最終更新日:2019.01.10 公開日:2018.07.01
暮らし

マイホームを買いたい! 住まい選びで「中古住宅」を選択するときのポイントとその良さとは

マイホームを持つことは、多くの人にとって将来の大きな夢ではないでしょうか。買うタイミングも難しいところですが、人生最大の買い物と言ってもいいぐらいのお金がかかります。
 
マイホームを持つことは簡単なことではないですよね。
 
新築の戸建て・マンションとなると、なかなか手が出せないという方も少なくないかと思います。
 
そこで、中古住宅・マンションを視野に入れて、マイホームを考えてみてはいかがでしょうか。今回は中古の良さについて少し触れたいと思います。
 

マイホームを持つメリット

賃貸に住んでいると家賃を払い続けなければならず、払い続けても自分たちのモノにはなりません。働いている間は家賃を払うことができるかもしれませんが、老後に家賃を払い続けるのは大きな負担になると思いませんか?
 
マイホームは資産にもなりますし、いらなくなった時は売ることも可能です。新築物件は家計に負担が大きいという方でも、中古住宅なら低いコストでマイホームを持てる可能性があります。
 

中古住宅選びのポイント

中古住宅を選ぶ際は、将来住まなくなり、売却する可能性があることも考えて、「利便性がいい場所」を選ぶことがポイントです。例えば、駅・スーパー・学校が近い場所にすることで、中古でも売れる可能性が高まります。
 
安く買うことだけを重視するのではなく、資産としてプラス価値がつくような住宅を選びたいですね。マンションだと、管理費・修繕積立金の支払いがずっと続きますので、その点も考えて選ぶようにしてください。
 
また、中古住宅は交渉次第で表示価格よりも安く手に入るかもしれません。価格交渉はしてみる価値があるのではないでしょうか。
 

中古住宅の良さ

新築住宅を建てても、一生、住宅のリフォームをしないで住み続けるのは難しいかと思います。多くの人はマイホームを買う際に、一括ではなく長期ローンを組みますよね。
 
そうなると、10年・20年と月日が経つ中で、それなりにリフォームが必要になります。新築を買っても結果として、住宅+αでリフォーム代がかかることになります。
 
しかし、中古住宅の場合、住宅代を新築より抑えることができるので、+αでリフォーム代がかかっても新築を建てるより安く済む場合があります。
 
マンションの場合、修繕積立金を支払っているので、中古住宅でも外観がきれいに保たれていることも。
 
また、中古住宅は、固定資産税を安く抑えることができます。築年数が経つにつれて建物の価値が下がるため、算定される税額が低くなるのです。このように、節税の面でも中古住宅にはメリットがあります。
 
中古住宅の良さをいくつか紹介させていただきました。マイホームの選択肢のひとつとして、検討してみてください。
 
中古住宅を買う際は、立地・コスト・固定資産税が大きなポイントになると思います。素敵な住宅が見つかると良いですね。
 
Text:大林麗子(おおばやしれいこ)
ファイナンシャルプランナー2級。

大林麗子

執筆者:大林麗子(おおばやしれいこ)

ファイナンシャルプランナー2級。

大学卒業後、医療機関へ勤務。2児の母親。
「節約をし続けるのも、なかなか収入は増えない」
そんなママさんを応援する、上手くお金を増やしていく「お金についての仕組み」を分かりやすく提供。

商品比較
商品比較


▲PAGETOP