最終更新日:2019.01.09 公開日:2018.01.30
暮らし

念願のマイホーム購入。一生の買い物を失敗してしまう人の5つの共通点

夢のマイホームを購入したけれど、最終的には、理想通りにはならなかったという人も多いのではないでしょうか?

マイホーム購入は、ほとんどの人にとって一生に一度のお買い物です。さらに生涯で一番高い買い物なので、誰もが失敗しないぞ、と慎重に検討しようとしますが、なぜ失敗してしまうのでしょうか?そして、どんなことで失敗してしまうのでしょうか?

今回は失敗してしまう人たちの共通点をご紹介します。
川添典子

執筆者:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

詳細はこちら
川添典子

執筆者:

Text:川添典子(かわぞえ のりこ)

ファイナンシャルプランナー2級

住宅ローンアドバイザー
明治学院大学英文科卒業後、大手ハウスメーカー就職。
住宅販売の営業職として、顧客開拓、住まいづくりの提案、資金計画相談、販売後のアフターフォローを担当。
仕事を通して、お客様の一番の関心事と不安はお金に関する事だと感じ、ファイナンシャルプランナー2級と住宅ローンアドバイザーの資格を取得。
ハウスメーカーを退職後、暮らしに役立つライターとして、お金に関する知識や情報を提供しています。

詳細はこちら

失敗してしまうのはこんな人たち!5つの共通点

1.夫婦で間取りの話し合いが出来ていない

家を建てるには、それぞれの決められた予算や土地の大きさの範囲で間取りを考えていかなければなりません。
 
あらかじめお互いの希望のお部屋や大きさなど、ざっくりでも良いので把握しておきましょう。よくあるのが、お互い把握しないまま営業マンに相談し、その際に初めてそれぞれのプランを知ることです。「そんな部屋は必要ないでしょう」など夫婦喧嘩に発展しまい、お互いもしくは片方が妥協することで、毎日の生活が不便になってしまうことも!
 
2.目先の金額で住宅会社を選ぶ

住宅会社によって金額は様々です。やはり安ければ安いほど良いので、どうしても安い見積もりを提示してくれた会社を選びがちです。
 
しかし、家は一生住むものなので、将来のことも頭に入れておかなければなりません。一番大きいのがメンテナンスです。これがしっかりしている会社と、していない会社とでは、住んでからかかるコストが大きく異なります。安く建てたけれど、メンテナンスで結果的に高くなってしまった、なんてこともあるでしょう。
 
3.理想ばかり高くなる

土地を購入する人で「都内で駅から徒歩10分で安いところ」など、ほぼ無い条件を理想とする人がいます。いくら営業マンが「そんな土地はございません」といっても、意固地になって、聞く耳を持ちません。そうすると、ほとんどの営業マンは、そのお客さんを相手にしなくなってしまいます。
 
営業マンとの意思の疎通が出来ていないために、購入のタイミングを逃してしまうことにもなりかねません。すべての理想を叶えることは、厳しいでしょう。例えば、何かを妥協して「駅が離れてもバス停が近くにあればいい」など、何かを補うことで妥協できるかを検討しましょう。
 
4.現在のローンを把握していない

意外と知られていないのが、車のローンがあると、住宅ローンに大きく不利になってしまうことです。年収だけで見ると、ある程度借りられる人でも、購入したばかりの車のローンがある人は、希望する借入額が通らない事が多くあります。住宅購入を検討している場合は、車のローンを現金で返してしまうか、一時的に親に借り、返済するなど処置をしておきましょう。
 
5.ほとんど頭金なしで購入する

最近は頭金なしでフルローンを組むことが出来たり、諸費用ローンといって登録免許税や不動産取得税、インテリア家具代など、家以外にかかるお金のローンを組むことも出来ます。
 
しかし、借入額が大きくなる分毎月のローン返済も増えて、家計を圧迫してしまうことになりかねません。実際、夢のマイホームを手に入れたけど、毎日の生活が質素になってしまっては本末転倒です。
 

準備と計画がすべて

毎日の生活費を洗い出していくと食費で意外と多く使っていたり、使途不明金があったりと、見直せば削れるところはたくさんあります。それをしっかりと貯金して、頭金として使えるようにしましょう。頭金は多ければ多いほど理想的ですが、住宅購入額の約20%あると良いでしょう。
 
35年固定のフラットローンも頭金があれば、借入額が9割以下で金利が安くなったり、新しい家具を購入できたり、毎月の返済額を抑えられるなど、多くのメリットがあります。マイホームの購入で失敗しないために、準備と計画をしっかりと行うようにしましょう。
 
Text:川添典子(かわぞえ のりこ)
ファイナンシャルプランナー2級,住宅ローンアドバイザー

商品比較
商品比較


▲PAGETOP