更新日: 2023.12.08 その他家計

毎日カフェでコーヒーを飲んでしまう…節約のために「コーヒーマシン」を購入して何日利用したら元が取れる?

毎日カフェでコーヒーを飲んでしまう…節約のために「コーヒーマシン」を購入して何日利用したら元が取れる?
コーヒーが好きで毎日飲む場合に、カフェを利用していると費用がかさんでしまいます。そのため、コーヒーマシンを購入して、自宅でコーヒーを楽しむというのも一つの手段です。
 
本記事では、コーヒーマシンを購入して、自宅でコーヒーを飲む際にかかる費用を紹介します。節約しながら、おいしいコーヒーを楽しみましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

カフェでコーヒー1杯飲む場合

まずは、カフェでコーヒーを飲む際にかかる費用を紹介します。「小売物価統計調査」によると喫茶店で飲むコーヒー1杯の価格は552円です。また、セルフサービス店の場合は267円です。店舗によっては、コーヒー1杯にワンコイン以上かかる場合があります。
 
カフェの利用は、自宅とは違う環境に身を置くことで気分転換になりますが、毎日通うと費用がかさむため、事前に頻度を決めて利用するとよいでしょう。
 
喫茶店を週5日利用した場合、コーヒー1杯だけでも、ひと月でおよそ1万1040円かかる計算です。決して安い費用ではないため、節約するのであれば、利用頻度の調整が大切です。
 

手間なく気軽に飲める

カフェを利用すると、自分でいれる必要がなく、手軽においしいコーヒーを楽しめます。自宅でも簡単にコーヒーを飲めるインスタント製品も多く販売されていますが、クオリティーの高いコーヒーを手軽に飲むならば、カフェがおすすめです。
 

カフェ利用は気分転換になる

リモートワークでコーヒーを飲みながら仕事を行う場合は、自宅でも楽しめますが、カフェを利用すると気分転換にもなります。自宅での仕事を気楽に感じる方もいますが、長時間の集中ができないと、悩んでいる方もいるでしょう。
 
コーヒー好きの方ならば、気分転換のついでに、カフェでおいしいコーヒーを飲むのもおすすめです。コーヒーに含まれるカフェインの作用ですっきりと目覚めて、仕事に集中できるでしょう。
 

コーヒーマシンで1杯飲む場合

では、コーヒーマシンを購入して、自宅でコーヒーをいれる場合はどうでしょうか。「小売物価統計調査」によると、コーヒー豆100gあたりの価格は180円です。コーヒー1杯分の豆はおよそ10~12gのため、100gで8〜10杯のコーヒーが飲めます。
 
コーヒーメーカーの価格は、会社や種類によって異なりますが、おおよそ7000〜12万円で購入できるでしょう。
 
コーヒー1杯を18円とすると、喫茶店で飲むコーヒー1杯よりも534円お得です。
552円-18円=534円
 
コーヒーメーカーの購入価格を7000円に設定して、1日に1杯コーヒーを飲むとすると、約14日、半月で元が取れることが分かりました。
7000円÷534円=約14日
 

好みのコーヒーがいつでも飲める

自宅でコーヒーマシンを利用してコーヒーを楽しむ場合、自分で好みの味に調節できるというメリットがあります。自分で焙煎(ばいせん)すれば、新鮮なコーヒーをいつでも味わえるでしょう。また同じ豆でも、焙煎度合いによって異なる香りが楽しめることも、魅力の一つです。
 

コーヒーマシンで自宅カフェを楽しもう

カフェを利用してコーヒーを飲む場合、環境を変えることで気持ちを切り替えられたり、手軽においしいコーヒーを楽しめたりします。一方で、価格はコーヒー1杯がワンコイン以上する場合もあるため、節約を考えている方は、計画的な利用をおすすめします。
 
コーヒーマシンを自宅に導入すれば、いつでも好みの味や香りのコーヒーを自宅で楽しめます。いれる手間が発生しますが、その分、自分でいれた特別感を味わえるでしょう。生活スタイルに合わせて、導入を検討してみてはいかがでしょうか。
 

出典

総務省統計局 政府統計の総合窓口(e-Stat)小売物価統計調査(動向編) 表番号2 主要品目の東京都区部小売価格【2022年10月~2023年10月】(2023年10月) 「1001 うるち米(単一原料米,「コシヒカリ」)」~「2183 学校給食(中学校)」

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集