更新日: 2023.07.13 年収

夏のボーナスが上がった!?前年より増額した企業は4割近くに

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

夏のボーナスが上がった!?前年より増額した企業は4割近くに
新型コロナウイルス感染症が流行して以降、不景気にいっそう拍車がかかったと感じている方もいらっしゃるでしょう。そのなかで、2023年度の夏季ボーナスを増額した企業が、4割近いという調査結果が発表されました。
 
「昨年と同額程度を支給する」と回答した企業も合わせると、およそ7割の企業で、例年以上のボーナスを受け取れる結果となっています。
 
しかし、なかには、夏季ボーナスを支給できなかったり、減額したりせざるを得なかった企業も。夏季ボーナスを増額した企業と、減額した企業の違いは、どこにあったのでしょうか。
 
今回は、夏季ボーナスの支給状況と、増減の背景についてご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

2023年の夏季ボーナスを増額した企業は37.4%

2023年の夏季ボーナスを増額した企業が37.4%に上ることが、帝国データバンクの調査によって分かりました。「夏季ボーナスの金額を変えない」との回答も含めると、前年以上の夏季ボーナスを受け取れる企業は、73.8%となります。
 
図1

図1

出典:株式会社帝国データバンク 夏のボーナス、前年より「増加」企業が4割近くに 雇用の維持や物価高への配慮も~支給額は2.4%増の見込み、コスト高が重荷~
 
また、回答が得られた全企業における、従業員1人当たりの夏季ボーナスの増減率は、2.4%のプラスとなりました。また、ボーナスを増額する企業のなかで、もっとも多かった増額率は「3~5%未満」でした。
 
例えば、20万円のボーナスを受け取っていた人の場合で、増額率が全体平均ならば4800円、増額した企業の水準ならば、6000~1万円もアップした計算になります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店 収入証明書
最短当日 - ※2
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 ※2 ご希望のご利用限度額が50万円以下の場合は不要です。 ※2 学生は20歳以上で安定収入がある方に限る

ボーナスが上がった背景

夏季ボーナスが増額された背景としては、以下の三つが挙げられます。新型コロナウイルス感染症による影響が軽くなり、回復した収益を従業員に還元している形といえるでしょう。
 

<夏季ボーナスが増額された背景>

・新型コロナウイルス感染症の落ち着きにより、業績が回復したため
・従業員のモチベーション維持のため(人手不足への対策)
・物価高騰による従業員の経済的負担を軽減するため

 
また企業のなかでも、夏季ボーナスの増額に踏み切った企業は大企業がもっとも多く、42.3%を占めています。中小企業は36.5%、小規模企業は27.3%で、企業規模に比例する結果となりました。
 
その一方で、賞与を減らしていたり、賞与を支給できなかったりする企業も。夏季ボーナスが減った企業では、以下のことを要因として挙げています。
 

<夏季ボーナスの減少に関する要因>

・原料費高騰による経営状況の悪化
・価格転嫁を取引先に了承してもらえずに、負担が増している
・業務の減少や原油価格の高止まり、働き方改革による労働時間の削減などの負担増

 
こういった回答から、原材料費の価格転嫁ができずにいる下請け企業や中小企業では、夏季ボーナスの支給が負担になっていることが分かります。
 

企業により対応が分かれた夏季ボーナス

2023年の夏季ボーナスは、収益が回復した企業、なかでも大企業において、増額の傾向がみられました。前年以上の賞与を支給する企業は、全体の7割超となり、多くの方にとって、喜ばしい結果となったでしょう。
 
一方、原材料費の高騰を価格転嫁できずにいる企業や中小企業は、上記の企業ほどの増額ができなかったり、かえって減額していたりするケースもあります。企業の経営状況により、対応が大きく分かれるところとなったといえるでしょう。
 

出典

株式会社帝国データバンク 夏のボーナス、前年より「増加」企業が4割近くに 雇用の維持や物価高への配慮も~支給額は2.4%増の見込み、コスト高が重荷~
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集