最終更新日:2019.11.19 公開日:2019.08.08
暮らし

最近よく聞く「◯◯ペイ」自分に合うのはどれ?5つのペイの特徴を知ろう

ここ最近、「〇〇ペイ」という言葉をよく見聞きします。自分にとってメリットのある「ペイ」は何か? そもそも、利用した方が良いのか? 疑問を持っている方もいることでしょう。今回は5つの「ペイ」についてまとめてみました。
 

前田菜緒

執筆者:

執筆者:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

7年間の保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャルプランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なマネーオンラインスクールを毎月開催。老後の資産形成方法について和気あいあいとした講座を開催している。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。
子育て中でも参加できるよう、マネースクールや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

詳細はこちら
前田菜緒

執筆者:

執筆者:前田菜緒(まえだ なお)

FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ

7年間の保険代理店勤務を経て独立。資産運用と保険に強いファイナンシャルプランナーとして、子育て世代向けに相談やセミナーを行っている。全国どこからでも受講可能なマネーオンラインスクールを毎月開催。老後の資産形成方法について和気あいあいとした講座を開催している。自宅で学べる手軽さと講座内容のわかりやすさが好評。
子育て中でも参加できるよう、マネースクールや相談は夜も行っている。

https://www.andasset.net/

詳細はこちら

PayPay

ソフトバンクグループのPayPay株式会社が提供する決算サービスです。新規登録で500円がプレゼントされます。ポイント還元率は0.5〜3%で、Yahoo!カードで支払うと還元率が高くなります。
 
PayPayの「100億円還元キャンペーン」は大々的に宣伝していたのでご存じの方も多いことでしょう。このキャンペーンは2019年5月13日、還元額が100億円に達したため終了し、2019年7月現在は実施していません。
 
しかし、毎月のように別のキャンペーンが開催されています。キャンペーン対象店舗でPayPay決済すると還元率が10〜20%アップします。特に還元率が高いのは、ソフトバンク、ワイモバイルのスマホユーザー、Yahoo!プレミアム会員のケースですから、いずれかにあてはまるなら、利用価値は高いでしょう。
 
PayPayを利用できる実店舗は、セブン-イレブン、ヤマダ電機、ウエルシアなど60万店舗、ネットショッピングではYahoo!ショッピングなどで利用できます。
 

おすすめ関連記事

LINE Pay

LINE株式会社が提供する決算サービスです。毎月の決済額によって決まるマイカラーというステージがあり、そのステージによって還元率が変わります。ステージは4段階あり、その還元率は0.5%、0.8%、1%、2%です。
 
2019年7月31日までは、QR/バーコード支払いで還元率がアップしましたが、今後は、還元率の高さを狙うなら、キャンペーンを上手に利用するのが良いでしょう。利用可能な実店舗はローソン、スシロー、スターバックス等136万カ所以上あり、ネットショッピングではZOZOTOWN等で利用できます。
 
還元されるポイントはLINEポイントなので、LINEポイントを集めている方にオススメです。また、たまったLINEポイントはLINE Pay残高に交換可能です。なお、ポイント還元対象外ですが、自動車税や住民税をLINE Payで支払うことができる自治体もあります。
 

メルペイ

メルカリグループの株式会社メルペイが提供する決済サービスです。メルカリの売上額で決済ができるので、メルカリを利用している方におすすめです。キャンペーンがなければポイント還元はありませんが、キャンペーンによっては、還元率が50〜70%と高く、還元率の高さが魅力です。
 
メルペイでの支払いは、メルペイでコードを見せて支払うか、NTTドコモのiDで支払います。メルペイのコード払いができる実店舗は、ローソンや松屋など約45万カ所、iDはセブン-イレブン、イオン、牛角など約90万カ所、合計135万カ所の店舗で利用可能です。
 

おすすめ関連記事

楽天ペイ

楽天グループの楽天ペイメント株式会社が提供する決済サービスです。還元されるポイントは楽天ポイントなので、楽天ポイントを集めている方におすすめです。
 
還元率は0.5%で、さまざまなキャンペーンに参加することで、還元率がアップしたり、ポイントがプレゼントされたりします。楽天ペイが使える実店舗はファミリーマート、ピザーラ、ビックカメラなど約300万カ所あり、ネットショッピングでは無印良品ネットストア、ラクマなどで利用が可能です。
 

Origami Pay

株式会社Origamiが提供する決済サービスです。ポイント還元はなく、割引クーポンを入手して支払いの際に利用できます。その場で割引されるところが、ほかの「ペイ」とは違うところです。
 
キャンペーンによっては割引率が50%のものもあり、その場で50%引きで購入できるインパクトは大きいものです。使える実店舗は、ケンタッキー、ロフト、吉野家など145万カ所ありますが、ネットショップでは使える店舗はありません。
 

おすすめ関連記事

リスクを理解して上手に活用しよう

今回は5つの「ペイ」を紹介しました。いずれも上手に活用すれば節約できます。ただし、携帯紛失等で不正利用される可能性もあります。LINEやPayPayには、補償制度があるものの、自分自身でもリスク対策を十分に行いながら、上手に活用し、節約につなげていきたいですね。
 
執筆者:前田菜緒
FPオフィス And Asset 代表
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
確定拠出年金相談ねっと認定FP、2019年FP協会広報スタッフ
 

【PR】おすすめスマホ決済

 


↑↑↑ iOSはこちらから ↑↑↑

 


↑↑↑ Andloidはこちらから ↑↑↑
商品比較
商品比較


▲PAGETOP