更新日: 2021.05.28 クレカ

クレジットカードのデメリットとは? メリットとあわせて解説

クレジットカードのデメリットとは? メリットとあわせて解説
現金を持ち歩かなくても手軽に支払いができ、ポイントも貯まるクレジットカード。便利な半面、お金を使いすぎてしまったり、不正利用されたりといったデメリットもあります。
 
そこで今回は、クレジットカードのデメリット・メリットについて詳しく解説します。デメリットをカバーする方法も解説するので、ぜひ参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

クレジットカードのデメリット

 
クレジットカードの主なデメリットは、以下の5つです。
 

●使いすぎてしまう
●年会費がかかるカードがある
●カードの紛失や盗難によって不正利用される恐れがある
●限度額に達すると利用が一時停止される
●リボ払いや分割払いをすると手数料がかかる

 
便利だからといってクレジットカードを使いすぎた結果、予想以上に出費が膨らむことがあります。また、年会費や手数料などにも注意が必要です。
 
具体的なリスクについて見ていきましょう。
 

使いすぎてしまう

 
クレジットカードはカード1枚で支払いができるので、お金を使っているという感覚が薄れて使いすぎてしまうことがあります。後々の請求を考えず衝動買いをしていると、出費がかさんで貯金もできません。
 
さらに、預金残高が不足すると引き落としができず、支払い遅延を起こしてしまいます。支払いが滞ると「遅延損害金」が発生するカードもあるため、計画的な利用を心がけましょう。
 

年会費がかかるカードがある

 
クレジットカードには年会費無料のカードもありますが、年会費がかかるカードもあります。頻繁に利用しているカードや、年会費の元が取れるほど特典が充実したカードなら年会費がかかっても問題ないでしょう。しかし、発行したもののあまり使っていないようなら、年会費の無駄です。
 
また、初年度年会費は無料でも、2年目以降になると年会費がかかるものもあるので注意してください。
 
2年目以降も無料だと思っていても「前年のカード利用が1回でもある場合は次年度年会費無料」「前年の利用金額が○○円以上の場合は次年度年会費無料」など条件付きで無料になるカードもあります。
 
条件付きで年会費が無料になる場合は、条件を達成しているかどうかの管理も必要です。
 

カードの紛失や盗難による不正利用

 
クレジットカードの紛失や盗難でカード情報が第三者に知られてしまうと、不正利用される恐れがあります。
 
セキュリティーが脆弱な通販サイトで買い物をした結果、カード情報が盗まれるケースもあり、カード自体が手元にあれば安心というわけでもありません。不正利用によって身に覚えのない請求が来ると、最悪の場合自己負担しなければいけない場合もあります。
 
ただし、不正利用による損害が補償されるクレジットカードなら、悪用されてもカード会社が補償してくれるので安心です。
 
紛失や不正利用に気づいたときは、早めにクレジットカード会社に連絡してください。
 

限度額に達すると利用が一時停止される

 
クレジットカードには利用限度額があります。「ショッピング枠:50万円」「キャッシング枠:30万円」など、利用できる上限額が設定されているのです。
 
買い物をしすぎて利用限度額に達すると、カードの利用が一時停止されます。次の支払日が来るまでクレジットカードが使えず、不便です。支払日が来て口座からお金が引き落とされると、カードの利用限度額がリセットされて再び使えます。
 
クレジットカードを使いすぎていると、突然カードが使えなくなったという事態に陥るため、計画的に利用しましょう。限度額が低い場合は、引き上げの申請が可能です。また、旅行や引っ越しなどで一時的に利用額を揚げたい場合は、一時的な引き上げ申請ができます。
 

リボ払いや分割払いをすると手数料がかかる

 
支払い方法を一括ではなく、リボ払いや分割払いにすると手数料がかかります。リボ払いとは、カードの利用金額や件数にかかわらず、毎月の支払額を一定にする方式です。
 
リボ払いの場合、毎月の利用残高に対して手数料が発生します。分割払いは、支払い回数や利用金額によって手数料が変動する仕組みです。
 
どちらも一括で請求されないため支払いが楽ですが、手数料がかかってしまいます。カード利用金額が増えるほど手数料がかさんでしまうので、リボ払いや分割払いは一括払いが難しいときだけ利用しましょう。
 

クレジットカードのメリット

 
クレジットカードにはデメリットがありますが、それ以上にメリットもたくさんあります。特に便利なのが、以下の5つです。
 

●ポイントが貯まる
●現金払いより支払いが楽
●後払いや分割払いができる
●付帯サービスがある
●明細書でお金の管理ができる

 
貯まったポイントで買い物をしたり、付帯サービスを利用したり、現金にはない利点があります。支払いが楽になることと、明細書でお金の管理ができることも外せないポイントです。
 

ポイントが貯まる

 
クレジットカードは、利用金額に応じてポイントが貯まります。100円につき1ポイントなど、少額からポイントが付与されるものが多く、日常の買い物をクレジットカード払いにすることで効率よく貯まるのが特徴です。
 
貯まったポイントの使い道は、クレジットカードやカード会社によって異なりますが、次回の買い物の支払いに使えたり、好きなアイテムと交換できたりします。
 

現金払いより支払いが楽

 
現金払いだと会計時に小銭を数えたり、おつりをもらったり、支払いが面倒です。ある程度の金額を持ち歩く必要があり、外出先で財布ごと落としてしまうとお金が戻ってこないケースもあるでしょう。手元のお金がなくなれば、ATMで現金を引き出す手間や手数料もかかります。
 
一方、クレジットカードなら支払い手続きが楽です。カードを渡して暗証番号の入力や署名などの手続きをすれば簡単に購入でき、おつりがないので小銭で財布が重くなりません。現金を持ち歩く必要がなく、紛失した場合もクレジットカード会社に連絡をすれば対処してもらえます。
 
ネットショッピングでは、銀行振込や振込用紙での支払いよりクレジットカード払いが断然便利です。
 

後払いや分割払いができる

 
クレジットカードは請求日にまとめて請求されるので、支払いを先延ばしにできます。例えば、給料日前で現金が手元にないけど、ほしいものや購入しなければいけないものがあったとしてもクレジットカードがあれば買えます。
 
分割払いやリボ払いを選ぶことで、高額なものでも分割で購入可能です。
 

付帯サービスがある

 
クレジットカードには、特典や保険など付帯サービスが付いたものがあります。特典の内容はカードによって異なりますが、レストランやホテルでの優待、割引サービス、空港ラウンジの利用などが有名です。
 
保険には、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、商品の破損や盗難を補償するショッピング保険などがあります。
 
保険は自動付帯と任意付帯のものがありますが、クレジットカードを発行することでお得な付帯サービスが手に入ります。
 

明細書でお金の管理ができる

 
クレジットカードの利用明細書でカードの利用履歴をチェックできます。明細書があれば何にいくら使ったのか把握でき、家計簿代わりに使用可能です。WEB明細なら、パソコンやスマホからいつでもチェックできます。
 
家計管理しやすいよう、普段の買い物や公共料金の支払いは1枚のカードにまとめるのがおすすめです。
    

クレジットカードのデメリットをカバーする方法

 
クレジットカードにはメリットがたくさんあるので、デメリットを上手にカバーすれば賢く使いこなせます。まずは、年会費無料や元が取れるカードを持ち、カード所持にかかるコストを抑えましょう。
 
カードの使いすぎや不正利用を避けるために、こまめに明細を確認することも重要です。利用状況を見ながら、無駄な出費を減らしたり、利用限度額の増額を検討したりしましょう。
 

年会費無料または元が取れるカードを持つ

 
年会費が永年無料のクレジットカードなら、年会費の心配がいりません。年会費がかからないカードを持ちたい方、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。
 
年会費がかかるカードでも、お得な特典がついていれば年会費の元が取れるかもしれません。例えば、空港VIPラウンジが使える「プライオリティ・パス」や高額な旅行保険、コンシェルジュサービス、無料ペア宿泊券などがついたカードもあります。
 
気になるクレジットカードがあれば、特典内容を確認し、申し込みを検討してみてください。
 

こまめに明細をチェックする

 
クレジットカードの利用明細を定期的にチェックして、使いすぎていないか、身に覚えのない請求がないか確認しましょう。
 
使いすぎている場合は、お金の使い方を見直し、くれぐれも残高不足にならないよう気を付けてください。利用状況を見て、カードの利用限度額が低すぎると感じる場合は増額申請がおすすめです。審査が必要ですが、ネットから簡単に申請できるカードもあります。
 
こまめに明細をチェックする習慣があれば、不正利用されても早めに気づくでしょう。不審な請求があれば、すぐにカード会社に連絡してください。
     

クレジットカードはデメリットを知ったうえで利用しよう

 
クレジットカードには、以下のデメリットがあります。
 

●お金を使っている感覚が薄れて、つい使いすぎてしまう
●年会費がかかるカードがある
●カードの紛失や盗難によって不正利用されるリスクがある
●カード利用限度額に達すると利用が一時停止される
●リボ払いや分割払いをすると手数料がかかる

 
しかし、メリットも多いです。
 

●ポイントが貯まる
●現金払いより支払いが楽
●後払いや分割払いができる
●付帯サービスがある
●明細書でお金の管理ができる

 
デメリットに気を付ければ、クレジットカードをお得に使いこなせます。ぜひ、ポイントが貯まりやすいカードや特典が魅力的なカードを見つけて、日常の買い物に役立ててください。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部


おすすめのクレカ一覧はこちら