める人はANAアメックスを使うか、またはANA提携でないアメックスゴールドを持ち、別途8,800円支払ってマイルを貯めるほうがおすすめです。
 
ただし、まとめて4万を超えてマイルをまとめて移行したい人にとっては、断然ANAアメックスゴールドが役立つでしょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー
 

関連記事

ANAアメリカン・エキスプレス・ カードの特徴について徹底解説
アメックス・グリーンカードの特徴について徹底解説
アメックス・ビジネスカードの特徴について徹底解説
 

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 



▲PAGETOP