更新日: 2022.01.07 年収

日本のサラリーマンのボーナスの平均額はいくら?

日本のサラリーマンのボーナスの平均額はいくら?
サラリーマンのボーナスについて「日本のサラリーマンのボーナス平均額を教えてほしい」「事業所規模や企業規模、業種別のボーナス平均額を知りたい」など疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。
 
世間一般のボーナス平均額を知ることで、自身のボーナスが高いのか安いのか判断しやすくなります。ここでは、事業所規模や企業規模、業種別など、日本のサラリーマンのボーナス平均額について解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大20,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

おすすめポイント

入会後3ヶ月以内のカード利用で、合計18,000ポイント獲得可能!
充実の付帯保険や各種サービスは、年会費以上の価値あり!
付帯サービスのラウンジサービスやプロテクションサービス、旅行傷害保険など
年会費(税込) 発行期間 ポイント還元率
13,200円 2週間程度 0.166%~1.0%
ETC(税込) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料935円(税込)

\ステータスで選ぶならアメックス/


詳細はこちら

日本のサラリーマンのボーナス平均額

国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、日本のサラリーマンのボーナス平均額は64万6000円(男性82万8000円、女性38万8000円)です。また、ボーナス平均額の推移は、図表1のとおりです。
 
図表1

ボーナス平均額
2020年 64万6000円
2019年 70万3000円
2018年 69万7000円
2017年 68万円
2016年 64万5000円
2015年 64万8000円

 
上記のとおり、ここ数年のボーナス平均額は64〜70万円前後で推移しています。なお、日本のサラリーマンの平均年収は433万1000円(令和2年年)です。
 

事業所規模別のボーナス平均額

国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、事業所規模別のボーナス平均額は図表2のとおりです。
 
図表2

事業所規模 ボーナス平均額
1〜4人 15万2000円
5〜9人 26万3000円
10〜29人 39万7000円
30〜99人 53万円
100〜499人 69万7000円
500〜999人 80万3000円
1000〜4999人 97万6000円
5000人以上 102万4000円

 
上記のとおり、事業所規模が大きくなるほどボーナス平均額は高くなります。「5〜9人」と「5000人以上」のボーナス平均額は4倍以上の差があります。
 

ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大40,000ポイント獲得可能

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント

厳選されたレストランで1名分が無料に!
無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート!
家族カードの年会費が1枚無料!
年会費(税込) 発行期間 ポイント還元率
31,900円 2週間程度 0.4%~1.0%
ETC(税込) 移行可能マイル 電子マネー
年会費無料※1 ANAマイル、JALマイル、スカイマイル ApplePay、楽天Edy、Suica
※1 手数料935円(税込)

\ステータスで選ぶならアメックスゴールド/


詳細はこちら

企業規模別のボーナス平均額

国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、企業規模別のボーナス平均額は図表3のとおりです。
 
図表3

企業規模 ボーナス平均額
個人 22万9000円
株式会社
資本金2000万円未満
29万9000円
株式会社
資本金2000万円以上5000万円未満
50万7000円
株式会社
資本金5000万円以上1億円未満
60万3000円
株式会社
資本金1億円以上10億円未満
78万8000円
株式会社
資本金10億円以上
132万8000円
その他の法人 55万3000円

 
事業所規模別ボーナス平均額同様、企業の規模が大きくなるほどボーナス平均額は高くなります。「資本金2000万円未満」と「資本金10億円以上」のボーナス平均額の差は4倍以上です。
 

業種別のボーナス平均額

国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、業種別のボーナス平均額は図表4のようになります。
 
図表4

業種 ボーナス平均額
建設業 72万円
製造業 92万円
卸売業・小売業 49万円
宿泊業・飲食サービス業 13万円
金融業・保険業 141万円
不動産業・物品賃貸業 48万円
運輸業・郵便業 54万円
電気・ガス・熱供給・水道業 146万円
情報通信業 114万円
学術研究・専門・技術サービス業
教育・学習支援業
90万円
医療・福祉 55万円
複合サービス事業 97万円
サービス業 38万円
農林水産・鉱業 35万円

※ボーナス平均額は男女計
 
業種によってボーナス平均額に大きな違いがあります。平均額が最も低いのが「宿泊業・飲食サービス業」の13万円で、最も高いのが「電気・ガス・熱供給・水道業」の146万円と、10倍以上の差があります。
 

ボーナス平均額と自分のボーナス額を比べてみましょう

日本のサラリーマンのボーナス平均額は64万6000円です。事業所規模や企業規模が大きくなるほど、ボーナスが高くなる傾向があります。業種別では、「電気・ガス・熱供給・水道業」のボーナス平均額が最も高くなります。
 
事業所規模や企業規模、業種別のボーナス平均額を、自身のボーナスと照らし合わせて比べてみましょう。
 
出典
国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

AMEXカード 徹底比較 ~あなたのニーズに合ったAMEXカードをチェック!~

年会費

  • 1 ANA・アメリカン・
    エキスプレス・ カード
    ANA・アメリカン・エキスプレス・ カード 年会費: 7,700 ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大60,000マイル相当獲得可能 詳しく見る
  • 2 アメリカン・エキスプレス・
    カード
    アメリカン・エキスプレス・カード 年会費: 13,200 ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大20,000ポイント獲得可能 詳しく見る
  • 3 アメリカン・エキスプレス・
    ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費: 31,900 ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大40,000ポイント獲得可能 詳しく見る

ポイント還元率

  • 1 ANA・アメリカン・
    エキスプレス・ カード
    ANA・アメリカン・エキスプレス・ カード ポイント還元率: 1.0~2.0 ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大60,000マイル相当獲得可能 詳しく見る
  • 2 アメリカン・エキスプレス・
    ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ポイント還元率: 0.4~1.0 ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大40,000ポイント獲得可能 詳しく見る
  • 3 アメリカン・エキスプレス・
    カード
    アメリカン・エキスプレス・カード ポイント還元率: 0.166~1.0 ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大20,000ポイント獲得可能 詳しく見る

移行可能マイル

  • 1 SPG AMEX カード SPG AMEX カード 移行可能マイル: ANAマイル JALマイル など世界40社以上 ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大30,000ポイント獲得可能 詳しく見る
  • 2 アメリカン・エキスプレス・
    ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 移行可能マイル: ANAマイル・JALマイル・スカイマイル ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大40,000ポイント獲得可能 詳しく見る
  • 3 ANA・アメリカン・
    エキスプレス・ カード
    ANA・アメリカン・エキスプレス・ カード 移行可能マイル: ANAマイレージ ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大60,000マイル相当獲得可能 詳しく見る
auじぶん銀行