更新日: 2024.02.15 年収

【介護職】ホームヘルパーで毎月「50時間」以上残業しているのに年収が「300万円」です…安くないでしょうか?

【介護職】ホームヘルパーで毎月「50時間」以上残業しているのに年収が「300万円」です…安くないでしょうか?
高齢化が進み、ホームヘルパーなど介護職の需要が高まっています。
 
しかし、介護職は大変な仕事内容であるにもかかわらず、給与の低さが問題になっていることをご存じの方もいらっしゃるでしょう。
 
今回は、ホームヘルパーの平均年収や、年収を上げるための方法についてご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ホームヘルパーの仕事内容と平均年収

ホームヘルパーは、介護が必要な方や障がいのある方の家へ訪問し、身体的な介助や家事支援を行う仕事です。訪問介護員とも呼ばれ、就業にあたっては「介護職員初任者研修課程」を修了している必要があります。
 
また、生活や家事のサポートなど専門性の低い業務であれば、資格がなくても就労ができる場合もあるようです。
 
厚生労働省が運営する「職業情報提供サイト jobtag 訪問介護員/ホームヘルパー」によると、ホームヘルパーの平均年収は353万2000円です。
 
そのため、本事例のように「年収300万円」である場合は、平均よりも年収は低いといえるでしょう。
 
もし今後年収を上げたい場合には、実務経験を積んで仕事の幅を広げたり、資格を取得したりすることをおすすめします。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

年収を上げるための方法

ホームヘルパーの方が年収を上げる方法として、介護福祉士の資格取得が挙げられます。
 
介護福祉士になるには、3年以上の実務経験を積んだあと「実務者研修」を受講し、国家試験に合格する必要があります。
 
厚生労働省老健局老人保健課の「令和4年度介護従事者処遇状況等調査結果」によれば、令和4年9月時点の介護福祉士資格の有無による平均給与の比較は、表1の通りです。
 
表1

保有資格 平均給与 年収(平均給与×12)
介護福祉士 33万1080円 397万2960円
介護職員初任者研修 30万240円 360万2880円
保有資格なし 26万8680円 322万4160円

※厚生労働省老健局老人保健課「令和4年度 介護従事者処遇状況等調査結果」を基に筆者作成
 
表1より資格の保有および、研修を修了しているほうが、平均給与や年収が高いことが分かります。介護福祉士になると、資格手当をつける事業所もあるためです。
 
さらに、介護福祉士の資格を持っていると、サービス提供責任者への道もひらけるため、キャリアアップしながら収入を上げることも可能になります。
 
もし実務経験を積んだり、資格を取得したりしても年収が上がらない場合には、より待遇のいいサービス事業所などに転職を考えることをおすすめします。
 

年収を上げるためには実務経験を積み、資格を取得しましょう

ホームヘルパーで年収300万円の場合は、平均年収よりも低い金額であるといえます。また、残業時間も月50時間と長時間であるため、心身への影響も懸念されるでしょう。
 
年収を上げたいとお考えの場合は、実務経験を積んで介護福祉士の資格を取得する、さらに役職につく、上位の資格を取ることなどをおすすめします。それでも収入が上がらない場合には、ほかの事業所への転職を考えることも方法の一つです。
 

出典

厚生労働省 職業情報提供サイト jobtag  訪問介護員/ホームヘルパー
厚生労働省老健局老人保健課 令和4年度 介護従事者処遇状況等調査結果(157ページ)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集