更新日: 2022.12.13 その他暮らし

食パンや米・インスタント麺を最も買っているところはどこ?総務省統計局のランキングをチェック!

食パンや米・インスタント麺を最も買っているところはどこ?総務省統計局のランキングをチェック!
日々生活を送る上で欠かすことのできないものに「食」があります。そして「食」にはそれぞれ好みがあり、パンが好きな人、ご飯が好きな人、麺類が好きな人というように、さまざまな人がいます。
 
総務省統計局が行った家計調査の結果を見てみると、品目ごとに購入されている金額や数量に、地域差があることが分かります。
 
それでは、食パンや米、カップ麺を最も買っているところとは、いったいどこなのでしょうか?
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

食パンを最も買っている市はココ!

今回紹介するランキングは、総務省統計局が1世帯当たり品目別年間支出金額および購入数量(2人以上の世帯)のデータを基に、2019~2021年平均の品目別年間支出金額、および購入数量を集計したものです。
 
47都道府県の県庁所在市(東京は東京都区部)と川崎市、相模原市、浜松市、堺市、北九州市の5つの政令指定都市を含めた52の地域がランキングされています。

●食パンの購入金額1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
神戸市…1万2866円
 
●食パンの購入数量1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
堺市…26.485キログラム

なお、堺市は食パン購入金額も2位で、1万2569円購入しています。
 
全国平均の購入金額は1万163円で、購入数量は20.485キログラムとなっています。ちなみに、年間購入金額・数量ともに最も少ないのは秋田市で、購入金額7398円、購入数量は14.694キログラムでした。
 
さらに、食パンに限定せず、パン全体のランキングもみてみましょう。

●パンの購入金額1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
神戸市…3万8411円
 
●パンの購入数量1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
岡山市…56.474キログラム

ちなみに、パンの購入数量2位は堺市で56.41キログラムです。
 
全国平均の購入金額は、年間3万1658円で購入数量は45.404キログラムとなっています。そして、年間購入金額が最も少ないのは、ここでも秋田市で年間2万3824円。購入数量が最も少ないのは、福島市で32.962キログラムです。
 
神戸市と堺市は、食パンを含めパンをよく購入していることが分かりますね。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

米を最も買っている市はココ!

●米の購入金額1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
札幌市…2万9665円
 
●米の購入数量1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
福井市…76.04キログラム

全国平均の購入金額は年間2万2998円、購入数量は62.51キログラムとなっています。そして、年間購入金額が最も少ないのは、高松市で年間1万7359円、購入数量は東京都区部で51.24キログラムです。
 

インスタント麺を最も買っている市はココ!

まずは、カップ麺からみてみましょう。

●カップ麺の購入金額1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
新潟市…6928円
 
●カップ麺の購入数量1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
新潟市…5.78キログラム

なんとカップ麺の購入金額、購入数量ともに、1位は新潟市という結果でした。
 
全国平均の購入金額は年間5126円、購入数量はおおよそ4.3キログラムです。そして、年間購入金額、購入数量ともに最も少ないのは京都市。購入金額は3418円、購入数量は2.956キログラムとなっています。
 
同じインスタント麺でも、カップ麺ではなく、袋に入った鍋で作るタイプの即席麵の場合はどうでしょうか?

●即席麵の購入金額1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
鳥取市…2837円
 
●即席麵の購入数量1位(2人以上の世帯/2019~2021年平均)
熊本市…3.837キログラム

ちなみに、即席麵の購入金額2位は熊本市、購入数量2位は鳥取市です。熊本市と鳥取市では、即席麺がよく購入されているということですね。
 
そして、全国平均の購入金額は年間2071円で、購入数量はおおよそ2.812キログラムです。また、年間購入金額・購入数量ともに最も少ないのは水戸市。購入金額1460円、購入数量は2.007キログラムとなっています。
 

よく見るとおもしろい! 家計調査の品目別ランキング!

地域別の購入金額や数量を見てみると、さまざまなことが想像できます。
 
例えば、カップ麺の購入金額と購入数量の上位は新潟市や福島市、青森市や山形市などの東北勢が占めています。鍋で作る即席麵では、そのような傾向はみられません。寒い地域なので、手間をかけずにすぐに温かい麺が食べられるカップ麺が好んで購入されているのでしょうか。
 
また、食パンの購入金額が1位であるのに購入数量が4位の神戸市は、高価な食パンを好む人が多いのか、それとも商品単価が高く設定されている地域なのだろうか……などと想像できます。
 
そのほかにも、今回は取り上げていませんが、うどん県と称する香川県高松市は、米の購入金額は最も少ない市ではあるものの、生うどん・そばの購入金額と購入数量は最も多いという結果が出ています。
 
このほかにも、「品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング」では、魚介類や肉類、生野菜などさまざまな食料品や、電気代やガス代など食料品以外の購入金額、購入数量が集計されています。気になった方は、総務省統計局のウェブサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。
 

出典

総務省統計局 家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキング(2019年(令和元年)~2021年(令和3年)平均)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部