更新日: 2022.01.07 年収

東京で働くサラリーマンのボーナスの平均額はいくら?

東京で働くサラリーマンのボーナスの平均額はいくら?
東京で働くサラリーマンのボーナスについて「平均額がどれくらいなのか知りたい」「年齢別や地域別のボーナス平均額を教えてほしい」など、疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
 
ボーナス平均額を知ることで、自分がもらっているボーナスが多いのか少ないのか判断がしやすくなります。
 
ここでは、東京で働くサラリーマンのボーナス平均額について解説します。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

東京で働く人のボーナス平均額

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、2019年の東京で働く人のボーナス平均額は130万6800円でした。平均年齢は42.5歳、平均勤続年数は12.2年です。また、平均年収は620万4000円になります。
※平均年収は「きまって支給する現金給与額」×12+「年間賞与その他特別給与額」で算出
 
ここでは、年齢別や地域別のボーナス平均額についても見ていきましょう。

 

年齢別ボーナス平均額

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、2019年の東京の年齢別ボーナス平均額は図表1のとおりです。
 
図表1

年齢 男女計
〜19歳 12万4800円 13万4200円 10万3900円
20〜24歳 38万7700円 41万800円 36万4900円
25〜29歳 82万800円 88万7500円 73万8400円
30〜34歳 108万6100円 122万1000円 86万5700円
35〜39歳 127万2600円 142万7400円 95万6200円
40〜44歳 146万5900円 163万9000円 110万8000円
45〜49歳 163万8300円 189万2700円 112万円
50〜54歳 190万1100円 220万2500円 120万1000円
55〜59歳 184万8300円 213万5500円 105万2700円
60〜64歳 114万4800円 128万7100円 68万7200円
65〜69歳 69万6200円 75万5800円 46万8600円
70歳〜 22万1100円 18万9800円 31万800円

 
男女計・男性・女性と、どの年齢別ボーナス平均額も最も高いのは「50〜54歳」です。そして「〜19歳」のボーナス平均額が最も低くなります。50代男性のボーナス平均額は200万円を超えています。一方女性は最も高い「50〜54歳」でも120万円ほどと差があります。

 

主な地域のボーナス平均額

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、2019年の主な地域のボーナス平均額は図表2のとおりです。
 
図表2

地域 ボーナス平均額
東京都 130万6800円
北海道 76万3100円
千葉県 77万2200円
神奈川県 108万4200円
愛知県 112万3200円
大阪府 106万8000円
福岡県 85万7500円

 
上記のとおり、主要地域と比べてみても東京都のボーナス平均額は最も高い水準です。北海道や千葉県より50万円以上、神奈川県よりも20万円以上高くなります。

 

全国の給与所得者のボーナス平均額

国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」によると、全国の給与所得者のボーナス平均額は64万6000円です。2015〜2020年のボーナス平均額の推移は図表3のとおりです。
 
図表3

ボーナス平均額
2020年 64万6000円
2019年 70万3000円
2018年 69万7000円
2017年 68万円
2016年 64万5000円
2015年 64万8000円

 
年によって差はありますが、64〜70万円前後で推移しています。東京のボーナス平均額は130万6800円であり、全国平均より2倍程度高くなります。

 

東京で働くサラリーマンのボーナスは全国平均より高い

全国の給与所得者のボーナス平均額は64万6000円ですが、東京で働くサラリーマンのボーナス平均額は130万6800円と、全国平均よりも2倍程度高くなります。他の地域と比べても、東京都のボーナス平均額の高さは圧倒的です。
 
東京で働くサラリーマンのボーナス平均額や全国の平均額と自身のボーナス額を比べてみましょう。

 
出典
厚生労働省「賃金構造基本統計調査」
国税庁「令和2年分 民間給与実態統計調査」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

auじぶん銀行