2019.03.09 暮らし

時代と共に変わっていく契約トラブル まさかの内容も

消費者センターに寄せられる契約トラブルの内容が、近年変わりつつあります。若者や高齢者など、世代特有の相談が増えてきているようです。
 
これまでどのような契約トラブルがあったのか。そして、最近ではどのような相談が多いのか、以下に述べていきたいと思います。
 

今までの主な契約トラブル(電話によるもの)

今までは、電話による被害相談が多く寄せられていました。
 
例えば「ワンクリック請求」と言われるものです。PCでアダルトサイトなどにアクセスし、「18歳以上」「動画再生」をクリックしたために、突然「登録完了」という画面が表示されます。そして、問い合わせ先に電話する登録料という名目で、高額の請求をされるのです。
 
市役所や税務署などの職員をかたった電話で、還付金の手続きについて指示通り動くように伝え、ATMを操作させて口座から送金させる「還付金詐欺」などもあります。
 

訪問や友人の誘いなど、断りにくい心理を利用した契約トラブル

「簡単に儲かる仕事」「友達を誘って入会させると、一部自分の利益になる」などと、化粧品や健康食品等の販売組織に勧誘。サービスや商品の契約をさせる、いわゆる「ネットワークビジネス」も、契約トラブルとして多く相談が寄せられています。
 
また、「自宅で簡単にでき、高収入を得ることができる」などと勧誘して、ノウハウを教えるセミナーや情報商材等の契約をさせる「サイドビジネス商法」もありました。インターネットを介したビジネスが多く、収入はほとんど得られないばかりか、商品代金他、高額な支払いだけが残ったという相談が大半です。
 

20歳を過ぎた若者は要注意。

消費者センターに寄せられる相談は、20歳を過ぎた若者からのものが急増しています。その多くがサイドビジネスやマルチ取引、そしてエステなど被害金額も高額になっています。
 
背景には、20歳を過ぎると親権者の同意を得なくても、契約が簡単に成立してしまうことがあります。まだ成人して間もない、社会経験の乏しい若者が狙われやすいという実態もあるでしょう。
 
「未成年者取消権」の保護がなくなったとたんに勧誘を受けたり、さらにはSNSなどで知り合った人から勧誘を受けたりすることにより、高額な契約をしてしまうことが少なくありません。
 
また、高額な契約であるがために、月払いにすれば負担が減るという理由で、クレジット契約の利用を勧められるケースもあるようです。
 

最近増えている60歳以上の契約トラブル

近年、60~70代の方から「情報通信関連」の相談が増加しています。
 
それには、通信端末やインターネットを使い、積極的に消費活動を行っている「アクティブシニア」の増加が影響していると言われています。
 
情報通信関連のトラブルは、内容によって対処法が異なります。したがって、普段から積極的に情報収集を行うようにしましょう。
 
また、消費者トラブルの解決をうたう事業者による、二次被害も報告されています。前述の公的機関をかたったトラブルも、高齢者層で増加しています。
 
いったん契約をすると、自己都合で簡単に契約を止めることはできません。その場で安易に契約せず、身近な人に相談するなど、冷静になって考えるようにしましょう。クレジット契約は借金のひとつと捉え、きっぱり断る勇気を持つことも大事です。
 
また、高齢になるほど、電話勧誘や訪問販売に関する相談が増加しています。なかには、本人の努力だけでは防ぎようのないくらい、手口が巧妙化しているケースもあります。このような場面に遭遇したら、絶対に自分だけで判断するのではなく、すぐに周囲の人や消費生活センターに相談するようにしましょう。
 
執筆者:新井智美(あらい ともみ)
CFP(R)認定者
 
関連記事
■嫌われる人でも役には立ってる?たばこ税2兆円は貴重な税収源
■詐欺集団は巧妙、若者を利用するだけ利用する
■振り込め詐欺にあったときに知っておきたい被害回復方法3選
■裁判以外でトラブルを解決する方法「ADR」とはどんなものか
■退職時に会社から払い戻しが効かない期間分の定期代を返却請求された!返さなきゃダメ?

\ この記事を共有しよう!/

新井智美

執筆者:新井智美(あらい ともみ)

CFP(R)認定者
一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー
証券外務員

CFP(R)認定者
一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー
住宅ローンアドバイザー
証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com



▲PAGETOP