更新日: 2024.03.04 年収

手取り年収200万円の新社会人です。新車の「シエンタ」を買うのは無謀でしょうか?

手取り年収200万円の新社会人です。新車の「シエンタ」を買うのは無謀でしょうか?
新社会人になったら、車を購入したいと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、新社会人は年収がまだ低く、車を購入する余裕がない人もいるでしょう。
 
本記事で紹介するのは、手取り年収200万円で「トヨタ シエンタ」を購入したいと考えている新社会人の相談です。手取り年収200万円で、新車のシエンタを購入することは可能なのかということを考えていきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

カーライフには手取り月約26万円が必要?

ソニー損害保険株式会社(東京都大田区)が20歳を対象に行った「2024年 20歳のカーライフ意識調査」(調査期間:2023年11月13日~17日、調査対象:2003年4月2日〜2004年4月1日生まれの男女各500名)によると、カーライフに必要だと思う手取り月収額は平均25万5000円でした。
 
今回の相談者は手取り年収が200万円のため、12で割って手取り月収額は約16万7000円です。カーライフを送るうえで理想的な手取り月収額とは10万円近い差があり、余裕を持ったカーライフは送りにくい可能性があります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

手取り年収200万円で新車のシエンタは買える?

同アンケート調査によると、車を購入する際の予算の上限額について、予算の上限額の平均は187万1000円でした。居住地によって金額に差があり、予算の上限額の平均は都市部では229万6000円、地方で175万8000円という結果となりました。
 
シエンタのメーカー希望小売価格は、195万~310万8000円(税込み)となっています。金額に幅があるのは、グレードによって価格差があるためです。シエンタのなかで最も安いのは、エントリーモデルのX 2WD(5人乗り)となります。
 
前術のアンケート調査から分かった車を購入する際の予算の上限が187万1000円なので、シエンタは年収よりもやや高い金額のため、新車シエンタの購入・維持はやや厳しいといえるでしょう。
 
とはいえ、まとまった貯金や親からの支援がある場合は、話が違います。同アンケート調査では、親や親戚などから車の購入資金を援助してもらえるならいくらくらい援助してほしいかも質問しています。希望する平均額は98万3000円で、確かにそれだけの援助が実現したら新車購入の夢は大きく近づくでしょう。
 

手取り年収200万円でも新車を購入する方法

同アンケート調査によると、20歳のマイカー所有率は17.4%です。車を所有しない理由として、購入費や維持費の負担を上げる人が多くいました。手取り年収200万円で貯金なし・援助なしでも車を購入したいなら、ローンを組んで車を購入する方法が無難です。
 
車のローンを組む際に最低ラインとされる年収は150万円といわれており、正社員で手取り年収200万円なら審査自体には通る可能性が高いでしょう。ただし、年収以上のローンを組むことは難しい現実があります。
 
年収以上のローンを組みたい場合は、頭金を多めに用意する、安定した収入がある保証人を立てるなどの方法があります。新車にこだわりがないなら中古を購入する、新車にこだわりたい場合はもう少し安い車種を検討するなど、何かを妥協することで車を購入しやすくなるでしょう。
 

手取り年収200万円で新車シエンタを購入できるかはケース・バイ・ケース

手取り年収200万円でまとまった貯金がなく、親・親戚からの支援も受けられない場合、ローンを組んでも新車シエンタの購入は難しい可能性があります。
 
中古車を購入するか、車種を変更することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。どうしても新車シエンタを購入したい場合は、ある程度貯金が貯まってから頭金を多めに払うか、収入が安定した保証人を立てると審査に通りやすいでしょう。
 

出典

ソニー損害保険株式会社 2024年 20歳のカーライフ意識調査
ソニー損害保険株式会社
トヨタ自動車株式会社 トヨタ シエンタ 価格・グレード
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集