更新日: 2022.11.15 暮らし

私立大学の出願は、どれくらいしている?受験料の平均は?

私立大学の出願は、どれくらいしている?受験料の平均は?
大学受験生がいる家庭にとっては、志望校への出願や受験に向けての準備が本格化する時期です。私立大学をめざす場合、一般的には何校くらい出願するのか、受験費用としてどれくらいの金額を準備すればよいのか気になることでしょう。
 
そこで今回は、私立大学への出願数の平均や1校当たりの受験料、大学に入学するまでに必要な受験費用の相場を紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

私立大学の出願数の平均は3~4校

株式会社旺文社と株式会社教育デジタルソリューションズが共同管理している「大学受験パスナビ」が2021年春の受験で“難関大学”の合格者にアンケートを行い、90人から回答を得ました。このうち大学受験で第一志望とそれ以外の大学を併願した人は87%、第一志望を複数回受験した人は3%で、受験生の90%が複数回受験をしたと答えました。
 
大手予備校の河合塾が行ったアンケートによれば、受験校数で最も多かったのが3校で23%、次いで4校の16%、3番目が5校で15%、4番目が2校で14%、5番目が7校以上で13%となっています。2位以下は1%ずつしか違いがなく、多い人と少ない人でばらつきがみられました。平均的な受験校の数は3~4校です。
 

私立大学入学までにかかる金額

株式会社日本政策金融公庫が行った「令和3年度教育費負担の実態調査結果」によれば、大学の入学費用は私立大学文系が81万8000円、理系が88万8000円でした。このうち受験費用は私立大学文系が31万3000円、私立大学理系が32万2000円となっています。
 
入学費用には受験費用の他に入学した学校への納付金、入学しなかった学校への納付金が含まれており、入学しなかった学校への納付金は、文系が40万6000円、理系が46万6000円とかなり大きな金額です。
 
なお、前年度の大学入学費用は文系が95万1000円、理系が94万2000円で、受験費用は文系が35万5000円、理系が31万9000円でした。大学入学費用は前年度と比べると文系で13万3000円、理系で9万8000円減少しており、受験費用は文系が4万2000円、理系が3000円減少しました。
 

私立大学の受験料の相場

私立大学を受験する際に大学入学共通テストを受けると、3教科以上は1万8000円、2教科は1万2000円の受験料がかかります。私立大学の受験料は、1校当たり約3万~3万5000円が相場です。
 
医歯学部の受験料は自治医科大学の一般方式が2万円と他の大学より安い傾向があるものの、ほとんどの大学の一般方式の受験料は約5万~6万円が相場となっています。共通テスト利用方式だと3万円台の大学もありますが、一般方式と比べると定員は少ない傾向です。
 
なお、受験費用は受験料の他に願書の取り寄せや出願費用、受験当日の交通費がかかり、遠方の大学を受験する場合は宿泊費、新幹線代や食事代などもかかります。願書の取り寄せは有料の大学と無料の大学があり、有料の場合、1校当たり約300~1500円です。
 
オープンキャンパスに参加すると無料で入手できる場合があります。ウェブから出願する際には紙の願書が不要でも、願書以外の調査書などの書類を提出する必要があるため郵送料は必要です。
 

私大は3~4併願する受験生が多く受験費用の平均は30万円超

大学受験生の多くが複数校を受験しており、出願数は人によるものの、3~4校受験しています。私立の受験料は医学部以外では1校当たり約3万~3万5000円、医歯学部志望の場合は約5万~6万円が相場です。
 
受験費用には受験料だけでなく、遠方の大学を受験する場合は「宿泊費」や「交通費」などもかかります。受験校が多くなればなるほど費用もかさむので、受験校や日程を決める際には、家計等を鑑みながら綿密に計画することが望ましいでしょう。
 

出典

日本政策金融公庫 令和3年度 教育費負担の実態調査結果(2021年12月20日発表)
日本政策金融公庫 令和2年度 教育費負担の実態調査結果(2020年10月30日発表)
大学受験パスナビ [難関大学合格者にアンケート!]コロナ禍の出願傾向とは
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【PR】子どもの教育費はいくらかかるの?かんたん30秒でシミュレーション

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード