2019.04.20 暮らし

第一種奨学金・第二種奨学金に加えて活用できる「入学時特別増額貸与奨学金」とは

これまで、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)における「貸与奨学金」について、「第一種奨学金」「第二種奨学金」のお話をしてきました。
 
今回は、大学などの入学時に一時金として貸与される「入学時特別増額貸与奨学金」についてお伝えしていきます。
 

「入学時特別増額貸与奨学金」とは

「入学時特別増額貸与奨学金」は、第一種奨学金・第二種奨学金とは目的が違います。
 
第一種・第二種奨学金の目的は、在学中に貸与奨学金を借り受け、学生生活にともなう費用を準備することです。一方、入学時特別増額貸与奨学金は、大学に入学するときに必要な入学金などを、「後から」工面するためのものです。
 
入学時特別増額貸与奨学金には、「国の教育ローン(日本政策金融公庫)に申し込んだけれども、借りることができなかった場合」という前提条件があります。
 
つまり、国の教育ローンを借りられなかった場合、第一種・第二種奨学金に加え、入学時特別増額貸与奨学金も借りることができるということです。
 

「入学時特別増額貸与奨学金」の貸与額と利率

それでは、入学時特別増額貸与奨学金について、具体的に見ていきましょう。
 
○貸与額
 10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選ぶことができます。
 
○利率・返還方式
返還する方法は、第一種・第二種奨学金と同様、「定額返還方式」と「所得連動返還方式」です。
 
利率については、第二種奨学金と比べると、少し高めに設定されています。平成30年度の4月時点の利率を見ると、第二種奨学金に適用される利率は、利率固定方式が0.22%/年、利率見直し方式では0.01%/年となっています。
 
それに対し、入学時特別増額貸与奨学金は、前者が0.42%/年、後者が0.21%です。これは、入学時特別増額貸与奨学金では原則、増額貸与利率として第二種奨学金の利率に0.2%/年が上乗せられるようになっているからです。
 

「入学時特別増額貸与奨学金」は、入学前に貸与されない点に注意

おおよそ入学時特別増額貸与奨学金のポイントはつかめました。
 
ただ、もうひとつ大事なポイントがあります。入学時特別増額貸与奨学金は、入学前に貸与されないという点です。大学などへの進学に際しては、前もって資金的な準備があると助かるといったイメージがあります。
 
しかし、入学時特別増額貸与奨学金はあくまでも「入学時」という点がポイントとなっており、「入学した月の分の奨学金(第一種・第二種)の月額に、一時金として増額される」ものなので、大学などに入ってから貸与されることになります。
 
ここまで、国の奨学金のうち「貸与奨学金」について、「第一種奨学金」「第二種奨学金」そして「入学時特別増額貸与奨学金」と見てきました。
 
次回からは「給付奨学金」について取り上げていきたいと思います。
 

 
関連記事
■JASSO(日本学生支援機構)の返済の必要がない給付奨学金は予約採用で初回募集のみ。準備は出来てますか?
■奨学金の審査に通っても入学前には振り込まれません。入学手続き金は奨学金で払えない欠点!その対処法は?
■奨学金で自己破産・・大きな負債になりえる「奨学金」
■奨学金を担保にお金を借りる方法の盲点
■高校新3年生が奨学金申込のとき知っておくと役立つポイント(1)
 

重定賢治

執筆者:重定賢治(しげさだ けんじ)

ファイナンシャル・プランナー(CFP)

明治大学法学部法律学科を卒業後、金融機関にて資産運用業務に従事。
ファイナンシャル・プランナー(FP)の上級資格である「CFP®資格」を取得後、2007年に開業。

子育て世帯や退職準備世帯を中心に「暮らしとお金」の相談業務を行う。
また、全国商工会連合会の「エキスパートバンク」にCFP®資格保持者として登録。
法人向け福利厚生制度「ワーク・ライフ・バランス相談室」を提案し、企業にお勤めの役員・従業員が抱えている「暮らしとお金」についてのお悩み相談も行う。

2017年、独立行政法人日本学生支援機構の「スカラシップ・アドバイザー」に認定され、高等学校やPTA向けに奨学金のセミナー・相談会を通じ、国の事業として教育の格差など社会問題の解決にも取り組む。
https://fpofficekaientai.wixsite.com/fp-office-kaientai



▲PAGETOP