fbpx 

更新日: 2021.11.01 年収

年収500万円稼ぐ男性は日本にどれくらいいる?

年収500万円稼ぐ男性は日本にどれくらいいる?
他の人の年収が気になり「年収500万円台の男性は日本にどれくらいいるのか」「年収500万円以上稼ぐ人は多いのか」など、疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。
 
ここでは、年収500万円以上稼ぐ男性や女性の割合について解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年収500万円の手取り

年収500万円でも、全額が手元に入るわけではありません。所得税や住民税、社会保険料などが引かれます。年収500万円の場合、税金や社会保険料の合計は約100万円です。そのため、手取り額は400万円程度になります。
 
ただし、扶養家族の有無など条件によって控除が変わります。そのため、世帯ごとに手取り額が前後しますので注意してください。

 

年収500万円以上稼ぐ男性の割合・推移

国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年分)」の「給与階級別給与所得者数・構成比」によると、1年を通じて勤務した給与所得者5245万人内、男性(3076万7000人)で、年収が500万円を超える人の割合・推移は図表1のとおりです。
 
【図表1】

    

年収が500万円を超える男性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
41.1% 42.8% 44.0% 44.0% 43.1%

 
また、年収が500万円台の男性の割合と推移は、次のようになります。
 
【図表2】

    

年収が500万円台の男性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
12.8% 13.3% 13.5% 13.5% 13.4%

 
令和2年分のデータを見ると、年収が500万円を超える男性はおよそ5人に2人の割合です。また、年収が500万円台の男性はおよそ7人に1人の割合となります。

 

年収500万円以上稼ぐ女性の割合・推移

国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年分)」の「給与階級別給与所得者数・構成比」を基に、女性(2167万9000人)の割合についてもみてみましょう。図表3は、年収が500万円を超える女性の割合です。
 
【図表3】

    

年収が500万円を超える女性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
10.7% 11.3% 12.2% 12.6% 12.1%

 
また、年収が500万円台の女性の割合と推移は、図表4のようになります。
 
【図表4】

    

年収が500万円台の女性の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
5.0% 5.4% 5.6% 5.5% 5.7%

 
令和2年分データを見ると、年収が500万円を超える女性はおよそ8人に1人の割合で、年収500万円台の女性はおよそ18人に1人の割合です。男性の割合と比べると、どちらも半分以下になります。

 

年収500万円以上稼ぐ男女の割合・推移

同じデータを基に、男女計の年収が500万円を超える割合と、年収500万円台の割合についてもみてみましょう【図表5】【図表6】。
 
【図表5】

    

年収が500万円を超える男女の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
28.6% 30.0% 30.9% 30.6% 30.3%

 
【図表6】

    

年収が500万円台の男女の割合
平成28年分 平成29年分 平成30年分 令和元年分 令和2年分
9.6% 10.1% 10.2% 10.1% 10.2%

 
令和2年分のデータを見ると、1年を通じて勤務した給与所得者のうち年収が500万円超える人はおよそ3人に1人の割合で、年収500万円台の人はおよそ10人に1人の割合となります。

 

給与所得者の男性のうち約5人に2人が年収500万円以上を稼ぐ

国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年分)」によると、給与所得者の男性のうち43.1%(令和2年分)の方が年収500万円を超えています。およそ5人に2人の割合です。「年収500万円以上稼ぐ男性は多い」と感じたのではないでしょうか。
 
現在、年収500万円未満の方は年収を500万円に近づける方法を、年収500万円台の方はさらに稼ぐ方法について、この機会に考えてみましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

auじぶん銀行