更新日: 2022.07.28 暮らし

帰省時に発生する駐車場代。安く抑えるためのコツって?

執筆者 : 柘植輝

帰省時に発生する駐車場代。安く抑えるためのコツって?
車で実家に帰省をしたとき、気になるのが駐車場代です。年末年始などは駐車場も混み合うため、特別料金となる場合があり、数日間の滞在中に利用しているだけで大きな金額となることもあります。
 
今回は、帰省シーズンでも駐車場代を安く抑える方法について解説します。
 
柘植輝

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

帰省シーズンは駐車場代が高くなることも

帰省シーズンの駐車場代が気になる理由として、該当する時期は、コインパーキングなど駐車場の料金が高めに設定されることがあるという点が挙げられます。実家に駐車スペースがない場合は、駐車場を利用するなど、何らかの方法で車を停めておく場所を確保する必要があります。
 
例えば、普段であれば1日1200円など最大料金が設定されている駐車場でも、年末年始やゴールデンウィーク、お盆といった帰省シーズンなどは一時的に最大料金を適用せず、1時間当たりの利用料金も割高に設定されることがあります。
 
仮に駐車場代が平常どおり1日1200円だったとしても、5日利用すれば6000円と、それなりの出費になります。また、料金が安い駐車場は常に人気があるため、特に帰省シーズンは、料金が高めに設定されている駐車場を利用することも多くなる可能性があります。
 
しかしタイミングなどによっては、以下のような方法で駐車場代を安くできる可能性があります。
 

安い駐車場を探して事前に予約する

駐車場の中には、事前に予約ができるコインパーキングなどもあります。まずは帰省先の近くで料金が安い駐車場を予約できないか、インターネットの駐車場検索・予約サイトや、専用アプリなどでチェックしてみてください。
 
ただし、料金が安くて予約も可能な駐車場の場合、帰省シーズンは数ヶ月前から予約で埋まっていることも多いため、注意が必要です。
 

帰省時だけ近所で駐車スペースを借りる

実家にいる家族に限らず、親せき、あるいは家族が付き合いのある近隣の方などに相談することで、帰省している期間だけ駐車スペースを借りられることもあります。
 
人間関係による部分も大きいため確実ではありませんが、こういった方法で駐車スペースを借りることができた場合、貸してくれた相手に対して使用前後のあいさつはもちろん、地域の駐車場代金の相場を参考にしてお礼を渡すようにしてください。
 

月極の駐車場を数日だけ借りる

月極の駐車場は常に満車とは限らず、1台や2台分であれば空いているということもあります。月極駐車場の利用料を日割りで計算すると、時間貸しのコインパーキングよりも割安であることが多いため、帰省時だけでも日割り料金で利用できれば、駐車代を節約できます。
 
駐車場の所有者としても、空きがある状態よりは数日でもスペースが埋まり、収益が発生した方がいいと考えることもあります。近隣に月極駐車場があれば、数日間など短期の利用が可能か確認してみるのもいいでしょう。
 

レンタカーの乗り捨てサービスを利用

レンタカーは事業者によって、借りた営業所とは別の営業所に車を返却できる、ワンウェイ(乗り捨て)サービスを提供していることがあります。
 
レンタカーを借りて帰省先の近くの営業所に返却し、帰りもレンタカーを同じ方法で利用すれば、手間はかかりますが、自家用車で帰省して駐車場代が発生する場合より、必要な手数料などを含めても、レンタカーの方がトータルでは安く済むケースもあります。
 

帰省時の駐車場代は工夫次第で節約できる場合もある

帰省時に発生する駐車場代は、タイミングや工夫次第で安く抑えることも可能です。帰省にあたって駐車場代が気になっているという場合、なるべく節約できないか、今回紹介した方法を参考にしてみてください。
 
執筆者:柘植輝
行政書士

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード