更新日: 2022.03.28 年収

インスタグラマーの平均年収はどれくらい? 収入源は?

インスタグラマーの平均年収はどれくらい? 収入源は?
SNS時代の象徴とでも言うべきインスタグラマーですが、キラキラした私生活が垣間見えるだけに、どの程度稼いでいるのか気になる人も多いでしょう。
 
憧れのホテルスティや有名パティシエのスイーツなど、華やかな投稿が目立ちますが、今回は一般人から有名人に至るまでインスタグラマーの平均年収や収入源について深堀りしたいと思います。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

平均年収はどのくらい?

インスタグラマーと一口に言っても、知名度のある一般人からそれこそ芸能人まで、収入にばらつきはあります。60万円ぐらいから多い人で1500万円ほどをたたき出しているとも言われています。しかも、インスタグラマーの中には副業で行うなど、本業の一部となっている人がいるのも事実です。
 
有名モデルや芸能人が、自身のブランドの宣伝や化粧品販売も兼ねて、インスタグラムを利用しているケースが一例です。中には、1回の投稿で、15万円ほどを稼ぐつわものもいるそうです。
 
細かくみてみると、知名度はそこそこでもそれなりに稼いでいる一般のインスタグラマー(有名なキャバクラ嬢やYou tuberなど)であれば、年収は300万円から1000万円程度、影響力のある日本の芸能人インスタグラマーなら500万円から1500万円ほどになります。
 
さらに、海外の有名インスタグラマーとなれば、最低でも1000万円、また人によっては2000万円近くも稼ぐインスタグラマーもいるようです。そして、海外には一般人であっても、売れっ子芸能人並みに多くのフォロワーを抱えるインスタグラマーが存在します。
 

主な収入源について

このところ、インスタグラムのみで生活をしているインスタグラマーも増えてきています。その収入源は、メインはクライアントとなる企業からの広告料です。ただ、You Tuberのようにインスタグラムから直接広告料が支払われるわけではなく、お膝元となる企業やメーカーなどから広告料が入る仕組みになっています。
 
インスタグラマーは、自身もしくは他者が撮影した写真を、共有アプリのインスタグラムに投稿します。そして、「いいね」を押してもらったり、フォロワーを増やしていくことで収入に反映されていきます。
 
ここで大事になるのが、いかにしてクオリティーの高い写真を投稿するかです。携帯電話で撮影した写メというよりは、本格的なデジカメを使い、いかに魅力的に魅せるかが問われます。また、その写真を上手にアプリなどで加工、修正することも上級インスタグラマーにとっては必須です。
 
加えて、写真と同じくらいインパクトを残すことができるのは、メッセージ性です。インスタグラムには動画機能もついているので、何をどう伝えるのか、コンテンツ作りにも力を入れると、フォロワーの数も異なってくると言われています。
 
具体的な稼ぎ方ですが、いくつかパターンがあります。まず一つ目は、企業やブランド製品をアピールする仕事があります。マスコミだけでは伝わらない製品情報をインスタグラムを通じて、興味のある人に届けられるからです。
 
次に、自身で作った商品をインスタグラムで販売できます。というのも、インスタグラマーにはフォロワーが一定数いるので、収益化につながりやすいからです。ただ、ネットショップなどに誘導する必要はあります。他にも、アフィリエイト収入やインスタグラムを利用しての起業コンサルなどもできます。起業コンサルは進出率が高く競争も厳しいですが、差別化することで収入確保の手段になりうるでしょう。
 

誰でもインスタグラマーになれるチャンスが

ここまで、インスタグラマーの平均年収と収入源についてみてきましたが、一般の人でも多くの収入チャンスが潜んでいることが分かりました。副業の一部としても、参入壁はさほど高くはありません。ただ、あらかじめ学んでおくべきことはありそうです。まずは、成功しているインスタグラマーのインスタグラムをのぞいてみるのも悪くないでしょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行