更新日: 2021.09.24 その他暮らし

ネット銀行の振り込み手数料引き下げ。何にいくらかかる?

ネット銀行の振り込み手数料引き下げ。何にいくらかかる?
令和3年10月1日から、銀行間での送金などの手数料が引き下げられることをご存じですか?
 
これに伴い、私たちが銀行で他行宛てに振り込みをする際の振込手数料も安くなります。このお得な情報について、今回はネット銀行を例に紹介します。
※この記事は令和3年9月17日の情報を基に執筆しています。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

銀行間の手数料の見直し

一般社団法人全国銀行資金決済ネットワークは、銀行間の送金などにかかる手数料の仕組みを統一させて、令和3年10月1日からは為替取引1件当たり一律62円(税別)に引き下げるとしています。
 
これまでは、一般の振り込みで3万円未満の場合は117円、3万円以上で162円の銀行間手数料(いずれも税別)となっていましたが、実はこの手数料は40年以上変更されていませんでした。
 
今回の改定を受けて、各銀行でも銀行間の振込手数料の引き下げが実施されます。ここでは、主なネット銀行の改定前と改定後(令和3年10月1日以降)のインターネットバンキング利用時の振込手数料について見ていきましょう。
※手数料はいずれも税込みです。また、各銀行とも同行間での振込手数料に変更はありませんが、参考までに記載しています。
 

住信SBIネット銀行

同行間;変更なし(0円)
他行宛て:改定前 157円、改定後 88円
 

セブン銀行

同行間:変更なし(55円)
他行宛て:改定前 220円、改定後 165円
 

楽天銀行

同行間:変更なし(0円)
他行宛て:改定前 168円(3万円未満)・262円(3万円以上)、改定後 一律145円
 

PayPay銀行

同行間:変更なし(0円)
他行宛て:改定前 176円(3万円未満)・275円(3万円以上)、改定後 一律160円
 

大和ネクスト銀行

同行間:変更なし(0円)
他行宛て:
改定前 月3回まで0円・4回目以降220円、
改定後 月3回まで0円・4回目以降154円
※他行の本人名義口座宛ての場合は無料(ただし一部の金融機関を除く)
 

イオン銀行

同行間:変更なし(0円)
他行宛て:改定前 220円、改定後 110円
 

ソニー銀行

同行間:変更前(0円)
他行宛て:
改定前 月1回まで0円(ステージにより回数増加)・2回目以降220円
改定後 月1回まで0円(ステージにより回数増加)・2回目以降110円
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。改定後の振込手数料は各銀行で違いもありますが、中には従来の半分以下となっている場合もあり、よりいっそう利用しやすくなりそうですね。
 
出典
一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集