更新日: 2021.09.13 その他暮らし

パラリンピックチケットってどうなったの?

パラリンピックチケットってどうなったの?
新型コロナウイルスの影響でオリンピックに続き、パラリンピックも無観客開催(学校連携観戦除く)となりました。各セッションのチケットに当選していた方のチケットはどうなるのでしょうか?
本記事では、パラリンピックチケットの取り扱いについて解説します(2021年8月31日時点)。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

パラリンピックの開催状況

8月16日の4者協議において、パラリンピックについては学校連携観戦を除き、無観客開催が決定されました。その後8月24日の開会式を皮切りに各種競技が無観客で実施され、9月5日の閉会式まで予定されています。
各自治体の判断によって一部の学校の希望者(生徒児童および引率の職員)のみが学校連携観戦という形で、競技会場で観戦することができるという状況になっています。
 

チケットの扱いはどうなったの?

観戦チケットについては、無観客となったことから全て自動で払い戻しになることとなりました。
この手続きについては、8月31日時点では詳細なアナウンスはされていませんが、大会終了後に返金予定となっています。
 
公式チケットサイトから購入している場合は、その旨の案内メールも届いています。
現時点で判明しているのは以下のとおりです。
 

※筆者作成
 
以上のことから、Visaカードによる購入の場合は特別な手続きは不要と思われます。
一方現金支払いで購入された方は、後日金融機関の口座登録手続きをすることにより返金を受けられるようになります。
 
これらの詳細についても大会終了後、チケット購入者宛てに再度メールでの連絡が来るとのことですので見逃さないように注意してください。
 
また旅行会社などが企画した観戦ツアーのチケットの取り扱いについては、企画した旅行会社により対応が異なるため問い合わせが必要です。
 

まとめ

以上簡単ではありますが、パラリンピックの観戦チケットの取り扱いについて解説しました。
 
不測の事態ともいえる状況により、観戦チケットの払い戻しが実施されることとなってしまいました。しかしながらこのような状況を悪用し、クレジットカード情報や金融機関の情報を窃取しようとするフィッシング詐欺のメールや、返金のために手数料を振り込ませようとする詐欺などが発生することも十分考えられます。
 
このようなことは自衛が重要になってきます。返金される手続きも公式サイトを確認して、安全に実施していってください。
 
出典
(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 東京2020パラリンピック観戦チケットについて
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

PR
townlife-banner
ライターさん募集