fbpx 

更新日: 2021.11.18 年収

みんなの貯蓄額はどれくらい? 年収ごとに調査してみました!

みんなの貯蓄額はどれくらい? 年収ごとに調査してみました!
周りの人の貯蓄額が気になり「みんなの貯蓄額を知りたい」「年収ごとの貯蓄額の平均を教えてほしい」などと考えている方は多いのではないでしょうか。
 
金融広報中央委員会の調査によると、貯蓄額の平均は単身世帯が276万円、二人以上世帯が678万円です。周囲の貯蓄額を知ることは刺激になり、資金計画を見直す良い機会になります。
 
ここでは、単身世帯・二人以上世帯や年収別の貯蓄額について解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

貯蓄額平均

 
金融広報中央委員会「令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査」によると、単身世帯の金融資産保有額は653万円で貯蓄額は276万円、二人以上世帯の金融資産保有額は1436万円で貯蓄額は678万円です。単身世帯と二人以上世帯では、金融資産保有額と貯蓄額どちらも倍以上の差があります。
 
ここでは、それぞれの金融資産保有額と貯蓄額について見ていきましょう。
 

単身世帯は平均276万円

 
同調査でわかった単身世帯の金融資産保有額平均は653万円で、貯蓄額(預貯金)は276万円です。貯蓄額のうち、定期性預貯金は130万円になります。
 
単身世帯の金融資産保有額平均の内訳は図表1のとおりです。
 
【図表1】

資産 金額 割合
預貯金 276万円 42.27%
(うち定期性預貯金) 130万円
金銭信託 4万円 0.61%
生命保険 55万円 8.42%
損害保険 6万円 0.92%
個人年金保険 51万円 7.81%
債券 37万円 5.67%
株式 135万円 20.67%
投資信託 68万円 10.41%
財形貯蓄 9万円 1.38%
その他金融商品 12万円 1.84%

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)」「各種分類別データ」種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)より
 
金融資産保有額に対して、預貯金が約4割、株式と債券で約3割を占めます。生命保険などの割合はそれほど高くありません。

 

二人以上世帯は平均678万円

 
同調査の二人以上世帯の結果についても見てみましょう。二人以上世帯の金融資産保有額平均は1436万円で、貯蓄額(預貯金)は678万円でした。貯蓄額のうち、定期性預貯金は435万円になります。
 
二人以上世帯の金融資産保有額平均の内訳は図表2のとおりです。
 
【図表2】

資産 金額 割合
預貯金 678万円 47.21%
(うち定期性預貯金) 435万円
金銭信託 6万円 0.42%
生命保険 280万円 19.50%
損害保険 41万円 2.86%
個人年金保険 94万円 6.55%
債券 39万円 2.72%
株式 152万円 10.58%
投資信託 96万円 6.69%
財形貯蓄 41万円 2.86%
その他金融商品 8万円 0.58%

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」「各種分類別データ」種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)より
 
単身世帯より預貯金の割合は多いですが、株式や投資信託の割合は低くなっています。代わりに生命保険の割合が2割近くあります。

 

単身世帯の年収別貯蓄額

 
単身世帯の年収別貯蓄額(預貯金額)は、図表3のとおりです。
 
【図表3】

年収 貯蓄額
収入なし 154万円
300万円未満 206万円
300〜500万円未満 313万円
500〜750万円未満 536万円
750〜1000万円未満 757万円
1000〜1200万円未満 800万円
1200万円以上 1383万円

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)」「各種分類別データ」種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)より
 
年収が高くなるほど貯蓄額は増える傾向にあります。年収1200万円以上になると、貯蓄額も1000万円を超えています。
 

二人以上世帯の年収別貯蓄額

 
二人以上世帯の年収別貯蓄額は、図表4のとおりです。
 
【図表4】

年収 貯蓄額
収入なし 475万円
300万円未満 478万円
300〜500万円未満 548万円
500〜750万円未満 649万円
750〜1000万円未満 906万円
1000〜1200万円未満 983万円
1200万円以上 1792万円

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」「各種分類別データ」種類別金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)より
 
単身世帯より貯蓄額が多く、年収が高くなるほど貯蓄額が増えています。年収1200万円以上の世帯の貯蓄額は、年収1000〜1200万円未満の貯蓄額の2倍近くあります。
 

年収や貯蓄額を増やす方法を考えよう

 
貯蓄額の平均は単身世帯が276万円、二人以上世帯が678万円、どちらも年収が高い世帯ほど貯蓄額は多いです。他の人の貯蓄額を知ることは刺激になり、今後の資金計画を考える良い機会になります。
 
「節約して支出を減らす」「副業をして収入を増やす」「株の配当で年間収入を増やす」など、この機会に年収や貯蓄額を増やす方法について考えてみましょう。
 
【出典】
令和2年(2020年)家計の金融行動に関する世論調査 タブ6
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行