更新日: 2024.03.01 年収

2025年新卒予定です。就活生の「売り手市場」と聞き、大手企業を狙いたいです。「平均給与」はどれくらいなのでしょうか?

2025年新卒予定です。就活生の「売り手市場」と聞き、大手企業を狙いたいです。「平均給与」はどれくらいなのでしょうか?
2025年新卒予定の学生の就職活動はすでに始まっています。2025年新卒予定の就職活動市場が「売り手市場」であると聞いて、大手企業を目指す方もいるでしょう。
 
そこでこの記事では、2025年新卒予定の就職活動を取り巻く状況と、大手企業の平均給与について調べてみました。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

2025年新卒予定は売り手市場?

2025年新卒予定の就職活動市場は、学生に有利とされる売り手市場が続くと見られています。売り手市場とは、就活生(労働力を売る側)の数よりも、新卒者の採用を希望する企業(労働力を買う側)が多い状態を指します。
 
株式会社リクルートの研究機関である「リクルートワークス研究所」が行った調査によると、2025年の大卒・大学院卒の新卒採用見通しは、企業の規模、業種にかかわらず「増える」(15.6%)が「減る」(4.8%)の回答を上回り、採用意欲の高さが見てとれます。
 
売り手市場が続いている理由は、少子高齢化のほか、コロナ禍が落ち着き、経済が回復基調であるにもかかわらず、続く人手不足です。企業はより多くの求人を出すようになり、一人の学生に対して複数の企業が内定を出す状況が続いています。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

大手企業の平均給与は?

ここで、企業規模別の平均給与を見てみましょう。表1は、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」による、大卒の平均給与、賞与、年収のおおよその金額です。
 
表1 

企業の規模 平均月給 平均年間賞与 平均年収
10人~99人 34万3700円 76万2600円 488万7000円
100人~999人 37万7400円 105万8100円 558万6900円
1000人以上 43万3500円 155万300円 675万2300円

※令和4年「賃金構造基本統計調査」より筆者作成
 
同じ大卒でも、従業員数1000人以上の企業と、10~99人の企業とでは、平均月給に約9万円の差があることが分かりました。新卒の月給では、1000人以上の企業が23万4400円、10~99人の企業が22万円であり、それほど大きな差はありません。そのため、入社後に、年数がたつにつれて差が広がっていくと考えられます。
 

大手企業は買い手市場

売り手市場であっても、大手企業に就職したいと考える就活生は多く、就職するには競争を勝ち抜く必要があります。
 
2023年(令和5年)のリクルートワークス研究所の調査によると、2024年3月卒の場合、300人未満の企業の求人倍率が6.19倍であるのに対して、1000~4999人の企業では1.14倍、5000人以上の大手企業では0.41倍です。
 
この数字は、売り手市場といわれるなかにあっても、大手企業に限っては買い手市場であることを示しており、2025年卒の場合も、この状況は続くと予想されます。
 

大手企業の平均給与は高いが、競争率も高い

大手企業は、中小企業と比較すると、平均給与の面で優位にあります。
 
しかし、大手企業を希望する就活生は多く、競争率は、売り手市場といわれる現在の就職活動市場においても高いため、内定をもらうには多くのライバルに勝たなくてはなりません。
 
大手企業のみを志望した結果、なかなか内定をもらえず、焦ることになる可能性もあります。就職活動においては、企業の規模や給与だけにこだわらず、視野を広げてみることも大切です。
 

出典

株式会社リクルート リクルートワークス研究所 
 ワークス採用見通し調査(新卒:2025年卒) 2025年卒者の新卒採用見通し(大学生・大学院生)(3〜5ページ)
 第40回 ワークス大卒求人倍率調査(2024年卒)図表5 従業員規模(4区分)別 求人倍率の推移(6ページ)
総務省 情報通信白書 令和4年版 情報通信に関する現状報告の概要 第1部 特集 情報通信白書刊行から50年~ICTとデジタル経済の変遷~ 第1節 今後の日本社会におけるICTの役割に関する展望(1)生産年齢人口の減少
総務省統計局 政府統計の総合窓口(e-Stat)令和4年賃金構造基本統計調査
 一般労働者 産業大分類 2022年 表番号1 学歴、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額
 一般労働者 新規学卒者 2022年 表番号1 新規学卒者の学歴別所定内給与額
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

PR
townlife-banner
ライターさん募集