更新日: 2021.06.30 クレカ

2枚目のクレジットカード選びのポイントは? 2枚持ちのメリット・デメリットも解説

2枚目のクレジットカード選びのポイントは? 2枚持ちのメリット・デメリットも解説
クレジットカードをより便利に活用するために、2枚ないしはそれ以上の数のクレジットカードを持つことを検討している方は多いのではないでしょうか。複数のクレジットカードを使いこなすためには、2枚目以降のカードの選び方やカードごとの使い分けが重要です。
 
そこでこの記事では、2枚目のクレジットカードを選ぶ際のポイントや、クレジットカードを複数持つメリット・デメリットをまとめました。2枚目に最適なクレジットカード選びや、活用方法の検討に、ぜひ役立ててください。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

2枚目のクレジットカードを選ぶポイント

クレジットカードを2枚持つ場合、2枚目のカードをなんとなく選択するのはおすすめできません。2枚目のクレジットカードを選ぶときは次のポイントを意識すると、2枚持ちのメリットをより感じられるはずです。
 

・違う強みを持つカードを選ぶ
・1枚目とは異なる国際ブランドを選ぶ

 
以下で、それぞれのポイントについて解説します。

 

違う強みを持つカードを選ぶ

クレジットカードと一口に言っても、カードの種類によって特徴や強みが異なります。2枚目のクレジットカードを持つ場合は、1枚目とは異なる強みを持つクレジットカードを選ぶとよいでしょう。
 
例えば、1枚目にポイントサービスに強みのあるクレジットカードを持っているなら、2枚目に保険などの補償やショッピングの優待などに強いクレジットカードを選ぶなどです。
 
また、サービスに安定感のあるプロパーカード(クレジットカード会社の自社ブランドカード)をメインにし、よく利用するサービスの提携カードを組み合わせるといった方法もあります。

 

1枚目とは異なる国際ブランドを選ぶ

利用できるクレジットカードの国際ブランドは、お店やサービスによって違います。Aというブランドのクレジットカードを持っていても、BとCのクレジットカードしか使えないお店では使用できません。
 
そこで2枚目のクレジットカードにはBブランドのクレジットカードを選ぶと、1枚目のカードでは利用できなかったお店やサービスが利用できます。

 

同じ会社やブランドのカードを2枚持ちできる?

同じ会社が発行するクレジットカードが2枚作れるかどうかは、会社によって異なります。次のようなパターンがあるため、申し込みたい会社の条件を確認してみてください。
 

・ブランド等にかかわらず1人1枚のみ
・カードの種類の組み合わせ次第では可能
・別の国際ブランドなら可能

 
また、同じ国際ブランドのクレジットカードを2枚持ちたい場合、別会社のカードなら作れます。また、同じ会社でも種類の違うカードであれば作れる場合もあります。

 

同じ会社で2枚目のクレジットカードを作ると限度額はどうなる?

同じ会社のクレジットカードを2枚所有している場合、それぞれのカードに限度額が設定されます。しかし、2枚を合算した場合の利用枠は、2枚のうちいずれか高い方の限度額までとなることに注意しましょう。
 
例えばカード1:80万円、カード2:100万円という限度額が設定されているとしましょう。この場合、カード1とカード2を合わせて180万円まで利用できそうに見えますが、実際の利用枠は100万円です。
 
つまり、カード1を20万円使った状況では、カード2は80万円までしか使えません。

 

クレジットカードを複数枚持つメリット

クレジットカードを2枚以上持つことで得られる主なメリットには、次のようなものがあります。
 

・複数ブランドが選べて利用シーンが広がる
・用途で使い分けられる
・異なる特典を受けられる
・トラブルに備えられる
・付帯保険の補償が厚くなる

 
どのようなメリットに最も魅力を感じるのかを考えながら、2枚目以降のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。以下で、それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

 

複数ブランドが選べて利用シーンが広がる

クレジットカードは、国際ブランドごとに利用できるお店やサービス、強みを持つ地域などが異なります。クレジットカードを2枚以上持てば異なる国際ブランドを組み合わせられるため、1つのブランドに絞るのと比べて、クレジットカードを利用できるシーンがぐっと広がるでしょう。

 

用途で使い分けられる

クレジットカードを2枚以上持っていると、生活費や固定費で利用するカードと、趣味や娯楽に使うカードというように、用途の振り分けが可能です。カードごとに利用明細が分かれ、引き落とし口座も別にできるため、家計の管理が楽になり、節約のヒントも得られるでしょう。

 

異なる特典を受けられる

特色の違うクレジットカードを2枚以上持つと、カードごとに異なる特典や優遇サービスを受けられます。特定のお店での割引やポイント優待、マイレージサービス、付帯保険など、ライフスタイルに合わせてメリットの大きなものを組み合わせれば、よりお得にクレジットカードを利用できるでしょう。

 

トラブルに備えられる

クレジットカードが2枚以上あると、1枚がトラブルで使用できなくなったときに、ほかのカードを代替用として使えます。紛失や盗難意外にも、カードの汚損や磁気不良など、クレジットカードが利用できなくなる事態は意外と起こるものです。カードが複数あれば、万が一の場合もキャッシュレスの便利さを手放さずにいられます。

 

付帯保険の補償が厚くなる

旅行傷害保険などクレジットカードに付帯している保険の一部は重ねがけできるため、クレジットカードが2枚以上あると、補償を枚数分受けられて安心感が増します。
 
例えば、疾病治療費用の補償金額50万円のカードと80万円のカードを持っている場合、合わせて130万円の補償が受けられる可能性があるのです。

 

クレジットカードを複数枚持つデメリット

クレジットカードを2枚以上持つと、次のようなデメリットが生じる可能性があります。
 

・利用額の管理が複雑になる
・紛失などのリスクが大きくなる
・ポイントや利用金額が分散する
・年会費の負担が重くなる場合がある

 
デメリットも十分に理解したうえで、複数のクレジットカードを使いこなしましょう。以下で、それぞれのデメリットを解説します。

 

利用額の管理が複雑になる

使い分けのルールを決めずに複数のクレジットカードを併用すると、何にいくら使ったのかがあいまいになり、利用額の管理が複雑になりがちです。使いすぎが起こりやすくなるため、注意しましょう。
 
また、クレジットカードの組み合わせによっては締め日や引き落とし日もバラバラになるため、しっかりとスケジュール管理する必要があります。

 

紛失などのリスクが大きくなる

カードごとの利用頻度に差があると、利用頻度が低いカードを紛失しても気づきにくい可能性があります。
 
また、財布ごと落とすなど全て同時に紛失する危険もあります。暗証番号を別にするなど、同時に紛失した際に不正利用の被害が拡大しないような対策が必要です。
 
さらに複数枚同時に紛失すると、利用停止や紛失届けなどの手続きを一度に枚数分行わなければならず、負担も大きくなります。

 

ポイントや利用金額が分散する

複数のクレジットカードを並行して使用すると、1枚あたりの利用金額や回数は少なくなります。1枚だけを使っている場合と比べて、ポイントやマイレージが貯まりにくくなる可能性があることに注意しましょう。
 
また、利用額に応じた特典がある場合も、特典のステージが上がりにくくなる場合があります。

 

年会費の負担が重くなる場合がある

年会費がかかるクレジットカードを複数持つと、特典や優待などのメリットと比較しても年会費の負担のほうが大きく感じられる場合があります。年会費とサービスのバランスを考えて、年会費無料のカードを組み合わせるなど、負担が大きくなりすぎない工夫が必要です。

 

2枚目のクレジットカードを上手に選んでお得に利用しましょう

クレジットカードを2枚持つと、利用シーンや受けられる特典などの幅が広がります。しかし一方で、カードの組み合わせや使い方によっては、管理が複雑になったり、ポイントが効率よく貯められなくなったりといった、デメリットが生じるため、注意しましょう。
 
クレジットカードを2枚ないしそれ以上持つ場合は、自分にとってメリットがより大きくなる組み合わせを考えることが大切です。最適なクレジットカードをじっくり選んで、クレジットカードをもっと快適に使いこなしましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 


おすすめのクレカ一覧はこちら