更新日: 2022.10.06 年収

【奥渋】の高級住宅街「松濤」で暮らしたい!年収はいくら必要?

【奥渋】の高級住宅街「松濤」で暮らしたい!年収はいくら必要?
大金持ちになったら高級住宅街で生活したいと、一度は考えたことがある人は多いのではないでしょうか。中には、高級住宅街に住んでいる人はどのぐらいの年収を稼いでいるのだろうと、疑問を持っている人がいるかもしれません。
 
そこで、この記事では東京都渋谷区の高級住宅街「松濤(しょうとう)」で生活する場合、最低でもどのぐらいの年収が必要なのかを解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

渋谷区松濤とは?

渋谷区松濤は、渋谷の東急百貨店の西側にあり、近年は「奥渋谷(おくしぶや、オクシブ)」と呼ばれています。渋谷駅から700メートルほどの場所で、繁華街に近いですが、周囲は閑静な住宅が多く、区立松濤美術館などの文化施設もあります。大手企業の創業者や政治家などの著名人も住んでいる高級住宅街です。廃止になった東京都知事公邸や銀座に移転した観世能楽堂もありました。
 

松濤に住むだけなら年収500万円台でも可能

不動産情報サイトであるSUUMOで渋谷区松濤の賃貸物件を調べてみると、安い物件ならば10万円台前半で部屋を借りられることが分かりました。仮に、15万円の部屋を借りる場合、入居審査に通るためには家賃の36倍以上の年収があるかどうかを確認することが多いため、最低でも年収540万円以上が必要です。
 
しかし、渋谷区松濤で15万円の賃貸物件は築年数が50年近く経過しているものが多く、高級な物件とはいえません。渋谷区松濤にある、専有面積が50平方メートル以上の築浅物件を見てみると、1LDKで30万円台前半から、2LDKになると60万円以上となります。
 
広さにこだわるのであれば、家賃が100万円を超えることもあります。30万円の物件を借りるためには年収1080万円、60万円なら年収2160万円、100万円なら年収3600万円が、入居審査に通るための最低ラインです。
 
ただ、「高級住宅街の中に住みたい」というだけならば、年収1000万円以下でも渋谷区松濤に住むことは可能ですが、高級住宅街に見合った物件に住み、相応の生活がしたいと考えた場合には、それなりの年収が必要です。広めの賃貸物件を借りて生活するには2000万円以上、広めの賃貸物件を借りて子どもを育てるとなると3000万円台後半の年収は最低でも必要でしょう。
 

松濤は長く住み続けるのが難しい

それでは、渋谷区松濤で家を購入して生活するにはどのぐらいの年収が必要なのでしょうか。渋谷区松濤の一戸建て住宅を見ると、中古物件でも3億円台後半から、土地だけでも2億円台半ばからとなっています。もちろん、宝くじで高額当選を果たすなどしてまとまった住宅購入資金があれば、松濤で家を買うことはできるでしょう。
 
しかし、その場所に住み続けるためには高額の固定資産税が必要です。このほかにも、住宅の修繕にもお金はかかりますし、子どもを育てているのであれば、教育費がかかります。それに、松濤に住み続けるためには定年退職後の収入を確保しなければなりません。運よく物件を購入することはできても、生活し続けることは簡単ではありません。
 

どんな生活をしたいかによって必要な年収は異なる


渋谷区松濤に部屋を借りたいというだけなら、年収が500万円以上あれば可能です。しかし、松濤で生活し続けていくことを考えると年収1000万円では難しいといえるでしょう。松濤に住んでいる著名人の中には総理大臣経験者や財界のリーダーなども含まれていますが、松濤で周囲と同水準の生活を維持するには、もしかすると年収1億円でも足りないかもしれません。
 
※ 2022/10/6 記事を一部、修正いたしました。

出典

渋谷区松濤町会の公式サイト 松濤について
渋谷区 鍋島松濤公園
SUUMO 渋谷区松濤の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅のお部屋探し物件情報
SUUMO 渋谷区松濤の中古住宅・中古一戸建て購入情報
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード