更新日: 2022.04.25 年収

中途採用の転職、年収交渉はどうすべき?

中途採用の転職、年収交渉はどうすべき?
中途採用の転職における年収交渉は、自分にとって不利になると考えている方もいるかもしれません。ですが企業側は、転職希望者による年収交渉を前提として、低めの金額を設定していることもあります。決して交渉したからといって不利になるとは限らないので、必要に応じて年収交渉を検討しましょう。
 
実際の成功例を参考にしながら、どのように年収交渉をしたらいいのか考えていくことも大切です。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

年収交渉におけるポイント

中途採用の転職において、年収交渉をすること自体には問題はありません。しかし切り出し方が悪いと、印象が悪くなってしまう可能性もあります。そこで自分の印象を良くするために、どのような形で年収交渉をしたらいいのか把握しておきましょう。
 
年収交渉におけるポイントの1つが、自分の市場価値と需要を客観的に分析したうえで交渉するという点です。同業他社からの転職で経験が豊富などの場合、新しい職場でも即戦力として働ける可能性が高くなります。すぐに活躍できる可能性があるという自分の市場価値を根拠として示して、年収アップにつなげるのも1つの手です。
 
一方で異業種からの未経験での転職の場合、年収交渉は難しいので注意が必要です。さらに年収交渉を成功させるためには、交渉のタイミングも大切です。一次面接でいきなりお金の話を切り出すと、お金にしか興味がない人だと思われる可能性があります。基本的には面接官側から年収に関する話が出るまで、自分から交渉はしないようにしましょう。また内定前は希望を伝えるまでにとどめて、内定後に本格的な年収交渉を行っていくのが一般的です。
 

年収交渉の成功例を知ろう

中途採用で年収アップを目指したいなら、実際に年収交渉をした方の成功例を知ることも大切です。実際の年収交渉に成功した方の中には、希望する年収額の根拠をきちんと提示した方も見られます。前の会社の年収と比較して交渉する、もしくは自分のスキルをアピールするなどの方法で、年収交渉に成功したという方もいます。
 
交渉にはさまざまなアプローチの方法があるため、自分の状況を見直してみて、どのようなアプローチで年収交渉をしたらいいのか考えていきましょう。
 

年収交渉はプロに任せることも可能

年収交渉は伝え方がわからない、企業側の心証が悪くならないか不安という方もいるでしょう。そのような場合には、自分で年収交渉をするのではなく、転職のプロに頼るのも1つの手です。中途採用を目指すとき、転職エージェントを利用する方も多くいます。転職エージェントは転職先探しのサポートを行ってくれるだけではなく、年収も含めた条件面の交渉も任せられます。
 
交渉を転職のプロに任せたい場合、転職エージェントとの面談の際に、希望の年収額などを伝えましょう。希望を伝えたら後はプロが交渉をしてくれるので、交渉が苦手な方でも転職で年収アップを目指しやすくなります。
 

転職は交渉次第で年収アップも可能

中途採用の年収交渉を成功させたいなら、交渉のやり方やタイミングが大切です。自分の市場価値を説明して、根拠を示したうえで交渉すると年収アップに成功しやすくなります。実際に年収アップを成功させた方の例を参考に、どのように交渉していけばいいのか考えていくのも1つの手です。
 
また自分で交渉するのが難しいなら、転職のプロである転職エージェントに交渉を任せることも可能です。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行