最終更新日:2019.01.10 公開日:2018.02.16
暮らし

考えたことある?生涯『おひとり様』にならないための婚活とその費用対効果。

近年、「晩婚化」が叫ばれているといっても、初婚の平均年齢は30歳前後です。

そして、40代で結婚していないとそのまま生涯未婚となる確率が高いということをご存知ですか?そう生涯『おひとり様』にならないためにもがんばって婚活を!

でも、その婚活をするにはそれ相応の費用がかかります。そして、普通は費用に応じた効果を得たいと考えますよね。どうしたら、費用対効果を高められるのか?

そのためには様々な知識と行動が必要になります。

まず、第一に婚活サービスの特殊性を理解しましょう!

婚活パーティーを開催してカップルの成立率は通常30〜40%、高くて60%ぐらいでしょう。
 
主催する側からするともちろん100%を目指したいのが本音ですが、なかなかそうもいきません。それは、パーティー参加者全員に個人の意思があるので、個人の意思に反してカップリングやマッチングはできないので100%となるのはなかなか難しいでしょう。
 
このように、婚活において最終的に成否を決めるのは本人の意思決定になります。加えて、相手の意思決定も一致しないと成立しません。ここが、他の一般的なサービスと大きく異なる点です。
 
例えば、コンビニやスーパーで買い物をする場合。
 
欲しい商品を選び、レジで代金を支払えば希望通りに買うことができます。また、好きなアーティストのライブや舞台もチケットさえ購入すればあとは当日会場に行くだけで鑑賞することができます。
 
しかし、婚活の場合は、そうはいきません。
 
好みのお相手がいたしても、お相手にも意思があるのでどれだけアプローチしたとしても希望通りにカップルになるとは限りません。
 
そうなんです! 婚活サービスとというのは、成功が保証されていない(保証できるものではない)ものだということを第一に理解しておいたほうがいいでしょう。それは、最終決定は各個人の自由意志に委ねられているから。
どんなに充実したサービスであっても、これで必ず結婚できると保証できるものではないということです。
 
これから婚活を始めようとしている人、活動をしている人に問わず、まずこの根本的な仕組みから理解しましょう。
 

高額を出費しても何の保証もない!

婚活サービスとは、成功(成婚)が保証されているものではないと述べました。
 
結婚相談所のように入会に何十万円もかかるものが存在するのはなぜか?それは、条件のいい会員や意識の高い会員がいるネットワークに加わることで成功の確率が高くなるということです。加えて、アドバイザーのアドバイスも有料というになります。
 
しかし、どんなに可能性の高いネットワークに加わって加入したとしても、何度もカンセリングを受けたとしても誰かと交際し成婚に至らなければただの出費になります。
 
現在、まるで加入さえすれば成婚できるかのような結婚サービスの広告が溢れかえっています。
 
成婚率の高さを掲げている結婚相談所でもせいぜい50%。情報はあくまで自社発表なので、何の信憑性もありません。信じたとしても、何十万円出費しても結婚できる確率は5分5分ということです。
 
このように、たとえ高額な出費をしたからといって、成果が得られる保証がないのが現実です。
 

知恵と行動で費用対効果をあげる

では、費用を抑えて成功率を上げるにはどうすればいいのか?
 
結論から言えば、とにかく頭を使うことです。自分の現状・年齢・理想を客観的に捉え、自分に有益な情報を徹底的に調べることです。
 
もう一つ注意したいのが、婚活費用が生活を圧迫するものであってはならないということ。婚活費用で、生活を切り詰める、貯金を切り崩すということは本末転倒です。
 
そこまでしたら、嫌でも見返りが欲しくなるのが人間です。心のバランスだって崩してしまいます。
 
今の自分にどのような活動が必要なのか。そのことを自分自身でもよく知り、必要なものに投資していく。賢く頭を使って費用負担を下げて行動する、これからの婚活にはこうした賢明さが求められます。
 

成功率は上がるための秘訣とは⁈

婚活は費用をかけたからといって成功が約束されるものではありません。
 
知識(体験・学習)と行動、そして時間という3つのバランスを保ちながら活動することが大切です。
 
まずは、自分自身のことをよく知ることが重要です。今の自分の現在地を知り、何が足りないのか、なぜうまくいかなかったのか、何を磨く必要があるのか。それを知る学ぶためのセミナーや講座の受講、そしてアドバイザーとのセッションということになるでしょう。
 
次に、行動です。
 
婚活イベントへの参加にしても自分磨きにしてもやると決めたら、それをしっかり行動することです。目的と意識を持って行動することで、確実に自分が磨かれ成長していきます。そうすることで、より魅力的な自分になり、異性を引き寄せることもできるようになるでしょう。
 
今の時代、これだけSNSが盛んでイベントもたくさんあります。出会いの場がないということはないでしょう。要するに、好みの異性・意中の人との出会いがない、出会ってもうまくいかない、ということではないでしょうか。
 
これはもう、より必要な知識を身に付け、あとは積極的に必要な行動をしていく。この知識と行動の反復と連動、これしかありません。
 
そして、最後は時間です。
 
時間は誰しも有限です。日々の生活の中で、婚活に避けられる時間を限られるでしょう。また、いつから始めるべきか。それはもう思い立った時、そうです「今でしょ!」です。
 
時間は刻々と過ぎていきます。何もしなければ、年をとっていくだけです。
 
あとは、時間的効果と費用対効果の問題ですが。これは、目的を明確にして、そのために必要な知識を身に付け、何をすればいいのかを明確にする。
 
あとは、それを行動するだけです。もちろんうまくいかないこともあります。その時は、自分を振り返り、改善し、また前に進んでいくしかありません。だって、時間は待ってくれません。そうです、時間とお金は有限ですから。
 
自分の生活ルズムを考え、時間的効率のいい活動をすること。
 
時間的効率を考えた上で、一度の活動効率を上げようと考えること。活動効率を上げようと考えれば、自分の改善点を受け入れ実行に移すしかないと考えます。
 
こうして、時間・体験(学習)を意識することで、時間効率と活動効率は上がり、その結果費用は下がるはずです。
 

費用対効果はあなた次第

ここまで、婚活サービスの特殊性や成功するための活動について触れてきました。いかがでしょうか?
 
成功するためには、知識と行動、そして時間が大事と言いましたがこれはもう最後は自分次第。
 
どれだけ結婚したい、相手が欲しい、という気持ちが強いかどうか、ということになるでしょう。あとは、自分にあったサービスを探し、出会いと結婚に向けて行動していくだけです。
 
そして、費用対効果はその行動をいかに効率良く行動していくかということになります。
 
婚活の費用対効果は、必要な知識を身に付け、必要な行動をいかに効率良く実行していくか。費用をかけたサービスは、必ず自分に必要なものだと信じて行動するのみです。
 
最後に、ひとつ
 
できればイベント参加も安く済ませたいと無料のイベントに参加しがちになるのは良くあると思います。もちろんその気持ちもわかりますが、ただ無料と有料だと参加者のレベルも意識もそれだけ違うということ。
そこもぜひイベントを選ぶ基準のひとつにしていただければと思います。
 
ぜひあなたにあったサービスを見つけて楽しみながら婚活をして最高のパートナーを見つけてください。
http://www.stakeuchi.com/

 
TEXT:竹内誠一(たけうち せいいち)
竹内FP社労士事務所 代表
社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー(AFP)・国家資格キャリアコンサルタント・確定拠出年金相談ねっと認定FP・DCプランナー2級・企業年金管理士・スカラシップアドバイザー・衛生管理士。

竹内誠一

執筆者:竹内誠一(たけうち せいいち)

竹内FP社労士事務所 代表

社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー(AFP)
国家資格キャリアコンサルタント、DCプランナー2級、企業年金管理士、スカラシップアドバイザー、生管理士
社会保険庁・日本年金機構において23年間、公務員・年金行政職に従事。退職後社労士・FP・キャリアコンサルタントとして、助成金を活用した中小企業の経営サポートや個人のキャリア形成支援・ライフプランをサポート。
http://www.stakeuchi.com/



▲PAGETOP